月別アーカイブ: 12月 2012

みかん、りんご(紅玉)、キウイ、トマト、パプリカ(2色)、キャベツ、ロケット草、
パセリ、ミント、金ゴマ、バルサミコ酢、キャベツをたっぷりで今年の締めです。
ちょっと重めになってしまいましたが、味はまずまずです。



バイタミックス(Vitamix)特集ページはコチラから!
築地市場のフルーツ&野菜はコチラから!

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ, 19ハイパワー!バイタミックス生活 |



全部で9本研ぎましたが、これは20年ほど愛用している、
日本橋木屋のコスミック團十郎です。
よく切れるだけでなく、切れ味が長持ちします。
さらに錆びにくく、男の一本におすすめです。

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ | タグ:

今年一年の感謝をこめて、とびっきり美味しいものを神様に召し上がってもらいまし
た。

「魚政の松葉かに・せこ蟹」はコチラ!

「うまいもんドットコムで蟹を楽しむ!」コチラ!

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ | タグ:

私がとても好きな肉の塊が飛騨牛の内モモ芯です。
この塊が約1kgです。

赤身ですが、細かく絶妙に脂がちりばめた感じで、非常に美味しいです。

焼き方はローストチキンとほとんど同じです。
事前にマリネして、焼く時に強めの塩と胡椒をするだけです。

チキンはオーブンに直入れでも良いですが、
牛肉の場合は、強火で表面を焼き固めてから、オーブンに入れるのが
ポイントです。肉汁が外にでないようにする為です。

シンプルでグレービーソースもあいますが、私はハラペーニョの醤油漬け
を乗せて食べるのが好きです。
芥子醤油もよくあいます。
一人で250~300gはいけちゃいます。

あまり火を通しすぎない方が自宅の場合は美味しいです。
お店はどうしても、きっちり火を通すので、レアな仕上がりは
自宅ならではです。

本当は○っけで美味しい肉です(苦笑)

また、ローストチキンもローストビーフも半分残っています・・(苦笑)
タコスかな・・・

とても、美味しいです!

古里精肉店 飛騨牛 年末お届け
コチラ!

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ |

この歳になると、勢いでクリスマスケーキを買おうとは思いません。
食べて美味しいこと。量が多くないこと。

そして、身体に良さそうなこと。

今年はポタジエのケーキにしました。

potager-mall(ポタジエモール)http://www.potager-mall.com

うまいもんドットコム冬ギフト特集もご覧下さい。

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ |

オーブンさえあれば、実はとても簡単なのがローストチキンです。
焼く半日前にはマリネをします。
マリネと言っても、難しいことはなにもないです。

葱のいらない部分、玉ねぎの端、ニンジンの皮、セロリの葉、
月桂樹、にんにくの輪切り、あとはコショウたっぷり、
オリーブオイルとワイン、レモンの輪切りがあれば、それも。
分量も中身も適当で、無いものは入れなくて良いですが、
ニンジン・玉ねぎ・にんにく・月桂樹は必須です。

ただ、ここで塩を入れないことです。
塩が入ると肉が固くなるだけでなく、しょっぱくなれば、
取り返しがつかないです。

丸どりを洗って、よくペーパータオルなどで水をふき取ります。
おなかの中もよく洗うのがポイントです。

大きなビニール袋に鶏を入れて、マリネの素材をお腹の中に
詰め、周りにも入れて、空気を抜いて、しっかりと口を絞ります。
冷蔵庫に入れ、馴染ませますが、できれば、途中で上下を入れ替えると良いです。

焼く3時間前には室温に出しておきます。

焼く前にマリネ素材を取り、塩をお腹の中と皮目に多めにします。
コショウも振ります。

あとは、お持ちのオーブンに合わせて焼くだけです。
マリネ素材も一緒に焼きます。
美味しく作るコツは、上質な鶏を用意すること。
焼きすぎないこと。
オーブンの中に入れておくだけで、
最後はけっこう、火が余熱で通ります。

私は食べきれない分で、サンドイッチやタコスをするのも好きです。
骨からは美味しいスープも取れます。

サイズの大きな上質な鶏は骨からも良い味がでます。
結局、安いブロイラーの若鳥はどんなに頑張っても、
調味料の味でしか味をつけられないので、限界があります。


(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ |

大きなメスです。
時期的にどうかと思いましたが、そこそこ内子も入っています。
卵が未熟な分、身はじつに充実しています。
真水で締めて、蒸しました。
かなり美味しい!
パスタも美味ですが、やっぱり、シンプルに食べるのが一番です。

 

 

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ |

今回で最後の試食会レポート!

突然ですが問題です。この魚は何でしょう?


顔を見ただけでわかる人はなかなかの魚ツウです。

正解は、、、
冬を代表する真鱈。


冷たい海に生息する真鱈は今が旬です!
見てくださいお腹パンパン!白子をたっぷり持った雄の真鱈です。
築地・藤田水産から仕入れましたが、藤田社長の仕入れ力は、やっぱり違います!

この4.6kgupサイズを丸々一本購入。

自分で捌こうとは中々思いませんが、弊社の萩原は違います。
自宅から持参のMy出刃包丁で、臆することなくテキパキと解体。

試食会と言えど妥協は一切ないです。
うまいもんを食すためにこれぐらいの労力なんのその。

見事な包丁捌きで白子、肝、切り身、エラなど部位別に分けます。

プリプリした身も美味ですが、
この時期の真鱈と言えば白子が絶品です。

下処理をきちんとすることで臭みがなくなります。

見てくださいこの鮮度!


これをさっと湯通しした状態で、ポン酢で頂きます。


見てくださいこの笑顔!


天ぷらにもしました。


最後はこぶ出汁でシンプルに水炊きで頂きました。
身とエラ、肝、白子など余すところなく投入。

オススメはブリプリの肝です。
普段購入できないので貴重部位。濃厚なこってり感がたまりません。
アン肝にも劣らぬ旨さです。さっと火を入れた程度で食しました。


いやぁうまかった
参加スタッフみなご満悦
鱈腹いただきました。

この真鱈、年明けには相場が安定するそうなので
商品化を検討中。こうして新商品は生まれていきます。
ぜひ食べてみたいという方は弊社サポートまでご連絡ください!

「築地・藤田水産の藤田社長が厳選」
商品チェック & ご購入はこちらから

(by 食文化スタッフ)

カテゴリー: 02スタッフ日誌, 08とことん試食, 09新商品情報 |

dancyu酒肴おせち』に引き続き、
今回の試食会レポートは弊社イチオシ!の『気仙沼ねぎま鍋』です。

まずは鍋の下ごしらえ。弊社代表の萩原章史が自ら腕をふるいます。


脂ののったメカジキの身を豪快にさばきます。


気仙沼のメカジキと宮城県の伝統野菜「曲がり葱」
を鰹節で出汁をとって、日本酒と醤油のシンプルな味付けの鍋にします。


メカジキは写真ほどの大きさの大き目の一口大に切ると、
口にいれたときの満足感が格別です。


冬の気仙沼のメカジキは癖もなく脂がのっているため、
鍋で煮込んでいるとメカジキの脂が染み出てきます。
柔らかさと甘味のある曲がり葱と充分に脂ののったメカジキの相性は抜群。


これをそのまま食べても、充分美味しいのですが、
これに挽きたての黒胡椒をかけて食べました!
意外な組み合わせではありますが、かけるとさらにおいしい。
相性がよく、それぞれの食材の旨みをさらに引き立ててくれます。
萩原も、町田編集部長も、すっかりご満悦の様子。


『気仙沼ねぎま鍋』の最後のお楽しみは〆。
炊き立てのご飯にアツアツの汁をかけて「汁かけご飯」にしました。
勿論これにも、挽きたての黒胡椒をお忘れなく!
メカジキから染み出た脂と曲がり葱の風味で、何杯でも食べられます。


記事を書いて、ねぎま鍋を想像しておなかが空いてきました。
体が温まる『気仙沼ねぎま鍋』は年末年始にぴったりです。
ぜひ、お試しください!

「気仙沼のメカジキと仙台曲がり葱の絶品ねぎま鍋」
商品チェック & ご購入はこちらから

(by 食文化スタッフ)

カテゴリー: 02スタッフ日誌, 08とことん試食, 09新商品情報 | タグ:

これはうまい!としか言えないです。
今回のトロロ芋はつくね芋ですが、自然薯でも負けないほどです。
流石!大間の本マグロ 特に赤身は絶品です。

「大間の本マグロ」コーナーはこちら!から

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ |