月別アーカイブ: 2月 2012

━2月29日配信━━━━━━━━

うまいもんドットコム 萩原章史 一押し!3匹で合計1kg以上 3,500円

津波被害で漁船の数が激減したので、三陸の蟹かご漁の水揚げも激減しました。

以前は、都内でもよく見かけた三陸の毛蟹ですが、今シーズンはほとんど見かけ
ません。当社は社員2名が気仙沼に常駐していますので、港から直送できます。

 ☆ 三陸の目の前の海で水揚げされるから、蟹の鮮度は抜群!☆

ロシヤ産などとは違って、漁の場所が近いので、毛蟹の品質はなかなかのもの
です。ただ、サイズ的には大きくても350g級なので、北海道の毛蟹よりも、
ちょっと小ぶりです。

 3匹で合計1kg以上、1匹は350g前後という感じです。
 ※活きた毛蟹を送る為、途中で水を吐き、軽くなりますので、ご了承下さい。
 
 少々小ぶりですが、毛蟹は可食部が多いので、一匹(当然、蟹味噌も堪能でき
 ます)を丁寧に食べると、かなり満足感あります。

 今回は獲れたて毛蟹を活でお送りしますので、茹でたて熱々を堪能できます。

 
 ☆ 茹で方 ☆

 蟹味噌がこぼれないように、毛ガニはお腹を上にしてゆでます。
 海水程度の塩分の塩水を用意し、加熱前にそのまま蟹を入れます。
 フタをして強火で加熱し、沸騰したら弱火にして約15分茹でます。
 
 熱々の蟹の汁をしゃぶるように頂くのは、大変美味しいものです。
 ※茹でた毛蟹は水洗して、冷蔵庫で保管すれば、3日ほど美味しく頂けます。
  
 三陸の毛蟹はこちらから
 
 ⇒ http://bit.ly/wEtvMf

———————————————————————–

★三陸の海の幸は他にも色々あります★

 メカジキのハモニカは絶品です!

 ⇒ http://bit.ly/sfpJpF

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★初代いぶりんピック優勝!高橋さんのいぶりがっこ★

 ⇒ http://bit.ly/yoGEZf

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(by 食文化スタッフ)

カテゴリー: 11メルマガダイジェスト |

三寒四温を経てやってくる春の足音。

昨日の東京は、冷たい風が強く吹き荒び、夜半にかけて強く冷え込みました。
一体、今何寒目であろうか・・待ち遠しい春の季節。

一足先に、春を味覚で味わう。そんな新商品が登場です。

桜のロールケーキはコチラから

期間限定の春色に染まる味わい。是非先取りを。

明日の東京は雪予報らしいですが・・

(by 食文化スタッフ)

カテゴリー: 09新商品情報 |

昨日、一昨日と天候は大荒れ。もちろん波も高く、志津川市場のセリは寂しい状態になりました。

メカブ数袋とマコガレイ、エイとタコが数枚という入荷です。


ワカメ最盛期になると、刺し網や定置網などの漁師さんはワカメに集中するため、一般魚類は少ないのは当然ですが、これは中々きびしい・・・

因みに、スーパーなど量販店で並べられるパック詰めのメカブはこの状態からスタートです。

南三陸や気仙沼など産地の場合は、この状態でも小売店に並びますが、やはり刻むのが大分手間です。
私も自分で刻みましたが結構な時間が掛かりました。
これは加工業者さんに感謝したくなりますが、その代わり、贅沢にどんぶり一杯のメカブを堪能できます。

さて、セリもあっという間に終了してしまったので、折角なので港浜の阿部さん宅へ。

いつもタイミング次第で食事をご馳走になってしまうので、今回は少し遅く朝の8時に伺いました。

ところが・・・調度ご飯をよそってる・・・

「あ・・・出直してきま・・・」

もう手遅れです。
気付いた時にはお箸を持たされ

「いただきます!」

今日は土曜日なので遅めの朝食でした。

申し訳ないと思ってはいますが、せっかく美味しそうなので写真をパシャリ
本日は天然の真鱒とタラの汁です。

朝から白子とは、さすが漁師さんと思いながらも、久々の白子に喜びを感じます。

鱒はこれから漁期になりますが、脂がのっていて美味しい!

脂ののりが良いのに、嫌味が全くない良質な脂です。

こんな朝食を家族で食べられたら、毎日を幸せに過ごせると思います。

(by 三陸魂)

カテゴリー: 02スタッフ日誌, 13三陸便り |

先日、石巻市にあるマリンプロ㈱さんへ、お伺いいたしました。

今回も三陸の商品を全国販売するための打ち合わせです。

そこで、以前よりご提案頂いたのが、

『おたすけ箱』です。

※中身の説明です。

おたすけ箱の特徴
●東日本大震災で被災した宮城県石巻市の実体験から生まれたメニュー。
●突然の災害に備え、この箱があれば1人3日分の食料品と衛生用品が入っています。
●外装箱が簡易トイレとして使用できる緊急時対応ボックス。
●自宅や車内、指定避難場所、職場や公共施設などへの備蓄をお勧めいたします。
●常温で保存ができ、そのまま食べられます。食品・飲料水はすべて賞味期限5年間。

この内容は、現実に震災を目のあたりにし、経験した人達が考え作りました。

被災時の生々しい体験談をお聞きしましたが、その時非常に勉強になった点。

それは、被災直後に食事があっても体の不自由な方やご年配の方は、率先して食事をとらなかった様です。

理由は、トイレに行けないから。

それがもとに病気になってしまった方や、心筋梗塞になってしまった方もいるそうです。

それをどうにか改善したい!そんな現場を見てきた人達が作ったのが、この「おたすけ箱」なのです。

これは、中身を全て取り出し、袋を被せれば、トイレになります。

こういう発想は、被災をした人達だからこそ生まれるアイディアなんでしょう。

担当者の方曰く、「お陰様で、多くのメディアの方が取り上げてくださり、公共施設等からご注文を頂いている」との事です。

㈱食文化でも、近々取り扱いさせて頂く方向で話を進めています。

(by 三陸魂)

カテゴリー: 02スタッフ日誌, 13三陸便り |

何とも武骨な佇まい。
写真に納まると、まるで静物画のように得体の知れぬ存在感を醸し出します。

「彩りも料理の内」

その思想に逆行するかのようなパッケージ。

反対に考えると、見た目に頼らずとも価値が生まれる。

老舗の気骨がここに詰まります。

老舗高級料亭古串屋特製ポン酢

コチラから

(by 食文化スタッフ)

カテゴリー: 09新商品情報 |

最近は、三陸ある企業さんと話をする機会が増えました。

その中でも先日、宮城県の気仙沼市で陶芸家として活躍されている「高前田乾隆窯(けんりゅうがま)」の「斎藤乾一(けんいち)さん」にお会い致しました。

斎藤さんの陶芸品のもととなる土は地場の土を使用しているようです。

3月に窯に火を入れ作品作りに入るようなので、その時に見学させて頂けるようです!

今から楽しみです!

お土産に、お猪口を頂いたのですが、直ぐに使用せず、一日水に漬けておく様に言われました。

中に細かな空洞があり、そこに水以外の液体を入れるのはあまりよくないらしいので、水に漬けました。
びっくりしたのが、小さな水泡がプクプク出てきました!
これから使用していくうちに味が出てくるんだろうな~と思い、それも楽しみです!

それで、このお猪口で飲むのが、㈱食文化と取引のある、気仙沼の男山本店さんの日本酒。

ご存知の方も多いと思いますが、男山本店さんの建物は津波で流され、つぶれてしまいました。

蔵までは津波もギリギリ届かなかったようで、なんとか日本酒の製造は出来ています。


※こちらは依然取材をさせて頂いた時の画像です

もう一つ、気仙沼には男山本店さん以外に有名な角星さんという日本酒メーカーさんがあります。

その角星さんの日本酒と、男山本店さんの日本酒で作ったケーキを見つけました!


このケーキを製造しているのが、気仙沼にあるお菓子屋さん、「おかしの花子」さんです。

花子さんへ、たまたま仕事の打ち合わせでお伺いした時に、このケーキも見つけました。

花子さんの所で食べたロールケーキも美味しかったのです!

今夜は、気仙沼のお猪口と、地酒と地ケーキで楽しみます♪

(by 三陸魂)

カテゴリー: 02スタッフ日誌, 13三陸便り |

━2月24日配信━━━━━━━━

うまいもんドットコム 萩原章史 一押し!猪肉は10日以上の熟成を経て濃厚な美味に!

☆ 38ヵ月間がどんなに長いか?イベリコ豚の2~3倍。国産豚の5~8倍です!☆
 
黒毛和牛ですら30ヶ月前後。この猪は本当に長い時間を掛けてじっくり育ちます。
一般的な理解ですが、肉は時間を掛けてじっくりと飼育すると味が濃厚になります。

 飼育の場合、猪はデリケートで大きく育たない個体も多く、ここまでになるのは、
 極めて限られます。

 また、野生の場合は狩猟時の処理が悪く、肉質に問題が出ることも多々あります。

 阿部さんの場合は、一頭一頭を丁寧に育て、食肉処理もするので、
 極めて上質な猪の肉を楽しめます。

 内臓もとても美味ですが、やはり、鍋とステーキがおすすめです。

 上質な阿部さんに猪を食べて『臭い』という方は皆無です。

濃厚な赤身と甘みがある脂のコンビネーションは、一緒に料理する野菜をとても美味に
してくれます。ぼたん鍋 是非、お召し上がりください。

阿部さんが、丹波篠山から導入した猪の飼育を始めて24年!まさに苦節の歴史。

          詳しいご紹介はこちらから↓

               http://bit.ly/yebOVS

——————————————————————————

お雛祭りも近くなりました。ちょっと気の利いたひな祭りの贈り物はこちらをどうぞ。
立雛菓子(たちひな)や、村田さんのいちごなどなど、お奨めです。

   ⇒ http://bit.ly/ynDmN3

雛祭りにかこつけて、成人した娘さんや奥様と一緒にテーブルを囲んで、
酒と肴で、会話を楽しんで過ごすのもよいです。今年の3月3日は土曜日なので、
ゆっくりと、よい時間が過ごせそうです。

   ⇒ http://bit.ly/wrm86B

旬の山菜がたっぷり8種入った「春の息吹セット」、食卓がにぎやかになると思います。

   ⇒ http://bit.ly/ABs1cZ

築地から直送の魚貝を使って寿司パーティもお勧めです。

   ⇒ http://bit.ly/xEBsA2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(by 食文化スタッフ)

カテゴリー: 11メルマガダイジェスト |

「築地市場のものは一級品」

プロの間でこう言われているのは、日本最大の取扱高を誇る築地市場ならでは。

数多くの荷の中から、一級品を競り落とす。
それは目利き人のなせる技とも言えましょう。

うまいもんドットコムが全幅の信頼を置く目利き人が選んだ一級品。
「その辺では売ってない」品々。新登場です!

目利き人が選んだ今回の一級品はコチラから

その中でも、コチラ。

この黒光りする、えもするとグロイカタマリ・・・これは一体なんでしょう?

これは「ホテイウオ」と言って、布袋様のような姿からその名がつきました。
別名「ごっこ」で、北海道の郷土料理「ごっこ汁」の素材として扱われます。

黒光りするのはゼラチン質で、「あんこう」に肉質が似ております。

本日の築地市場は春模様ですが、夜になりますとまだまだ寒い・・・
欠かせないお鍋の素材として、十分に楽しめます。

築地市場ならではの豪快技、まるごと1匹お送り致します。
腕に自信のある方は、捌く楽しみも味わえます。お勧めです。

ホテイウオはコチラから!

・・・蛇足

ちなみにこのホテイウオ・・・

非常に顔が可愛い。思わず書いてしまいました。
こんな顔しています。(ちょっと違うか・・)

お腹に吸盤がついており、海流に立ち向かうそうです。

(by 食文化スタッフ)

カテゴリー: 09新商品情報 |

━2月23日配信━━━━━━━━

うまいもんドットコム 萩原章史 一押し!築地市場から寿司屋の酒肴的メニュー

美味しい魚の〆ものはデパ地下とかでも売っていないものです。〆過ぎて真っ白
な鯖や小肌はありますが、酒肴になるようなレベルの上物はないものです。

 今回の企画は寿司屋のカウンターで『握りの前につまみを一品二品』

 のイメージです。何種類も入っていますが、個々に冷凍してあるので、
 食べたい酒肴を少しずつ何度も楽しめます。

 元の素材は築地市場で目利きした極上品です。加工には昆布と塩と酢しか
 使っていません。

 食べたらわかりますが、素材の味が活きたシンプルだけど、奥深い味です。

  
 〆物は小肌(こはだ)・鱚(きす)・細魚(さより)

 焼物はやなぎがれいとキンキ

 蒸し物は鮑(あわび)です。

 セットは3種類ご用意致しました。日持ちするので、お好みのものをお選び
 下さい。もちろん、〆ものと鮑は寿司ネタとしても最高です。

寿司屋のつまみ 極上セット(高級魚5種と蒸し鮑1個入り)
 ⇒ http://bit.ly/yoqEQT

寿司屋のつまみ 極上セット(高級魚3種と蒸し鮑1個入り)
 ⇒ http://bit.ly/zLt5UO

寿司屋のつまみ 極上セット(高級魚3種入り)
 ⇒ http://bit.ly/xfVydj

———————————————————————

続きまして・・・

最近は漁獲量が減少し、滅多にお目見えしない本ミル貝をご紹介します。
貝のなかでも最高級品です。

寿司屋では水管だけが寿司ねたとして利用されますが、
これが、職人がひと手間かけると、1貫あたり数千円前後になります。

先にご紹介した酒肴セットとあわせれば、
寿司屋に負けないくらい、本格的な寿司パーティができます。

寿司屋は水管以外は、ほぼ捨ててしまいますが
水管以外の部分もバター焼き、煮つけ、みそ汁に入れるなどして食べられ、
なかなか美味。

酒の肴にも最高です。

 ⇒ http://bit.ly/yWRBiu

他にも磯つぶ貝、白貝など旬の貝を取り揃えました。

 ⇒ http://bit.ly/xEBsA2

———————————————————————

そして最後に、

仲卸いちおし 旬の「まつも」をご紹介します。

寿司パーティの最後は、ほっとできる味噌汁でかざってください。
そこに浮かんでいるのが、このまつも。
海藻の味わいが、広がります。

たっぷりあるので、色々に楽しめます。
さっと湯がいて、酢の物やたたいて生姜醤油でいただいても美味。

やっぱり酒の肴にもってこいです。

 ⇒ http://bit.ly/zUzad1

他にも築地の水産の仲卸からお届けする商品が盛り沢山です。
ごっこは、漁師風にぶったぎって、ごっこ汁にしてお楽しみください。
あんこうに負けず劣らず、美味です。

 ⇒ http://bit.ly/xEBsA2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(by 食文化スタッフ)

カテゴリー: 11メルマガダイジェスト |

宮川早生(みかん)×(トロビタ)オレンジ

この掛け合わせによって、和製オレンジの代表作、「清見タンゴール」が生まれました。
多汁ですっきりとした味わい。人気になるのもうなづける内容。

この「清見」に、よりオレンジの爽快さを加えたのが、新商品

プリンス清見です。

清見タンゴールにさらにオレンジを掛け合わせ、爽快さを増させた味。

一般で見かける事の無い、和製オレンジの極み。
是非ともお味わいください!コチラから!

(by 食文化スタッフ)

カテゴリー: 09新商品情報 |