こんにちは、マカ担当の梶です。
栃木県大田原に来ています。

一面に広がる田んぼは、稲刈り直前という感じですね。
空が広くて、空気がうまい!

さて、今回の目的はタイトルの通り「マカの種まき」です。

初公開 マカの種がコチラ
↓↓

本来マカの種は1mmほどと極めて小さく、ピンセットでもつまむのが難しいため、特殊コーティングを施しています。
それでもBB弾の二回り小さいくらいの大きさです(良い例え募集)

マカは、一ヶ月ほど育苗トレーで育ててから定植するので、
今回はこの種を1粒ずつ、ひたすらトレーの穴に入れていくことになります。

その数、5,000粒×4袋=2万粒。

育苗トレー1枚は288穴ですので、約70枚分という計算です。

正直、これが大変なのか良く分からないので、ひとまず取りかかることにしました!
指でつまむとこんな感じ↓↓

Before↓↓

After↓↓

一回に3~5粒ほど摘み、穴の上から1粒落としていくのがコツです。
ちなみに、1粒以上入れてしまった場合は、ピンセットで取り除きます。

今年一番の集中力が出ました。
首・肩がバキバキになっても、無言で、ひたすら続けた結果、夕方までにはなんとか終了!

用土をかぶせ、ハウス内に並べて水を撒きます。

今回まいた種は、これから猛スピードで成長し、3月には立派なマカになります。

現在、日本産マカに関しては、様々な企画を考案していますので、ぜひ楽しみにお待ちください!

(㈱食文化 梶)

カテゴリー: 02スタッフ日誌, 10国産マカ便り パーマリンク