月別アーカイブ: 2月 2015

P2264184
ふじの果肉部分は息子のデザートになる、リンゴと
プルーンの煮物素材で、皮と芯を紅玉と一緒にジュースにします。
P2264186
皮が多い分、ほんのりと赤味が強いリンゴジュースです。
あ~!これもうまい!

・ジュース作りにもどうぞ、旬のフルーツ&野菜は→こちら

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 18低速圧搾!スロージューサー生活 |

写真-5
出刃では切れないので、結局、ノコギリを使って骨を切り、
写真-1
昆布出汁でコトコト煮て、和風カレーに仕上げました。
脂の質が違います。コトコト煮ると軟骨も柔らかいので、
独特の味わいになります。
刺身で食べられるクオリティなので、さすがにうまいです。
脇口水産のマグロとカジキ 素晴らしい!です。
P2234166
付け合わせは畑のプチベール 摘みたてを茹でてマヨネーズ!
プチベールもうまい!

・脇口水産 那智勝浦のマグロは→こちらから

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ, 08とことん試食 |

最近、朝の蕎麦(温かい)が好きです。
コールドプレスジュースを飲むせいもあり、
温かい汁物が欲しくなります。
妻のお気に入りは京都の春菊をたっぷり入れて蕎麦
P2244169
私は青森の岩海苔をたっぷり乗せた蕎麦
写真-2
一昨日の夜、比内地鶏の水炊きをしたので、その残り汁で
仙台の曲がり葱を一本使った蕎麦も濃厚でうまかったです。
P2254177
良い素材からとった出汁は一滴たりとも無駄にしたくないです。
曲がり葱はものすごく甘い!

・朝食にもおすすめ!うまいもんの蕎麦は→こちらから
・たっぷり食べたい季節の野菜は→こちらから
・余すところなく食べ尽したい地鶏は→こちらから

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ |

P2234150
けっこう酸っぱいですが、『く~ぅ 効く!』というジュースです。
甘みと酸味とほのかな苦み 香川の久保さんの自信作の柑橘が良い味だしています。
P2234152
その後で、ふかうら雪人参、トマト、それに畑から採ってきた
セロリ、ロケット草、ディル、ミントで搾りました。
P2234158
これも五臓六腑に沁み渡る味です。
P2234159
搾りかすを見ても、色の強さがジュースの力を物語ります。

・ジュース作りにもどうぞ、旬のフルーツ&野菜は→こちら

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 18低速圧搾!スロージューサー生活 |

飛騨牛の古里さんから送られて来た濃厚な牛肉です。
シンプルにステーキです。
P2214148
赤身でしっかりした食感ですが、固すぎると言う事はないです。
うで三角をもぐもぐ、赤ワインぐびぐび

あ~良い感じ!

・古里精肉店の飛騨牛のラインナップは→こちらから
・うまいもんのおすすめワインは→こちらから

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 08とことん試食 |

写真-9
鰹の漬け丼です。
あさりの味噌汁に庭のふきのとうを刻んでいれ、
余分なおかずですが、大間の海水ウニと虎杖浜の生たらこです。

須田さんのササニシキですが、ご飯が美味しくてたまらない!
ワサビは勝浦の脇口さんの冷凍わさびですが、これがけっこう効く!

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ |

P2194109
一般的なジューサーやミキサーとは違い、
スロージューサーは搾った個々の素材ジュースが混じりません。
P2204125
もちろん、最後はかき混ぜて一緒になってしまいますが、
搾っている途中は別物として出てきます。
P2204126
それだけ空気に触れないので、酸化も押さえられるわけです。
コールドプレスジュースがうまいのは当然です。

・ジュース作りにもどうぞ、旬のフルーツ&野菜は→こちら

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 18低速圧搾!スロージューサー生活 |

P2194115
鹿児島の戸子田孝喜さんが筍を持って来られました。
P2194117
早速、下拵えしてびっくり!
輝いています。そして、米のとぎ汁で茹でる時に、浮いて来ないのです。
P2194120
味重視で地下茎との継ぎ目のところで切っているのも理由でしょうが、
やっぱり、筍の鮮度は含水量とも関係しているようです。
P2214147
若布と若竹煮にしましたが、ほろ苦さと甘みでとても美味しいです。
もちろん、ご飯も美味しい!
P2204131
あ~木の芽が欲しい!
まだ、わが家の山椒は芽すら出ていないです。
さすが、南国鹿児島です。
この時期にこんな立派な筍とは・・・

・戸子田さんの筍ほか、旬の野菜&フルーツは→こちら

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 08とことん試食 |

妻のお腹の具合が良くないので、今朝はコトコトとお粥を炊きました。
しっかり浸水した米を4倍の水加減で、土鍋を使って優しいお粥にします。
米が対流する感じでゆっくり火を入れると、米が花開いていきます。
P2214139
京都のおざきさんの酢茎とみぶな漬け、それに自家製の梅干し
シンプルだけで米のうまさが際立ちます。
今朝は須田さんのササニシキです。

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ |

秋田の大門さんから送ってきたデュロックの内臓で、
デリーのカラヒをつくりました。
P2214144
コリコリ、にちゃにちゃで、肉とご飯の相性は良くないですが、
ソースはうまみたっぷりで凄く美味しい!
古漬けのキュウリや人参や大根との相性も良い!
こういう内臓のカレーは間違いなくうまい!

・激辛カレー「カシミール」に「カラヒ」、デリーのカレーは→こちら

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ, 08とことん試食 |