月別アーカイブ: 12月 2011

シンプルにして美味なローストチキンを食べたいのであれば、先ずは
うまい鶏を中抜きで購入することです。(※中抜きとは、内臓と羽を取った丸鶏)
今回は比内地鶏の丸鶏です。

私はこんな感じで1羽を余すところなく堪能します。

1.初日は2つの準備とひとつの料理を楽しみます。

①丸鶏の余分な皮や脂を切り取り、スープ鍋に入れ、適当に水を入れて鶏スープの準備をする。

②ローストビーフ同様に野菜くずやにんにく・香辛料でマリネする。(焼くのは翌日なので塩はしない)
※同日に焼くのであれば、野菜くずを細かくして、にんにくはおろし、塩もしてしまいます。

③中抜きの場合、内臓がついてくることが多いので、この極上の内臓で焼鳥を楽しみます。
※1羽分なので、レバー5~6切れ・ハツ2切れ、砂肝4~5切れ
一人なら、そこそこ満足、二人だと、『もっと食べたい!』です。

 

2.2日目は鶏のお腹の中と表面にちょっと多いくらいの塩をして、マリネ野菜などと一緒にオーブンで50分くらいかけて焼きます。

※途中で上下や左右を入れ替えるときれいに焼けます。また、残り30分くらいの段階でジャガイモを適当に切って入れると、ちょうど、焼けます。
焼けたら、オーブンのドアを開け、余熱で10分くらい肉汁を落ち着かせます。

2人だと食べきれないので、先ずは初日は手羽とモモを楽しみます。モモと手羽は簡単に外れます。
※骨は1の①のスープ鍋に投入

 

3.3日目、残ったローストチキンをばらし、ムネ2枚、ささみ2本をとりわけ、骨をばらして、周りの肉を楽しみます。

※この骨周りが実に美味!残った骨はそのまま1の①のスープ鍋に投入

※2のオーブンで焼いた時に野菜くずや肉汁も丁寧にスープ鍋に入れます。このスープはカレーやシチューのベースにします。美味!

 

4.4日目、ムネ肉でクラブサンドを楽しんで1羽を完璧に堪能です。

連日、鶏を食べて飽きませんか?と思われるかもしれませんが、
味の薄い鶏に様々な調味料で味をつけるのではなく、
上質な鶏の鶏本来の味を凝縮する料理法で仕上げているので、食べ飽きがしません。

難しいようですが、2度もやれば、『私のローストチキン』の世界が見えてくると思います。

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ |

先日、とびっきりのメカジキを気仙沼から買い付けたとの話を聞き、

※上記画像はイメージです

さっそく南三陸町にある「 さかなのみうら 」に足を運びました。

そこで見たものは、メカジキのトロ。

来年(2012年1月)早々に発送開始するメカジキの中トロの部位に近いです。

気仙沼産 『メカジキの中トロ』 約300g ※冷蔵

気仙沼産 『メカジキの中トロ』 約500g ※冷蔵

これは、三陸に住んでる身としましては、買って食べなくては!

と、キロ○○千円するメカジキのトロを買ってしまいました。

私は、関東で生まれ育ったのですが、仕事の関係で北海道や山梨、中部にも住んだ経験があります。

いずれの場所でも、メカジキのトロは売ってなくて、例え陳列していても、

トロを買うならマグロを買うのが当たり前だと思っていました。

つまり、メカジキに対して無意識に「マグロ>メカジキ」と思い込んでいました。

と、言うよりもメカジキを意識して食べた事がありませんでした。

しかし、今回メカジキのトロを食べて、その考えが変わりました。

メカジキを意識して食べた瞬間、背筋に電撃が走りました!

「うわ~こんなに美味しい魚が、部位があったのか!」と、素直に感じたのです。
(若干大袈裟ですかね?(笑))

メカジキのトロは脂が多いのに、マグロと大きく違うのが、クセの無さ。

もちろんマグロのクセは私自身大好きなのです。また、マグロの肉質とは歯ごたえが違うのです。
(刺身にする時は薄切りがおススメです!)

そもそもマグロと比べる事が間違いですがね(笑)

ちなみに、私はメカジキのトロの味を覚えた後、

また食べたくなる欲望にかられています(笑)

あと、刺身にしている時に脂が凄い事に気づいたので600gを二人で食べるのは辛いかも!?

と思ったので、ステーキにしたのですが、画像でわかりますかね?脂が凄く出てきたんですよ。

実は、このフライパン油をひいてないんです。

軽く塩を振って食べたのですが、これまた美味しかったです!

次回はヅケにして、ヅケ丼で食べよ♪

なんて、今回メカジキの紹介ではなくて、メカジキの漁師さんをご紹介する予定でした(笑)

このメカジキを食べた数日後なんですが、我々の仕事上のご縁で、気仙沼の唐桑半島の漁師さんと出会いました。

この漁師さんのお名前は佐々木さん。

佐々木さんは遠洋の漁師さんで、漁法は流し網。

船の大きさは19tなんですが、なんと分類は小型船になるようです。

この大きさで小型船って・・・。

中型、大型ってどれだけ!?

流し網について色々勉強をさせて頂いたのですが、一番興味深かったのは、

網の長さです。なんと12キロの長さだそうです。

12キロって、車で走ってもそこそこ時間がかかりますよね。

漁法にも、メカジキの漁も興味深々だったので、漁に参加させてもらおうと思い、

お願いしてみたら、「いいよ。でも3~4日帰って来ないかもよ」

・・・・・・・。

「いつか、漁に一緒に出ます」と話しておきました(笑)

いや、でも本当にスケジュールをしっかり組んで、いつか遠洋にでますので!

その時は、必ずブログを書きます!

今回非常に良い出会いでしたので、佐々木さんのメカジキを販売出来ないか、

流通の仕組みや、加工業者さんを絡めた取り組みを被災地の方々と考えていきます。

浜で水揚げされる美味しいメカジキを、全国に鮮度の良いまま一般流通出来ないかを考えるだけで、

楽しくなってきます!

メカジキ漁師の佐々木さんも含めてですが、

漁師さんと一緒に働いていると、今まで食べた事のない魚や鮮度感をお届けし、

子供達やお魚好きの方々が食べて下されば、きっと新たな食の発見が出来るんじゃないかと

思ってしまう魚や魚料理の発見があるんですよね!

最近気づいたのですが、漁師さんのお母さん達は、皆料理が上手なんですよね。

それは、獲ってきた魚を無駄にしたくない気持ち、毎回魚料理でも飽きないように料理を工夫する。

結果、料理を研究したりご近所さんと料理方法の情報交換をする。

必然的に料理が上手になっていくんです。

しかも、素材が良いので、そこで食べるご飯が美味しいんですよね!

いつか、「漁師の料理レシピコーナー」なんてものが作れたら!なんて、考えています♪

長々と、文脈の無いブログを読んで下さってありがとうございました。

(by 三陸魂)

カテゴリー: 02スタッフ日誌, 13三陸便り |

12月号で開発中とされていた、気仙沼の阿部長商店「お魚いちば」さんの珍味セットが販売開始です!

酒肴セット

酒盗は塩のみで仕上げ、蛸粕漬も保存料や化学調味料を一切使用せずに作りました。

年末の発送が間に合いそうだったので、販売は一日だけですがまだご注文頂けます↓↓↓
※リンク切れの場合はご容赦くださいm(_ _ )m

【12/29発送限定】《2種の酒盗と蛸粕漬》 三陸酒肴セット(約70g×3本)

来年発送も販売開始しております。↓↓↓

【1/9~1/14発送】《2種の酒盗と蛸粕漬》 三陸酒肴セット(約70g×3本)

今回のセットは、気仙沼、南三陸のホテル観洋(阿部長グループ)の総料理長である、

熊谷料理長が手作りで仕上げています。

酒肴セット

カツオもマグロも気仙沼市場では数多く入荷する魚であり、カツオについては、

震災の影響で入荷が激減しながらも、漁師さんや地元水産業者の踏ん張りで、

15年連続水揚げ量NO1になりました。

タコはもちろん南三陸志津川のタコです。

商品ページに詳細がございますのでこの場では割愛させて頂きますが、

タコの粕漬け開発中の画を少しだけ・・・

酒肴セット

粕漬けのための酒粕を何度も何度も作り直し、味を変えたり数日寝かせてみたり、

これは少し尖りすぎ、これは少し甘すぎ、水分も減らそう等など・・・

何パターンも食味していると体全体から酒粕の匂いがf^_^;

酒肴セット

タコも、実際の商品と同じ食感になるようにサイズを合わせてもらいました。

傷みやすいのでまとめて仕込めず、皮と吸盤を取り刻む、という作業を試食日の度に

用意して頂きました。

気仙沼で生まれ育ち、自身も被災している熊谷料理長ですが、

自然災害である津波に対しての思いよりも、いち早く復興したいと願う故郷への想いが強いです。

愛用していた包丁は、奇跡的に自宅のあった所に残っていましたが、錆がひどく使いものにならなくなりました。

あ、でもご安心下さい!

今使っている包丁はホテル内にあり、難を逃れた包丁です。

もちろん切れ味抜群!でなければ酒盗のための内臓の掃除はできませんね。

そういえば私は最近包丁を研いでなかった。

年越し前には・・・σ(^_^;)

(by 三陸魂)

カテゴリー: 02スタッフ日誌, 13三陸便り |

先日、2011年12月24日に、
『 気仙沼復興商店街 』がオープン致しました。

気仙沼の海岸側は、津波で街そのものが飲み込まれてしまい、
あれから九ヶ月間たった今でも復旧の見通しが立っていないのが実情です。

その状況から、海岸から数十メートル離れた場所に仮設の商店街がオープンしたのです。

グランドオープン当日、仕事前に寄ってみたのですが、多くのお客様とマスコミの方々で
ごったがえしていました。

その日は仕事がありましたので、長い時間見学出来なかったのですが、せっかくなので
復興商店街で夕食を食べようと昨日の夜に足を運んだのですが、食事処はどこも人が入っていて、
食べれませんでした。

残念な反面、地元気仙沼の方々は、この商店街を待っていたんだな!
っと、心が暖かくなりました。

あと、同じネタなのですが、実は11月26日にも気仙沼の海岸沿いに、
『 復興屋台村気仙沼横丁 』がオープンしました。

≪復興屋台村気仙沼横丁の中心に『 絆の塔 』が立っています。上記画像の旗の事です。高さは8メートルあります。
8メートルを意味するのは、この先端の高さまで津波がきたという証を、後世に残す為のものです。≫

こちらのグランドオープンには、(株)食文化として出席させて頂きました。

オープンするまでの並々ならぬ努力や緻密な計画内容などの裏話を聞けたり、

気仙沼の物産品を食べさせて頂いたり、非常に楽しい時間をすごせました。

その屋台村で食べたのが、「メカジキのハーモニカ」!

これが凄く美味しくて、うまいもんドットコムのお客様にも是非ご紹介したいと

思っていました。

丁度、メカジキからハーモニカと呼ばれる背びれの場所を加工している所を、

見つけたので、来年からの発送で販売を致します!

http://www.umai-mon.com/user/scripts/p_product.php?product_id=22367

昔から気仙沼で愛されているハーモニカを食べてみてください!

話がそれましたが、気仙沼ではまだまだ建物を建てるのにも規制があったり、

下水問題や地盤沈下など解決しなくてはいけない事が沢山あります。

それでも、現地の方々は前を向いて着実に復興を目指し、歩んでいるんだな!

っと、商店街や屋台村で働く人達や、笑顔で飲食をしている人達を見てそう思いました。

また復興商店街や復興屋台村に行こう♪

(by 三陸魂)

カテゴリー: 02スタッフ日誌, 13三陸便り |

レシピを撮ってきてもらえるよう、期待の眼差しをしながら
サンプルの「富富椎茸」を当社社員に渡してはや10日。

「いやぁ旨かった」「肉厚で歯触りが素晴らしい」etc etc

良し良し、評判上々♪ 舌の肥えた当社社員にしては良い評判♪・・・・・「って画像わぃ!」

・・・しょうがないので、プロに撮ってもらいました。

この太い軸が、弾力ある歯触りを増し、
濃厚な香りと味の魅力を感じるには、素直な調味料を是非チョイスして欲しいと思います。

醤油をちょいとたらしてアッツアツを頬張る。たったそれだけで旨い。

この素材力。お見事。

やっぱり他にレシピ画が欲しい・・・
半ば強引に、当社の女性社員Mに撮ってきてもらいました。(お家での画像なので、クオリティはご勘弁!)

うどんに潜む「富富」。うむ、分かってらっしゃる。しっかりと太い軸を多く残して調理。素材をやはり活かしました。

このMさん。前に料理学校に勤めていた、プロ顔負けの腕の持ち主。
どんだけ凄い料理が・・・と期待していたのはちょっと内緒。

「富富椎茸」は来年1月に販売する予定!もうしばらくお待ちください。

2012年1月24日販売を開始致しました!コチラから!

(by 食文化スタッフ)

カテゴリー: 12お知らせ |

「黒く日焼けするほど、まめまめしく(健やかに)働けますように」

年の初めに、食べる縁起物、「黒豆」。

黒大豆の最高峰とも言うべき、丹波篠山の黒豆がうまいもんドットコムに登場です。

丹波篠山と言えば・・・?ピンときた御人は、うまいもん通!
今年の夏に黒枝豆としてご紹介しておりましたコチラが・・

真っ黒に熟れて、黒豆となりました!

上記致しましたように、1年の始まりに無くてはならない縁起の良い存在です。

丹波篠山の黒豆 大粒のL~2Lサイズ 150gはコチラから!
丹波篠山の黒豆 大粒のL~2Lサイズ 250gはコチラから!
自然のものですので、ちょいと割れてしまっていたり皮が剥けてしまっていたりする黒豆もあります。
それを【訳あり品】としてご紹介致します。
丹波篠山の黒豆 訳あり品 250gはコチラから!

この訳あり品。中身は正規品同様ですので、香しい黒豆ご飯もお勧めです。

これは非常に旨かった・・

(by 食文化スタッフ)

カテゴリー: 09新商品情報 |

乾すのに10日ほど掛かりましたが、カラスミが完成しました。

色は個体差が出ますが、味はほとんどかわりません。
9尾分を作るのに、掛かったお金は8000円くらいかな・・

完成したカラスミを買えば、その何倍にはなるでしょう。

取り寄せの醍醐味(楽しみ)はこうしたマニアックな素材にあるのは間違いないです。
手間や時間を惜しむと、こうした職人系の料理は失敗しますが、
逆に手間を掛ければ、間違いなく、素材が美味しさを答えてくれます。

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ |

本日は南三陸町歌津港浜の阿部力さんの定置網の、

網入れ替えに行って参りました。

早朝はまず網を上げて、

早速なんですが、朝ご飯を頂きました(^ε^)♪

が、

食卓に並んだイカキムチに感動!思わずシャッターを切りました。

名前は至ってシンプルなんですが、何故か美味い。

素材が良いのは分かってますが、どうやら隠し味に蜂蜜を入れてるそうです。

キムチに蜂蜜って・・・勉強不足でした。

でも、ご飯のおかわりはしっかりと(笑)

話を戻しますが、港浜は南三陸では数少ない定置網漁を行っている浜です。

因みに定置網は読んで字の如く、決まった場所に網を仕掛けています。

通常網は入れたままですが、2週間位経つと黒くなり汚れてしまうので、

定期的に入れ替えて綺麗に洗います。

これが恐ろしく手間でした。

網を上げるにも下ろすにも、如何せん重量が半端じゃありません。

こう言ってはなんですが、阿部夫妻、息子さんの3人より私は若く、

一番活力に溢れていて然るべきなのですが、何故か一番先に弱ってました( ̄Д ̄;;

さらに漁師さんの凄いところは、力や要領だけでなく、手先が非常に器用です。

いや、要領なのかもしれませんが、分厚い手袋をしたまま細いロープや太いロープを

縛ったりほどいたり、簡単にほどけるのにほどけない。

手をみせてもらうと、厳寒期に海水に触れているせいかとても分厚い皮膚です。

一朝一夕で漁師にはなれないという結論に至りました。当たり前か・・・

ついでに、先日阿部さんに頂いたマトウダイの煮漬け

マトウダイと言っても三陸で獲れるものではなく、

お知り合いがトロール船でハワイ沖まで獲りに行ったものです。

半身で1.5kg以上はあったと思いますが、男2人でペロリでした。

きっと私の料理の腕が・・・いや、素材の力です!

(by 三陸魂)

カテゴリー: 02スタッフ日誌, 13三陸便り |

1.3kgの飛騨牛のうちももです。
今回用意したのは、1.3kgの飛騨牛のうちももです。

ローストビーフが美味しいか否か?肉選びで7割は決まると思います。

脂があるのが良いのか?柔らかいことがどれほど重要か?
味の濃厚さはどれくらいか?合わせるお酒は?
何人で食べるのか?予算は?

色々な要素はありますが、そもそも、十分に飼育した素性のしっかりした牛肉であれば、美味しくならない理由がないです。

※自分で決められないのであれば、当社のカスタマーサポートに聞いてください。
大きな肉も特注できます。

ローストビーフ調理のポイントは

1.分量どうでもよいので、要らない野菜くず(もちろん、くずでなくてもOK)でマリネすること。

ニンジンの皮、玉ねぎの端、葱の緑の部分、パセリの軸、にんにくなどに
月桂樹の葉っぱにオリーブオイルにコショウ、ほんの少しのワインをしっかりした
袋に入れ、肉を入れて満遍なく混ぜます。
※ここでは塩をしません。固くなってしまいます。時間は最低でも6時間、できれば2昼夜でも。

先ずはフライパンか中華鍋で表面にきっちり焼き目を入れます。
2.肉を焼く前に室温に戻すこと。

3.いきなりオーブンではなく、先ずはフライパンか中華鍋で表面にきっちり焼き目を入れます。
ここで塩をしっかりして、コショウも満遍なくします。

4.250度くらいにオーブンを余熱して、マリネ野菜をオーブン皿に半分ひき、焼き目をつけた肉を乗せて、さらに上にマリネ野菜を置きます。



5.これだけ大きいとオーブンで30分、500gなら20分くらいですが、

※脂が多い肉は短時間で焼け、脂がすくないもも肉は時間が掛ることがポイント!
※もちろん、どのくらいの焼き具合が好きかで、自分の技を会得してください。オーブンの癖もあります。

肉がひと肌くらいに冷めたら食べ頃です。
6.時間がきたら加熱を止め、肉を入れたままでオーブンのドアを半開きにして、余熱で静かに熱をいれ、肉を落ち着かせます。

7.肉がひと肌くらいに冷めたら食べ頃です。

(番外)オーブン皿の焼け残ったマリネ野菜と肉汁でグレービーソースを作れば完璧です。




(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ |

干し柿は本当に不思議な食べ物です。
渋~い柿。それも罰ゲーム級の渋さ。
それを干すと・・・不思議と甘くなります。

その不思議な理由は、お茶などに含まれるタンニンと言う物質。
これが干すと、水に溶けなくなるため、干し柿は渋みを感じられなくなるそうな。

300年以上前から脈々と続く、山形を代表する「干し柿」
『蔵王つるし柿』が、限定10箱ですが、うまいもんドットコムに登場しました。

作り方はあの「あんぽ柿」と似ており、硫黄を用いて棚持ちを良くしております。

上品さが溢れる味。襟元を正さなければならない格式高い茶会で出てくるお茶受けのような味。
食べ応えのある大粒果をご用意致しました。
「蔵王つるし柿」
300年以上の間、培われた味わいを是非ともお楽しみ下さい。

(by 食文化スタッフ)

カテゴリー: 09新商品情報 |