月別アーカイブ: 10月 2013

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
蕃茘枝(バンレイシ)とチェリモヤの掛け合わせで開発された果実です。
栽培が難しく、いわゆる幻のフルーツというところです。

日本の農家はすごいです。フロリダで開発されたフルーツを三重県で作るのですから。

非常に甘く、食感はアイスクリームと梨を足したような、
追熟した洋梨的な感じです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スプーンすくって食べるのが一般的ですが、この三重県のアテモヤは立派なので、
皮をむいて、食べると良いです。

かなり、リッチな満足度です!

・季節のフルーツ&野菜は→こちら

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ |

これだけ(砂肝100g)(ハツと肝で200g)の名古屋コーチンの内臓を
デパ地下で買って、1000円ちょっとです。
yakitori1

 

全部で11本(ハツ2本、砂肝4本、レバー5本)の焼鳥になりました。
手間と串代はありますが、それでも1本100円くらいです。

先日は飛騨地鶏の内臓を買って、同じように焼鳥にしました。
簡単で値打ちあります。

今回はガスですが、炭火で焼けば、下手な店より、ずっと美味しいです。
串打もなれてくると、いい感じにできるようになります。

家で焼鳥!楽しいです。

yakitori2

 

食文化の鶏特集はこちらから!

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ |

味の加久の屋の究極品です。

八戸沖北緯40度付近で獲れた旬の鯖。
sabakan1

 

それも、600g以上の大きなさばの太い部分だけを
使って、一尾一尾を丁寧に手詰めして作っています。

もちろん、鮮度も抜群のものを使っています。

ある意味、生のさばよりも、はるかに高価です。

皮が美しく、身も美しいのは当然ですが、
味も素晴らしく、洗練された鯖缶と言えます。

私はキャベツの千切りの上に、缶詰の水分ごと乗せて、
まぜまぜして頂くのが好きです。
sabakan2

 

ついつい、マヨネーズに頼りたい食材ですが、
この缶詰は醤油ちょい付けで十分に美味しいです。

ご飯がすすんで止まらないです。

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ |

私が作る豚しゃぶはシンプルです。

昆布だしに日本酒を入れて火にかけ、アルコールを飛ばし、
そこに大量の葱とキャベツを入れ、くたくたになるまで煮ます。

葱とキャベツが柔らかになったところで、ニラを投入し、
今回の梅山豚や東京Xのような、うまみのある豚をしゃぶしゃぶして、
野菜と一緒に塩こしょうで頂きます。

(呑水の中に塩とコショウを入れてから、しゃぶしゃぶの汁で溶かすだけ)

残った汁で雑炊やうどんも絶品です。
butashabu

豚肉特集はこちらから!
鍋特集はこちらから!

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ |

tororo1
今回はつくね芋ですが、本当は自然薯の方が私の好みです。

摺ったつくね芋を薄める出汁ですが、今回は静岡流で味噌汁です。
私の実家では、鯖の味噌汁を作って、身もすりつぶして混ぜます。

今回は具無しの味噌汁ですが、やっぱり、鯖とか鮪とかが入った方が美味しいです。

まあ、市販の麺つゆで伸ばしても、それなりに美味しいですが・・

ご飯は米と押し麦を5:5です。

たっぷり九条葱と海苔で頂きます。
tororo2

何杯でも食べられるから、適当に『ごちそうさま』しないとです。

それに、何とも精がつく感じがして、たまに猛烈に食べたくなります(苦笑)

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ |

青森から立派なオス2尾とメス2尾が届きました。
mokuzugani1
珍しく、輪ゴムで脚を束ねているので、上海蟹同様に蒸し器で蒸しました。
上海蟹は蒸す時に紹興酒をかけますが、今回は日本酒をふりかけ、
蒸篭で20分蒸しました。
mokuzugani2
これがとてもうまい!
mokuzugani3
上海蟹的な味わいですが、もちろん、上海蟹とは違います。
濃厚な蟹味噌と内子は良いせん行ってます。

オスの脂がもう少し充実すれば、上海蟹に一矢を報えるくらいの味です。
mokuzugani4

大きな小川原湖産のもくず​がにはこちらから!

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ |

IMG_0012
うまいもんドットコム スタッフです。
先日、社内でBig Eventがありました。
それは、丹波の松茸と三田牛を食べる会!
1年に1度この季節に開催される、とても贅沢な会です。
丹波商店さんから届いた松茸と三田牛をすき焼きにしていただきます。

 

届いた松茸は立派です。箱を開けたときにあたり一面松茸の香りが広がりました。
IMG_0015

 

手からはみ出るほどの大きさの松茸で、持ったときにズシリと重みを感じます。
IMG_0016_2

 

三田牛も充分にサシが入っています。
IMG_0014

 

松茸は、届いたその日に調理をします。
すき焼きは、こちらを参考に作りました。

 

松茸は、掃除をして手で割きます。
IMG_0017_2

 

たっぷりの葱と春菊を入れて、溶き卵を絡めて、松茸と三田牛をいただきます。
IMG_0018_2

 

松茸の良い香りとシャキシャキとした歯ごたえが、ジューシーな三田牛と合って絶品でした。

10月までの販売となりますので、是非この機会にお楽しみください。
今ですと、丹波の黒枝豆1kgをおまけでお付けしてくださるそうです。

 

丹波摂津の松茸はこちらから!

(by 食文化スタッフ)

カテゴリー: 02スタッフ日誌 |

鰹は日本酒と醤油で一晩漬け、鯵は1時間ほど醤油だけで漬け、
ご飯を酢飯にして、胡麻と紫蘇の実を混ぜ、丼に盛り、漬けた魚を乗せるだけです。

私は海苔を手で持ち、その上に寿司飯を乗せ、魚を乗せて食べるが好きです。

食べ過ぎてしまうのが、難です。

tekone

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ |

pol1

上質なオリーブオイルにニンニクのみじん切りを入れ、
弱火にかけ、じっくりじっくりとニンニクに火を通します。

8割くらい火が通ったところへ、厚めにスライスした、
フレッシュポルチーニを投入し、オリーブオイルを足しながら、
いい感じにソテーします。

味付けは塩とコショウ

最後にイタリアンパセリのみじん切りを入れて軽く混ぜれば完成!

pol2

松茸ほどではないですが、フレッシュのポルチーニもなかなかのものです。

 

イタリア食材特集はこちら

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ |

マリネしたのが良い感じになりました。

バケットを焼いて、乗せるだけで、とても美味しいです。
papurika3

築地市場のフルーツ&野菜はコチラから!

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ |