横井醸造のお酢


TVでも話題の「ヨコ井の酢」横井醸造のご紹介です。

横井醸造の前身は、明治14年より続く東京・木場の木材商でした。
昭和12年、初代 横井 甕吉社長が、一念発起して、醸造会社を興したのが始まりです。

横井醸造の看板商品である「真黒酢」は、中国式の固体発酵法を用いています。
固体発酵法は、難易度が高く、手間が掛かる醸造法で、横井醸造でも大量生産ができない商品です。

「横井醸造の酢」特集ページはこちら

こだわりの “固体発酵法”

国内で作られる酢のほとんどは、液体発酵で作られていますが、横井醸造の「真黒酢」は、原料を液体にせず固体の状態で発酵をさせる固体発酵法を採用しています。
固体発酵法は、職人が手作業で原料を攪拌して、発酵を促すため、活発な発酵が行われ、芳醇で高品質な黒酢が作られます。
生産効率は決してよくない方法ですが、上質な酢にこだわる横井醸造の信念がそこにはあります。

「横井醸造の酢」特集ページはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする