月別アーカイブ: 3月 2015

P3284460
これは素晴らしいです。
生食と違って、種の部分を神経質に取り去る必要がないので、
一個の小ぶりのパインアップルから、たっぷりのジュースが搾れます。
P3284462
もちろん、芯もそのままです。
P3284463
缶や瓶では味わえない素晴らしいパインジュースです。

・いよいよ販売開始!萩原愛用のコールドプレスジューサー”クビンス”は→こちらから

・うまいもんドットコムおすすめの旬の野菜&フルーツは→こちらから

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 09新商品情報, 18低速圧搾!スロージューサー生活 |

ヤリイカをさばいて、一晩、ペーパータオルで巻いて、冷蔵庫で脱水します。
P3274451
軽く塩をして直火で焼いただけですが、これがうまい!
上品なうまさと甘さ これだけで本当に美味しいです。
ヤリイカは刺身か煮る料理が多いですが、こういうシンプルな焼きもありです。

シンプルと言えば、佐賀の一番摘みの破れ海苔と三つ葉と小松菜の蕎麦
木の芽をパンとして乗せただけですが、これも美味しいです。
P3274449
だんだん、手の込んだ料理よりもシンプルな素材勝負の料理が好きになるのは、
歳のせいかな・・

・季節のおすすめ魚貝は→こちらから

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ |

飛騨牛の古里さんの熟成イチボです。
イチボはランプよりもずっと脂が多いので、直火では焼くのは厳しいです。
分厚いグリルパンでじっくり焼きます。
P3274454
付け合わせはクレソンと焼いたニンニクと唐辛子の醤油漬けです。
P3274457
やっぱり、イチボは脂が強いかな。。。
でも、流石に古里さんの熟成肉です。切ってもほとんどドリップが出ない。
P3274458
2日間の止酒してましたので、お酒も格別にうまいです!

・うまいもんにはうまい酒、特集ページは→こちらから

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ |

P3264442
妻は朝からシンプルで美味しい具が乗った醤油ラーメンです。
化学調味料はもちろん使っていません。
佐賀の一番摘みの海苔、三陸の塩蔵わかめ、メンマ、鷹ヶ峯ねぎ、ホウレン草
あ~うまそう・・・
P3264445
息子はご飯に胡麻を掛け、
鯖の味噌煮と野菜たっぷり味噌汁です。
あ~うまそう!

私はこれから人間ドックに向かいます!

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ |

人間ドックが近いので、私は朝はコールドプレスジュースだけです。
妻に筍ご飯と味噌汁を作りました。
P3254429
一番出汁に日本酒と淡口醬油と塩で味付けして、少量の油揚げを細かく刻んで
筍と一緒に炊きます。おこげができるモードで炊くと、こげた部分の香ばしさが
何とも言えないです。
たっぷりの木の芽を添えて、これは絶対に美味しい。
P3254438
三つ葉山盛りの鍋焼きうどんも絶品です。
大根、白菜、人参、牛蒡、しめじ、葱、油揚げからの良い味が、
昆布と焼きあごと鰹節の二番出汁+追い昆布と追いイリコの出汁にしみ出し、
薄口醤油と日本酒と味醂少々の味付けでも、すっごく美味しい!
仕上げの山盛り三つ葉 それに卵
卵は止めれば良かったかな。。。

御馳走ではないですが、こういう旬の美味は圧倒的な力があります。
それにしても、日本の出汁は凄い!

・各地の筍など季節の野菜は→こちらから

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ |

間違いなく美味しいです。たっぷり大根と油揚げと白菜としめじ
更に、たっぷりの根深葱。くたっとなるまで煮込んでうどん投入!
少し煮込んでから、これでもかと鷹ヶ峯ねぎの緑の部分を投入
さらに生卵を真ん中に!
是非試して欲しい抜群のうまさです。
P3244425
これを食べたら、一般的な味噌煮込みうどんは物足りなくなります。
そもそも、野菜の使用量が半端ではないです。一人前で軽く350gという感じです。
P3244427
筍ご飯にはわが家の木の芽が!
木の芽が乗るだけで、筍ご飯が別物になるほど、木の芽の力はすごい!
日本人にしかわからない香りの美学です。

・冷凍庫に常備しておきたい、さぬき味噌煮込みうどんは→こちらから
・うまいもんドットコムおすすめの季節の野菜は→こちらから

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 03うまいもんレシピ |

P3254431
赤いパプリカ、人参、紅玉、金柑、山ほどのプチベール
パプリカ、人参までで味見をしたら、優等生の美味しさ。
そこに紅玉+金柑+プチベール。
P3254434
見た目は悪いですが、結構、効く~ぅ的な仕上がりです。

・いよいよ販売開始!萩原愛用のコールドプレスジューサー”Kuvings”は→こちらから
・うまいもんドットコムおすすめの旬の野菜&フルーツは→こちらから

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 18低速圧搾!スロージューサー生活 |

こんにちは、うまいもんドットコムの梶です。

今では都内の寿司職人のほとんどが使っていると言われている「横井醸造」のお酢。

うまいもんドットコムでは、プロ御用達の「赤酢」をご用意していますが、
本日は、もう一つの看板商品「真黒酢(まっくろず)」のご案内です。

日本で唯一“固体発酵法”で醸造される黒酢 東京 木場「横井醸造」

中国に2年ほど住んでいた萩原は、水餃子を黒酢で食べるのが大好きで、
日本ではうまい黒酢を見つけられないと思っていた矢先に出会ったのが
横井醸造の「真黒酢」です。

日本で流通している黒酢の多くは、薄く茶色がかっていて、酸味が際立った味わいが特徴的ですが、
横井醸造の「真黒酢」は全く違います。

色は商品名の通り真っ黒、濃厚な甘さとコクをあわせ持つ
非常にまろやかな味わいで、酢独特の刺激臭はありません。

豚の背脂がたっぷり絡み合った水餃子も
いとも簡単に消化させてしまうような不思議な調味料です。

その秘密は醸造法にあります。

日本で作られるお酢のほとんどが“液体発酵法”という
手間が少なく大量生産ができる方法で作られるのですが、

横井醸造は日本で唯一“固体発酵法”という醸造法を採用しています。

※“固体発酵法”について、詳しくは特集ページをご覧ください

全ての工程は手作業で、完成まで費やす期間は半年以上。

当然、大量には作れませんが、一般的な黒酢と比べても
約5倍のアミノ酸が含まれている究極の黒酢に仕上がります。

調味料としてはもちろん、1日20cc、水や牛乳で薄めて飲むのもおすすめです。

中国古来の醸造法で作られる黒酢のパワーが実感できます。

■日本で唯一“固体発酵法”で醸造される横井醸造の「真黒酢」は→こちらから

malemagazine11

(by ㈱食文化 梶)

カテゴリー: 02スタッフ日誌, 11メルマガダイジェスト |

P3244419
先ずは人参と紅玉をコールドプレスしてジュースがたまったところに、
伸び過ぎたプチベールのジュースが入ります。
P3244423
まるで絵の具を落としたような色味ですが、これを混ぜると意外に美味しい!
今朝の私の朝食です。

・ジュースにもおすすめの旬の野菜は→こちらから

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 18低速圧搾!スロージューサー生活 |

P3244417
今朝の妻の朝食は、京都の葱&春菊の熱々蕎麦です。
必ずしも京都産が何でも美味しいわけではないですが、
この2つの野菜は明らかに美味しいです。

・うまいもんドットコムおすすめの旬の野菜は→こちらから

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ |