【日本大学】ちば海苔チーム


こんにちは。
食文化でインターンシップ中の白石です。

今回は、ちば海苔と日本酒のセット販売の経緯についてお話しします。

私の通う日本大学生物資源科学部くらしの生物学科住まいと環境研究室では、ゼミ活動の一環として、地域の課題解決にチームで取り組む「プロジェクト活動」を行っています。

その中の1つに「ちば海苔チーム」があります。

このチームは、ちば海苔の生産者や問屋、千葉県漁連、千葉県水産課などの関係者の方々と連携し、2017年から、認知度の向上とファンの獲得を目的とした販売促進活動や調査を行っています!

主な活動は、①商品のPR、②意見交換会への参加、③マーケット調査 です。

“③マーケット調査”が、
今回のセット販売の話と深く関わっています。

①商品のPR

●マルシェ
マルシェでは、販売のお手伝いをしています。
お客様にちば海苔の特徴を説明したり、試食も用意しているので、ちば海苔特有の香りの良さ、種類によって異なる食感、おいしさをその場で感じていただいています。

青山の国連大学前広場で開催されているFarmer’s Market@UNUには、月に1回出展しています!

2018年11月には、丸の内のJapan Harvest 2018 農林漁業カレッジにも参加しました。

●大山千枚田
大山千枚田では、年に1回行われる「収穫祭」に2017年、2018年と参加しています。

②意見交換会
ちば海苔の生産者さん、問屋さん、千葉県漁連、千葉県水産課の方々が集まり定期的に行う意見交換会にも参加して、私たち学生は、マルシェ等の販売活動やマーケット調査の報告を行っています。


③消費者へのマーケット調査
ちば海苔に対する消費者の評価やニーズ等を把握するためのアンケート調査を大山千枚田の「収穫祭」と青山の「Farmer’s Market@UNU」で行っています。

この調査の設問の1つに
『ちば海苔と相性が良い食材は何だと思うますか』というものがありました。

皆さんは、海苔を普段どのようなものと一緒に召し上がっていますかね?

2017年の調査結果は、このようになりました!

1位 ご飯
2位 乳製品(チーズ等)
3位 日本酒

ご飯と海苔は切っても切れない関係!
まさに王道コンビですね。

乳製品と海苔、
私はおつまみとしてチーズに海苔を巻いて食べるが好きです。
お酒が進むんですよね~(笑)

日本酒と海苔!?!?
意外な組合せだと思いませんか?
いや、でも3位なのでこの組合せはメジャーなのですかね?

この調査結果から、日本酒好きの私は、なんと卒業論文のテーマを決定しました!

私の卒業論文のテーマは…

「江戸前ちば海苔と日本酒とのコラボによる商品訴求の検討」です!!

そして、なんと!!
この卒業論文の結果から出た最適なちば海苔と日本酒の組合せセットを食文化で販売できることになりました!

詳しくは、次のブログに書いて行きます。

圧巻のうまさと香り 江戸前ちば海苔」詳細はこちら

(株式会社 食文化 白石)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする