取材記録」カテゴリーアーカイブ

スタッフの川口です。
ちば海苔取材に行ってまいりました。

江戸前海苔の9割が千葉で作られています。
大好きな海苔ですが、知らないことだらけと実感しました。

 

まずは金田漁協の支柱式の見学です。
金田は東京からアクアラインで千葉に入ってすぐ。
海水浴に最高だろうなと思われるほど、遠浅の海で育てています。
なので波はそんなに荒くありません。

支柱式では海面ギリギリに網が来るよう浮動式です。
太陽を浴び美味しい海苔が育つ一方、苦労も多い方法です。
鴨や水面を泳ぐ魚に海苔が狙われ生産性も悪いです。
また嵐が来ると支柱が抜けたり、川から流れ込む木や竹クズが引っかかるので
メンテし続ける必要があります。

 

日本全国どこでも海苔が育つわけではありません。
こんな風に天然のアオサが付着して一緒に育ったりします。
板のりにする際は別で混ぜるそうですが、これぞ本当の青混ぜです。
【青混ぜ海苔】風味が強く、お餅などによく合います。

 

網は海苔の苗がついた状態で冷凍してあって、水温を見て9月頃から海に張ります。
網は4回海苔をとったら交換するので、
よく聞く”初摘み”とは、網をはって1回目にとれたもの を指します。

秋口は温暖化の影響のためか、年々収穫量が減っているそうですが、
秋口の網入れ一番のものが、最も柔らかな葉(海苔)が楽しめます。
【手入れ海苔】おにぎりとの相性抜群。
(苦みもなく、当社の代表萩原のお子さんはこれしか食べないらしい)

 

こんな風に収穫するのだそう。

 

海苔の加工場でしっかり洗浄され自動整形の後乾燥が行われる。
1回の水揚げ分がどういう等級になるかが、この後の検査員の眼力に委ねられます。

ちなみに今でこそ県が作った共同施設を皆で使っているそうですが、
生産自体は家族単位でやられていて、ちょっと前までは船も洗浄機も乾燥機も全て
個人所有だったそう。

 

こうして厳しい目で選別されていきます。
海苔問屋の多く存在する長野などから冬の間、出稼ぎにきて
問屋での目利き力を生かし、こうして格付け作業を行っています。
見学させてもらいましたが、決して話しかけられるような雰囲気ではなく、
張り詰めた雰囲気の中、淡々とそれでいてリズミカルに箱詰めまで進められています。

海苔をスーパーで購入すると、等級の情報はまず表示されていません。
今回、良い海苔というものを知るよい機会となりました。

 

ちば海苔はうまいもんドットコムでお求めいただけます。
こちらをどうぞ⇒

 

(by ㈱食文化 川口)

カテゴリー: 2.スタッフ日誌, 3.店舗・商品情報, 取材記録 |


スタッフの川口です。

大使館にお呼ばれしてきました。
アイスランドラムを沢山販売するので、いつか大使館に連れてってください!と話をしていたら、
本当に実現しました。

通販では当社だけのお取引ということもあり、数々の飲食店の中で異色の存在です。

この男性が、アイスランドラム協会の会長であるSvavarさん。
バイキングの末裔だそうです。

実は私がちょうどこの海外ドラマを見てハマっている時に出会いました。
日本人では考えられないような文化、価値観に引き込まれます!
ヴァイキング ~海の覇者たち

ちなみにこの国は世界で一番男女格差の少ない国なんだそう。
このドラマを見たら、納得!です。
バイキングの歴史を語りだしたら長くなるのでぜひ興味ある方は見てみてください!

アイスランド外務省のエグゼクティブシェフを務めるフレドリック・シガードソン氏による
お料理の数々が提供されました。

日本ではまだ珍しいアイスランド産の新鮮なラム肉や馬肉などを使用したものばかりです。
いくつか紹介します。


伝統食 プロックフィスクル(鱈とじゃがいものフィッシュグラタン)


羊肉の燻製 ハンギキョット(スモークラム)


仔馬のロースト

スキール(Skyr)のスイーツ


日本への輸入解禁には特殊な肉を扱いなれているインポーターが調整をして昨年から輸入をスタートしたばかりです。
最初は馬肉を探し求めてたどり着いたのだそう。

ラム協会の会長には
「元々いいラムを探していたのもあるけれど、
 一番はヴァイキングのドラマを見ていたから興味を持った。
 こんな歴史を持つ人たちが守ってきたラムかと思うとワクワクします!」と伝えました。

すると
「僕もこのドラマ見た。主人公は僕の13代前のおじいさんだ」とのこと。
「またまたー」と返したが、実際のところどうなんだろう。
数えてみても9世紀に合致する・・カッコいいから本当かもしれない。
はたまた「私は侍の子孫です」というのと同じくらいのお決まりのジョークなのか?

そんなこんなでこの素晴らしいラムを拡げるお手伝いをしております。

アイスランドラムはこちらでお求めいただけます。
うまいもんドットコムへ

(by ㈱食文化 川口)

カテゴリー: 2.スタッフ日誌, 取材記録 |

スタッフの川口です。
少し前ですが、秋田の鹿角短角牛の取材へ行ったときのお話です。

このあたりの牛たちの飼育方法は「夏山冬里(なつやまふゆさと)」方式。

夏の間は山の牧草地で放牧し、雪に閉ざされる冬は里の牛舎で飼います。
春に生まれた子牛たちにとって、夏の放牧は生まれて初めての体験!
山の澄んだ空気と新鮮な牧草、豊かな大自然が強く健康な「短角牛」を育むのです。

そのシーズン最初の放牧の時に立ち会うことができました。


車から降ろされた牛たちは柵の囲いの中に一旦集められ、
その後扉が開け放たれました。

みんなキャッキャしていて、
扉の向こうの草原に向かって、嬉しそうに駆け出していくのです。
牛があんな風に楽しげにする様子を私は初めて見ました。


「わーい!これが草なんだね、山なんだね、お母さん待ってー!!」


牛は結構走るのが早くて、ドッドッドッと土をかけて、アッという間に丘の向こうへ走っていってしまいます。


それを見守る我々人間たち。


サラダにしたら案外美味しいのでは?思うほど、
青々した山の色んな草を食べてるということがわかりました。


左から販売者の食文化の代表萩原と私、食肉加工業者の大門商店の大門社長、生産者)
そしてこのブログを読んでくださった消費者である皆様と。

まだ年間飼育数50頭しか育てられていないのです。
ですが、鹿角短角牛の生産が廃れることのないよう存続させていきたいというのが我々の願いです。

こうして豊かな自然の中で放牧され、草を食べて健康に育った鹿角短角牛の熟成肉は、
分厚く切り分けて焼き上げると、一口噛みしめるごとに赤身の旨さを実感できる牛肉です。
脂がしつこくないので、食べ盛りで無い大人でも、かなりの量が食べられ、初めての人はとにかく驚くと思います。

黒毛和牛の霜降りの世界とは全く別の扉が開かれることでしょう。

うまいもんドットコムでは1頭買い付けてホルモンと正肉とにわけてご案内しております。
月に1,2回しか案内できませんので、ぜひメルマガ購読を!
鹿角短角牛のコンテンツへ

(by ㈱食文化 川口)

カテゴリー: 2.スタッフ日誌, 取材記録 |

マカ担当 梶です。
福島県、会津若松に来ています。

本日の目的は、メルマガで何度か告知している
日本産の生のマカ(通称:ベジマカ)の販売に向けた準備です。

詳細は、まだお伝えできませんが
着々と日本初となる「生のマカ」の商品化が進んでいます!

お客様からのお問い合わせも頂戴しておりますが、
あと本当にもう少し、お待ちいただけますと幸いです。

話し合いのあとは、ベジマカが育つ圃場へ向かいました。

ちなみに、外はこんな感じです。

雪、すごい。

いざマカや育つハウスに入ると、すでに葉がびっしり!
強烈なマカ臭が充満するハウス内はそれだけでパワーが漲ります。

アップでとるとこんな感じ。

こっそり葉をちぎってむしゃむしゃ食べつつ、成長具合を確認。

現在の根の直径は3~4センチでした。

これからおよそ2ヵ月間かけてさらに大きくなり、
6~7センチを超えたところで収穫期を迎えます。

今シーズンは、日本産マカの新商品だけでなく
様々な活動が報告できそうです。

準備が整いましたらメルマガでご案内しますので、
ぜひ楽しみにお待ちください!

(by ㈱食文化 梶)

カテゴリー: 2.スタッフ日誌, 取材記録, 国産マカ便り-ベジマカ- |


6.2haのオリーブ園
昭和34年まで塩田だった場所の土壌を入れ替え、3,000本のオリーブが茂っています。
※私とオイル担当の梶君が手を広げている背景はオリーブ園の3分の2くらいかな

初搾りの緑で辛くて少し渋みのあるオリーブオイルはとても美味!
おまけに五臓六腑に沁み渡る感じです。

初搾りは10kgのオリーブの実から、僅か100gくらいしか搾れない貴重品です。

社長の松浦玲子さんと育成責任者の蓮井平記さん

何と6年目にして、
オリーブ ジャパン® 国際エキストラバージンオリーブオイルコンテスト2017
の金賞を受賞しました!

塩田が油田(オリーブ油)になって生まれ変わる!
素晴らしいです。

新漬けもとてもうまい!

→ 瀬戸内オリーブの初搾りEXヴァージンオイルは、こちら

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 1.萩原社長ブログ, 取材記録 |

こんにちは、うまいもんドットコムの梶です。

10月18日、オリーブの実の収穫が始まったばかりの
香川県坂出市「瀬戸内オリーブ」に行ってきました!

坂出港に面し、瀬戸大橋が眼前に広がる圃場は6.2ha(※東京ドームおよそ1.3個分)
およそ3,000本 全12種のオリーブ樹が並ぶ、日本最大級のオリーブ園です。

萩原(右)、梶(左)
讃岐五色台から見たオリーブ園。これで半分の面積。

圃場に入って最初に気づくのは、
①樹の周りに咲くマリーゴールド
②敷き詰められた牡蠣殻
③園地にくまなく張り巡らされたチューブ

マリーゴールドは、虫除けの効果を期待して今シーズンから取り入れたもので
安心安全なオリーブを育てるためのこだわりです。

牡蠣殻は、地中海特有のアルカリ性土壌に近づけるため
大型トラック300台分の量を敷き詰めているとのこと。

樹と樹を繋ぐように伸びているチューブは、重要な水路です。

瀬戸内オリーブは敷地が広大なので、水源が足りません。
そこで深井戸を掘り、園地を細かく区分けし水路をつくることで、
適時適量の水やりを行っています。

渇水期でもコンピューターで供給水分量を調整・管理しています。

それらを自分で作り管理しているのが、
育成統括責任者の蓮井さん。

元設備工事会社の熟練技術者 兼 経営者。
代表を務めていた会社を息子さんに譲り、オリーブ栽培を始めて7年。

誰よりも園のことを知っています。

蓮井さん(左)、松浦社長(右)

主力品種のミッション。
実がたわわになっています。
うまいもんドットコムのためだけに、この青摘みの実だけを厳選してくれます。

こちらは、ジャンボカラマタ。
日本で数軒のオリーブ農家しか育てていない超希少品種です。

この品種、粒がとにかくデカいです。
ミッションの3~4倍はゆうにあります。

実はこのジャンボカラマタを使ったオリジナル商品を準備中です。
乞うご期待!

収穫したオリーブ実は、園地内ですぐに搾油します。

搾りたてです。

喉に突き刺さるような辛さと苦さ、
オリーブ独特の青臭さが強烈!

オリーブ好きには堪りません。

今シーズンは、無ろ過・生搾りオリーブオイルの他に、
特別企画を準備しています。

販売開始の際はメルマガでお伝えしますので、
ぜひ楽しみにお待ちください!

(by ㈱食文化 梶)

カテゴリー: 2.スタッフ日誌, 取材記録 |

こんにちは。食文化スタッフの八下田(ヤゲタ)です。

先日福島県の桃の生産者さんにお会いしてきました。
最後に訪れたのは、凄腕生産者の古山さんです!

続きはこちらから・・・
777の日に福島県の桃の生産者さんにお会いしてきました【本当に最後の後編!】

(by ㈱食文化 八下田)

カテゴリー: 2.スタッフ日誌, 取材記録 |


富山県入善町に行ってきました!
選果場で私が持っているのは23キロ
もっと大きいものもあります。

自宅の畑で切っているのは小振りの16キロ
小振りと言っても息子と大差なし!
果肉の赤が濃くて、見た感じは果肉は柔らかそうですが、
シャリ感十分!味も良いです!
西瓜の味!という印象です。

息子が4分の1の入善ジャンボ西瓜でしむけん食い!
「おとうさん おもいよ!むり!」
だそうです。

カットすると、なおさら真紅が際立ちます。

・おすすめ季節のフルーツは→こちら

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 1.萩原社長ブログ, 取材記録 |

スタッフの川口です。
萩原とともに奥さくらんぼ農園を訪ねました。

さくらんぼの名産地、横手市十文字に明治17年に開園した歴史ある農園です。

奥さんとはうまいもんドットコムとお付き合いを始めて、
かれこれ10年近くになる秋田十文字のさくらんぼ農家さんです。
園地はシーズンになるとさくらんぼ狩りに開放され、
近くの子供たちがやってくるのを楽しみにしています。
そんな奥さん、土作り、新品種の研究にも熱心な凄腕生産者さんです。

訪れたのはGW明け。花が散ってすぐの状態で、
沢山の葉っぱで木が栄養を蓄えているところでした。

雑草たちも美味しいさくらんぼを育てるため
土作りに貢献してくれているのです。奥さんは雑草学にも熱心です。

まだ実が成っていないので全然わからないですが、ここには30種類ものさくらんぼの木があります。
農園の歴史が古いこともありますが、
大産地山形県のそばにあって、佐藤錦といえば山形東根!という中で、
多品種育てることこそが生き残る術だったのでしょう。
ズンズン進みながら、一本一本、品種ごとに説明してくれています。

系統や個体の違いを説明してくれています。
「これは花笠錦でよ、登録から10年くらいの新しい品種だけんど、佐藤錦に似てんだ」
「似てるから、お客さんに届けたら一緒なのがきたーって言うんでねぇべか」
「こっちじゃ柔らかい方が好まれるんだども、都会だと粒が大きくて硬いのが人気みたいだけんどよ」
とかそういうことを話しながら歩いてます。


必死でメモした私のノート。
とりあえず、帰ってからもう少し調べよう。

ちなみにカメラマンが、必死でメモってる最中の私を素敵に撮ってくれた写真があるので
差し込んでおきます。プロってすごい。孫の代までとっておこう。

さて、奥さんとはただ今、宝箱のように色んな品種のさくらんぼが入った企画を考えているところです。
少なすぎてこれまで商品化出来なかったのですが、珍しいさくらんぼ達がたくさんあるので
それをご紹介しようと試みているところです。
箱屋さんに相談してみるからとのことで、私のラフ案を送ったところまでです。

今年中に間に合うか否か?!
まずはいつものように販売をスタートいたします。
乞うご期待です!

・奥さんのさくらんぼは→こちら

(by ㈱食文化 川口)

カテゴリー: 2.スタッフ日誌, 取材記録 |

スタッフの川口です。
5月14、15日で秋田に取材に行ってまいりました。

“うまいもんのお客様が喜ぶはず”と、ずっと気になっていた食材、
ヤツメウナギを入手するためです。

一緒に取材に同行していた大門商店の大門社長も、
「小さい頃よく食べたし、好きだったけど、確かに最近見ないっすなー」とのこと。

というわけで、ジャーーン!

なんと3月に北海道からやってきて、ずっと餌も与えてないそうなのですが、
こうして元気に生きているそうで。
とはいえ、捕る人が高齢化していて、年々やる人が減って減少傾向にあるそうです。

私も現物を見るのは今回が初めて。
どんな動きをするのか想像もつかないので、ドキドキでした!

取材から帰ってきた翌日、初めての調理!
弊社専属のカメラマンとともに、キャァキャァ言いながら調理に挑みました。

まず氷水の中に沈めます。10分もすれば静かになります。

あとはぶつ切りにします。ヌルヌルもしていないです。
洗い流さず、血も頭も尻尾もエラもまるごと食べられます。
捨てるところ一切なし!
鍋の調理画像は撮り忘れましたが、お好みの味付けにした出汁にくぐらせます。
(秋田ではゴボウを入れたり、味噌味にするみたいですが、豆腐とネギは必須とのこと)

開きの時は目打ちがあったほうが楽です。
串はシンプルに塩で。こんな感じで刺します。
すでに7つ穴が開いてるので、ある意味楽チンです。

で、お味の方はと言いますと。

「では。まいります。」
・・・・(モグモグ)・・・・
「おぉっ!結構いける!!確かに噂通りレバー感がある!」
「口のところも気持ち悪いどころか、むしろ一番旨いかも!」

川の生き物ならではの滋味深さがありました。
「やっぱ酒だよなぁ」と、冷蔵庫から酒を持ち出したかどうかはご想像にお任せします。

高齢化で捕る人いないという課題、なんとかならないかなー・・
我々はこういう食文化を大事にしたいんです。
食べたことある人、どの位いるでしょうか。
貴重な体験ができますよ!

今回は残っている12尾限定でのご案内です。
次のご案内は秋以降になると思います。

・入手困難「ヤツメウナギ」は→こちら

(by ㈱食文化 川口)

カテゴリー: 2.スタッフ日誌, 取材記録 |