若狭地方の「鯖のへしこ」大注目の発酵食、販売中

TVでも話題の「鯖のへしこ」のご紹介です。
若狭地方の「鯖のへしこ」の詳細はこちら

「鯖のへしこ」は福井県若狭地方で昔から親しまれてきた、
郷土料理でさばのぬか漬けのことです。

秋から翌年3月頃までに獲れる、
日本海の旬の脂が乗った鯖を背開きにして内臓を取り除き、
塩と糠と唐辛子で最低1年以上寝かせて熟成させた伝統的な保存食です。

地元では、水洗いして糠を落とし、
生のまま薄くスライスした鯖を薄く切った大根で挟んで食べる刺し身や、
糠を漬けたまま火で炙って食べます。

発酵食品特有の匂いと強烈な塩辛さは日本酒との相性抜群!
ちょびちょびしか食べられないけどつい手が伸びてしまう。そんな酒肴です。

火で炙ったへしこは、ほぐしてご飯に乗せたり、お茶漬けにしても絶品です。

若狭地方の「鯖のへしこ」の詳細はこちら

この商品を今すぐ購入する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする