色鮮やかなパープルクイーンで梅シロップ(梅ジュース)作り

スタッフの川口です。

築地に色々な梅が入ってくる中で、
JA紀南だけが作る希少な小梅があります。

その名も「パープルクイーン」
赤い色素が印象的です。
この梅を使ってほんのり甘酸っぱい梅ジュース、子供の時に飲んだ懐かしい味わいを作ります!

まず梅を水で洗い、ヘタを爪楊枝で取り除きます。

水気をよく拭き取ります。(カビを防ぐ目的)

※ポイント
このあと冷凍庫で一晩冷凍します
凍らせることで、梅の繊維が破壊されてエキスが出やすくなります。
漬け込みの日数が浅いとエキスに漬かっていない部分が発酵しやすいこともあり、
エキスの抽出を早めるためにも、一晩は凍らせます

予め、瓶を熱湯で消毒しておきます
氷砂糖と梅を交互に重ねて瓶に詰め、浸透圧で梅から水分が出るのを冷蔵庫の中で待ちます


赤く染まってきました。
1か月もおけばもっと濃くなります。そのうち梅から完全に水分が抜けてしわしわになったら
シロップから取り出します。

あとは氷水や炭酸で割ってお楽しみください。

(梅干しも試しましたが、やっぱり梅酒かシロップです)

・赤い色が美しい「パープルクイーン」は→こちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする