「アサヒガニ」を食す!店頭には置いてない希少な蟹

こんにちは、築地朝市担当の植竹です。

三重県産の「アサヒガニ」の入荷情報を聞きつけ、早速、魚河岸で購入しました!
特大の450gサイズです。

築地市場にも滅多に入荷しないので、
店頭に置かれていることはまずないでしょう。

活けの状態でも殻が赤色をしていますが、
これが「旭蟹」「朝日蟹」の名前の由来です。

見た目はカニとエビの中間のような、奇妙な形をしています。
しかも横歩きではなく、前に歩くので本当にエビみたいです。

15分ほどボイルして縦に割ると、、

身も味噌もこんなにたっぷり詰まってます!

まずは身から。

繊細で上品なカニとは違い、
粗めの筋繊維は大ぶりのエビに近く、
淡泊な身の中に微かに甘みが顔を出す野性的な美味しさです。

カニ味噌も濃厚!とは違いますが、
磯の香りやほどよい苦みといった複雑な旨みがあり、
日本酒との相性もいいです!

毛蟹やズワイガニのような洗練された味わいとは違いますが、
国産の活けアサヒガニは非常に珍しいので、
一度食べてみる価値はあると思います。

今後も毎週末は新鮮な魚介類をご用意してお待ちしています!

週末開催!「明日の築地朝市」の詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする