3.店舗・商品情報」カテゴリーアーカイブ

こんにちは、食文化スタッフの植竹です。
新卒の元気な新入社員が4名入社してきました。

そこで数名で企画して新人歓迎会を開催しました。
「東京しゃも」を使った”しゃも鍋会”です。

しゃも鍋は江戸っ子が辛めの割り下で
すき焼きのような食べ方をするイメージなので、それに近づけました。

<辛めの割り下>
醤油4:みりん2:日本酒1:砂糖2:水1


当日捌いた新鮮な東京しゃもなので、肉が固くならないように、
サッと軽めに火を通す程度で食べました。

どの地鶏よりも軍鶏の血が濃いわりには筋繊維がやわらかく、
水分を逃がさずしっとりとした、ちょうどいい噛み応えです。

東京しゃもを味わったところで、
次は長ネギと白菜と豆腐を鍋に投入しました。

今回は甘みの強い那須の白美人葱を使っています。

割り下が辛めなのは、長ネギや白菜の自然な甘さが鍋に溶け出すと
ぴったりと味が合うからです。

溶いた緑の一番星卵にくぐらせれば、
鶏肉と野菜、割り下が一体となってさらに美味しさUP

締めは鍋に入れるならうどん、ご飯なら親子丼がおすすめです。

私たちは締めにたどり着かないほど、
美味しいものをいっぱい食べた大満足の会でした。

東京しゃもについて詳しくは → こちら(不定期販売)

(by ㈱食文化 植竹)

カテゴリー: 2.スタッフ日誌, うまいもんレシピ, うまいもん名物 食の会 | タグ: ,


会津の小関さんの畑に行ってきました!
異常な高温のせいか、マカのハウスの中は息苦しいほどの
マカ臭(匂)

汗が吹き出て来る・・・
マカは匂いだけでも、身体が温まる気がする・・・
年に一回の収穫 

今だけ生が食べられる!

辛いよ!うまいよ!そして甘くて、五臓六腑に沁み渡る!

日本産マカ!名付けて「ベジマカ」について詳しくは → こちら

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 1.萩原社長ブログ, 国産マカ便り-ベジマカ- |

スタッフの川口です。
ちば海苔取材に行ってまいりました。

江戸前海苔の9割が千葉で作られています。
大好きな海苔ですが、知らないことだらけと実感しました。

 

まずは金田漁協の支柱式の見学です。
金田は東京からアクアラインで千葉に入ってすぐ。
海水浴に最高だろうなと思われるほど、遠浅の海で育てています。
なので波はそんなに荒くありません。

支柱式では海面ギリギリに網が来るよう浮動式です。
太陽を浴び美味しい海苔が育つ一方、苦労も多い方法です。
鴨や水面を泳ぐ魚に海苔が狙われ生産性も悪いです。
また嵐が来ると支柱が抜けたり、川から流れ込む木や竹クズが引っかかるので
メンテし続ける必要があります。

 

日本全国どこでも海苔が育つわけではありません。
こんな風に天然のアオサが付着して一緒に育ったりします。
板のりにする際は別で混ぜるそうですが、これぞ本当の青混ぜです。
【青混ぜ海苔】風味が強く、お餅などによく合います。

 

網は海苔の苗がついた状態で冷凍してあって、水温を見て9月頃から海に張ります。
網は4回海苔をとったら交換するので、
よく聞く”初摘み”とは、網をはって1回目にとれたもの を指します。

秋口は温暖化の影響のためか、年々収穫量が減っているそうですが、
秋口の網入れ一番のものが、最も柔らかな葉(海苔)が楽しめます。
【手入れ海苔】おにぎりとの相性抜群。
(苦みもなく、当社の代表萩原のお子さんはこれしか食べないらしい)

 

こんな風に収穫するのだそう。

 

海苔の加工場でしっかり洗浄され自動整形の後乾燥が行われる。
1回の水揚げ分がどういう等級になるかが、この後の検査員の眼力に委ねられます。

ちなみに今でこそ県が作った共同施設を皆で使っているそうですが、
生産自体は家族単位でやられていて、ちょっと前までは船も洗浄機も乾燥機も全て
個人所有だったそう。

 

こうして厳しい目で選別されていきます。
海苔問屋の多く存在する長野などから冬の間、出稼ぎにきて
問屋での目利き力を生かし、こうして格付け作業を行っています。
見学させてもらいましたが、決して話しかけられるような雰囲気ではなく、
張り詰めた雰囲気の中、淡々とそれでいてリズミカルに箱詰めまで進められています。

海苔をスーパーで購入すると、等級の情報はまず表示されていません。
今回、良い海苔というものを知るよい機会となりました。

 

ちば海苔はうまいもんドットコムでお求めいただけます。
こちらをどうぞ⇒

 

(by ㈱食文化 川口)

カテゴリー: 2.スタッフ日誌, 3.店舗・商品情報, 取材記録 |

うまいもんドットコムのおすすめ商品をご紹介する「今日のいっぴん」

今回は瓢麓苑の「鮎の甘露煮」です。

頑固親父の社長、伊作さんは、手作りにこだわり、自分が許可した人間以外には鮎を触らせません。

お店の眼下に流れる清流 板取川で泳ぐ鮎を表現する為、踊り串を打ち素焼きします。
そして、大鍋にきれいに並べられた後、弱火で4時間骨まで柔らかく煮ます。
その間、鍋の前から動かない伊作さんのこだわりは、その後の袋詰めにまで及び、一日に出来上がるのは一鍋ぶん、100匹という貴重な逸品です。

甘露煮というと、どうしても甘辛いものを想像して、口に入れるときに構えてしまいがちです。しかし、瓢麓苑さんの鮎の甘露煮は口当たりが軽く、そのうえで鮎の香りと味をしっかりと感じさせてくれます。

4時間かけて煮込まれたおかげで頭から尻尾まで丸ごと食べられるのですが、ただ柔らかいだけではなく、しっかりした食感を感じさせてくれるところに感激しました。

店舗紹介「瓢麓苑」

うまいもんドットコムとは?

(by 食文化スタッフ)

カテゴリー: 3.店舗・商品情報, 今日のいっぴん |

うまいもんドットコムのおすすめ商品をご紹介する「今日のいっぴん」

今回は吉田製麺の「《卵めん》うどん食べ比べセット」です。

1969年創業の吉田製麺 特製の『卵うどん』『奥州うどん 白秋の舞』の食べ比べセット。

『卵うどん』は卵で練っているため伸びにくく、時間が経っても一本一本がシャキシャキとしていてツルツルした喉ごしと卵の香りが楽しめます。
『奥州うどん 白秋の舞』は独特のコシと風味があり良い喉越しが堪能できます。麺王国と呼ばれる岩手県でつくられた自慢の味をお召し上がりください。

板垣退助が気に入ったと言う卵の香りと口あたりが身上の岩手名産『卵うどん』と、吉田製麺 特製『奥州うどん 白秋の舞』の食べ比べセットです。
贈答品としても通年人気があり、多くの方に大変喜ばれています。

店舗紹介「吉田製麺」

うまいもんドットコムとは?

(by 食文化スタッフ)

カテゴリー: 今日のいっぴん, 自宅麺'sライフ |

うまいもんドットコムのおすすめ商品をご紹介する「今日のいっぴん」

今回はコエドブルワリーの「COEDOビール10本入り 紅白ギフトセット」です。

「紅赤(べにあか)」と「白(しろ)」のギフトセットです。
コエドビールのおめでたい紅白のセットはお祝いの贈り物にぴったりです。

【主な受賞歴】
●欧州最大ビールコンテスト「European Beer Star Award 2010」において、「紅赤」が日本初となる金メダルを獲得。また、2011年に「漆黒」、2012年に再度「紅赤」が金メダルを獲得

●欧州最大食品品評会「iTQiコンテスト」において、「紅赤」が3年連続で最高位の三ツ星アワードを受賞して殿堂入り。世界で7例目の狭き門、ビールでは日本初の快挙。また、5銘柄すべてにおいて星を獲得

●モンドセレクションにおいて、2007年度(「瑠璃・紅赤」最高金賞、「伽羅」金賞)、2008年度(「漆黒」最高金賞、「白」金賞)アワード受賞

店舗紹介「コエドブルワリー」

うまいもんドットコムとは?

(by 食文化スタッフ)

カテゴリー: 今日のいっぴん |

うまいもんドットコムのおすすめ商品をご紹介する「今日のいっぴん」

今回はまるてんの「燻し技法伝承・伊勢波切節 本かれ節」です。

極上の本枯節のみを厳選しました。香味豊かな削りたての本物の鰹節をご賞味ください。
厳選された1本釣りの鰹を手塩にかけ、生切りから備長炭の原料薪をもって燻し上げ、最終のカビ付けまで熟練の技で生み出されるのが、最高級本かれ節です。

歴史は奈良時代まで遡り、朝廷に献上し珍重されたところから始まります。この古法を受け継ぎお届けしています。

【鰹節への想い】
「鰹味」「鰹の旨み」などの言葉が広く一般的になり、日本人だからこそ購買意欲がかきたてられる。それは古来より人と鰹節が深い結びつきに合ったことから分かります。鰹節を削る、出汁をとるということが少なくなってきている現在、歴史を途絶えさせてはいけないとの想いがあります。
鰹節を食して下さる人が美味しく豊かな時間を過ごしてほしいと、こだわりと想いを込めて、鰹節をお出しすることを使命だと思い、努力しつづけています。

【品質へのこだわり】
「本物の美味しさのご提供」「新鮮さのご提示」「削りたてをお手元に」
削り節は削りたてが身上です。削りたての香味・味の深み・新鮮さを味わっていただきたく、常に新鮮な鰹節が届くように心がけています。
「原料の厳選」志摩・紀州・焼津・枕崎などで一本釣りもしくは同格のものを主として厳選(傷みがなく、鰹節として一番良い大きさを選別)し使用しています。

「少数生産」昔ながらの燻し製法を守りとおしています。鰹節は手間隙のかかる工程を経て作られます。複雑な手間こそが鰹節を腐敗から守り、旨みが凝縮された節を作り上げます。一回に出来上がる商品数には限りがございますが一品一品を丁寧にお取組み頂けるお客様に大切にお届けします。

店舗紹介「まるてん」

うまいもんドットコムとは?

(by 食文化スタッフ)

カテゴリー: 今日のいっぴん |


スタッフの川口です。

大使館にお呼ばれしてきました。
アイスランドラムを沢山販売するので、いつか大使館に連れてってください!と話をしていたら、
本当に実現しました。

通販では当社だけのお取引ということもあり、数々の飲食店の中で異色の存在です。

この男性が、アイスランドラム協会の会長であるSvavarさん。
バイキングの末裔だそうです。

実は私がちょうどこの海外ドラマを見てハマっている時に出会いました。
日本人では考えられないような文化、価値観に引き込まれます!
ヴァイキング ~海の覇者たち

ちなみにこの国は世界で一番男女格差の少ない国なんだそう。
このドラマを見たら、納得!です。
バイキングの歴史を語りだしたら長くなるのでぜひ興味ある方は見てみてください!

アイスランド外務省のエグゼクティブシェフを務めるフレドリック・シガードソン氏による
お料理の数々が提供されました。

日本ではまだ珍しいアイスランド産の新鮮なラム肉や馬肉などを使用したものばかりです。
いくつか紹介します。


伝統食 プロックフィスクル(鱈とじゃがいものフィッシュグラタン)


羊肉の燻製 ハンギキョット(スモークラム)


仔馬のロースト

スキール(Skyr)のスイーツ


日本への輸入解禁には特殊な肉を扱いなれているインポーターが調整をして昨年から輸入をスタートしたばかりです。
最初は馬肉を探し求めてたどり着いたのだそう。

ラム協会の会長には
「元々いいラムを探していたのもあるけれど、
 一番はヴァイキングのドラマを見ていたから興味を持った。
 こんな歴史を持つ人たちが守ってきたラムかと思うとワクワクします!」と伝えました。

すると
「僕もこのドラマ見た。主人公は僕の13代前のおじいさんだ」とのこと。
「またまたー」と返したが、実際のところどうなんだろう。
数えてみても9世紀に合致する・・カッコいいから本当かもしれない。
はたまた「私は侍の子孫です」というのと同じくらいのお決まりのジョークなのか?

そんなこんなでこの素晴らしいラムを拡げるお手伝いをしております。

アイスランドラムはこちらでお求めいただけます。
うまいもんドットコムへ

(by ㈱食文化 川口)

カテゴリー: 2.スタッフ日誌, 取材記録 |

うまいもんドットコムのおすすめ商品をご紹介する「今日のいっぴん」

今回は「長崎 海よりのおくりもの」です。

長崎近海でとれた新鮮な魚に、手間を惜しまず作り上げた干物セットです。

無添加・低塩加工で安心して召し上がれます。50年間変わらない伝統の味 おまけに量もたっぷりで、楽しめること間違いなしです。

先ずはこんなに入ってこの値段で良いの?というのが実感です。
兎も角、食べきれないほどの干物が入っています。

食べてみると保存料などの添加物とは無縁の優しい旨味が口に広がります。

店舗紹介「山道水産」

うまいもんドットコムとは?

(by 食文化スタッフ)

カテゴリー: 今日のいっぴん |

うまいもんドットコムのおすすめ商品をご紹介する「今日のいっぴん」

今回は「大黒屋の冬水ようかん」です。

冬にしか味わえないみずみずしい福井の水ようかん。

大黒屋の水ようかんは糖度30度とあっさりして喉ごしがよく、小浜島産の黒糖が“もう一口”の気持を誘います。

寒い日にあたたかい部屋でこたつに入り、冷たい水ようかんを頂くのは格別のひとときです。

箱入りの水ようかんが6枚入っていますので、ちょっとしたお裾分けにも便利です。

店舗紹介「大黒屋」

うまいもんドットコムとは?

(by 食文化スタッフ)

カテゴリー: 今日のいっぴん |