月別アーカイブ: 6月 2014

稲軍鶏の内臓

稲軍鶏の手羽
紀ノ国屋さんで扱っている長野の鶏です。

数は少ないですが、手羽や内臓も手に入ります。
開店直後に行くと、この鶏以外にも、比内地鶏の内臓とか手羽などもあります。

自宅で炭火をおこして、熱々を食べるのですが、これが非常にうまいです。

比内地鶏・青森シャモロック・川俣シャモ・熊野地鶏・・・うまいもんの鶏肉は→こちら

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ |

P6182088
ゴマだれの冷やし中華 ハムはイベリコ豚のベジョータで作った試作品
このハム 薄味だけどとてもうまい!

P6212100
結構好きな、野菜たっぷりの味噌ラーメン この一杯にもやし1袋
葱1本、コーン3分の1、ホウレン草3束 野菜の総重量は450g

P6192093
おにぎり(鮭・タラコ・梅干し)
米は無農薬無化学肥料栽培のササニシキ
海苔はいつもの佐賀の一番摘みの破れ海苔
梅干しは自分の家で収穫した梅を自分で漬けたものです。
米がうまいから、おにぎりは何個でも食べられてしまいます・・

・秋田 由利本荘の須田さんたちのササニシキとあきたこまちは→こちら
・海苔問屋 赤羽商店のこだわり 初摘み佐賀の海苔は→こちら

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ |

トマト、河内晩柑、デラウエア、クイーンニーナ、リンゴ、ドライプルーン
小松菜、ニンジン、オクラ、葱、ゴーヤー、金ゴマ、松の実、クコ

黒酢、蜂蜜、コールドプレス製法のオリーブオイル
ローズマリー、ディル、ミント、紫蘇、イタリアンパセリ

それに、生のマカを5分の1ほど入れました。

かなり複雑な味ですが、美味しいです。
P6212101

→ 毎日続けるスムージー生活!バイタミックスマシーンはこちら
→ ジュースにぴったり、築地市場のプロが選んだ新鮮フルーツ&野菜はこちら

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 05ハイパワー!バイタミックス生活 |

岡永さんの枝豆(陽恵という品種)
まだ、少し早いですが試食しました。
岡永さんの枝豆(陽恵という品種)
いわゆる、茶豆風味のエダマメですが、茶豆のような強烈なインパクトは
なく、私のように緑豆系のエダマメが好きにな人間にはいい感じです。
程よい甘さが魅力です。

最近は何でも甘くすりゃ〜良いんだ!的な品種が多くて、
通好みの品種が少なくなっていますから、この品種は良いかもです。

・埼玉の岡永さんの葉付き枝豆は→こちらで販売開始しました!

・築地市場のおすすめ野菜&フルーツは→こちらです

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 09新商品情報 |

こんにちは。食文化スタッフの阿部です。

先日、第2回ワインの会が開催されました!!

第1回と同じく第2回も全7本をテイスティング。

今回のテーマはそれぞれ前回と同じブドウ品種で、
前回のフランスと今回の世界各国の物とを比較することです。

photo1

産地が違うと同じ品種でも、新しい印象を与えてくれます。

その中で前回との比較以上に印象的だったのは、
日本のぶどうから造られたワイン。

今回は先入観や予備知識を持たずに楽しもう! 

との意向から、あえて品種も産地も伏せられた状態でのテイスティングです。

とても興味深かったのは何も知らずに飲んだ日本産の赤白のワインに対して、
多くのスタッフが共通の親近感、何となく知っているかもと感じた点です。

これは日本人にしかわからない感覚なのでしょうか?

また日本のシャルドネの余韻は何となく、
日本酒を感じさせるものがありました。

今までの先入観からすると日本のワインは
ヨーロッパなどのワインと比べるとどうなのかな・・?
というのが正直なところでしたが、
今回、テイスティングした日本のワインは、
造り手のワイン造りに対る情熱を感じさせる素晴らしいワインでした。

日本のワインも負けてないですね!

photo2

毎回、新たな発見があるワインの会。
次回も楽しみです。

今回テイスティングしたワインはこちらです。

①ロバート・ヴァイル リースリング トラディション 2011
  リースリング  
  生産地  ドイツ

②クラウディ・ベイ 2013
  ソーヴィニヨン・ブラン 
  生産地 ニュージーランド

③グレイス キュヴェ三澤 2011
  シャルドネ
  生産地 日本 山梨 

④トルブレック ウッドカッターズ・シラーズ 2008
  シラーズ
  生産地 オーストラリア

⑤ドメーヌ・ドルーアン・オレゴン 2011
  ピノ・ノワール
  生産地 アメリカ オレゴン

⑥カ・マルカンダ マガーリ
  メルロー50% カベルネソーヴィニヨン25% カベルネフラン25%
  生産地 イタリア トスカーナ

⑦登美 
  カベルネソーヴィニヨン45% メルロー35% プティヴェルドー20%
  生産地 日本 山梨

→ うまいもんドットコムのお酒コーナーはこちら

(by 食文化スタッフ)

カテゴリー: 02スタッフ日誌 | タグ: ,

P6162077
大きなサザエはつぼ焼き

P6172081
刺身用のカマスは息子の朝ご飯の焼き魚

P6172085
かき揚げ用のむき浅蜊は深川飯

飯茶碗は前回も紹介した大倉陶園の白磁です。
ただの深川飯でも気品が感じられます。
器って大事です!

→ 旬の魚を食べたい!萩原の旬鮮美味紀行はこちら(築地から直送します)

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ |

毎度ありがとうございます。
うまいもんドットコム・酒類担当の小林です。

第3回目は6月21日、天気は曇り。

ぶどうの生育は前回の6月7日の開花の始まりから
2週間で一気に結実まで進んでいます。

前回は梅雨の入りで雨模様、花振るいも心配されましたが、
その後は東京と違ってまとまった雨もほとんどなく、大丈夫そうです。

6.2105
写真は甲州。
今は果実の肥大期。次回の作業日にどこまで大きくなるか楽しみです。

6.2109
こちらはソーヴィニヨン・ブラン。
同じ白ブドウでも、この時期から形も全く違います。

今日の作業は「雨除けシート張り」

といっても、上記のように実は小さく、雨にやられるとか病気がどうの、という時期ではありません。
梅雨対策のように聞こえるかもしれませんが、
それ以上に着色して熟していく時期に重なる台風対策の意味合いが強いそうです。

6.2102
誘引用のワイヤーの最下段にビニールシートを張り、クリップで留めていきます。
房ごとに傘をかけたり、逆に樹全体を屋根で覆ったりと、やり方、考え方は様々ですが、
この農場ではブドウの房がなる高さにシートを張り、その上の葉には太陽がたっぷり当たるこのやり方を採用します。
高品質化を目指すと共に、効率性も合わせて実現するバランスの良い方法です。

6.2110
このようにブドウの樹の列の左右を端から端までシートをかけます。
張りが甘いように見えるかもしれませんが、
今後も誘引作業があるので、ワイヤー高さや幅を調整できる余裕を持たせています。

次回は引き続きその「新梢誘引」と、「房周りの副梢取り」
作業日は6月29日です。

→ うまいもんドットコムのお酒コーナーはこちら

(by ㈱食文化 小林)

カテゴリー: 02スタッフ日誌, 06ヴィニュロン小林のブドウ栽培日誌 |

寿司ネタの残りの車えびとアボガドでサラダ
P6152071

キス、メゴチ、穴子は天ぷら
P6152072

寿司ネタの残りの鯵は一塩して置いておいたものを、息子の朝食の焼き魚
P6162074

鮮度が良い魚はきちんと下拵えして、チルド保存すれば、驚くほど日持ちします。

我が家は消費増税前に日立の真空チルド機能付きの冷蔵庫を買いましたが、
これが素晴らしい!
今回の魚も到着日の2日後でも、全然、臭いもしません。
恐るべし、真空チルド!

→ 旬の魚を食べたい!萩原の旬鮮美味紀行はこちら(築地から直送します)

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ |

週末のおまかせ刺身用の鮮魚セットと天ぷらセットが届きました。
天ぷらセットの車えびは茹でて寿司ネタにしました。

海老は茹でて

海老は茹でて


寿司ネタに

寿司ネタに

蝦蛄も茹でて

蝦蛄も茹でて


鯵は寿司。
鯵は寿司

鯵は寿司


刺身用のカマスは一塩して焼きました。
カマスは焼いて

カマスは焼いて

このカマスが超美味!息子がペロッと半身を食べてしまいました。

刺身用の鮮魚セットですから、焼き物にしようと、揚げ物にしようと、
何でもできます。刺身にあまり固執しない方が楽しめます。

→ 旬の魚を食べたい!萩原の旬鮮美味紀行はこちら(築地から直送します)

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ |
たっぷりスナックパインに・・・

たっぷりスナックパインに・・・

トマト、河内晩柑、スナックパイン、アボガド
キャベツ、松の実、クコ、金ゴマ、生アーモンド、ドライプルーン
黒酢、蜂蜜、コールドプレス製法のオリーブオイル
ローズマリー、ディル、ミント、紫蘇、イタリアンパセリ

乳酸菌×米糀から生まれた甘酒『白神ささら』

そして、酵素分解したマカがソース!

乳酸菌×米糀から生まれた甘酒『白神ささら』に、酵素分解したマカも

乳酸菌×米糀から生まれた甘酒『白神ささら』に、酵素分解したマカも

息子が『うまっ!』と叫んでいます。
酵素マカがぐっと来る様です。
スナックパインも良い味を出しています。飲みやすい!
マカパワーでサッカー応援!

→ 沖縄育ちのスナックパイン等、築地市場のプロが選んだフルーツ&野菜はこちら
→ 毎日続けるスムージー生活!バイタミックスマシーンはこちら

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 05ハイパワー!バイタミックス生活 |