日別アーカイブ: 2017年6月2日

こんにちは、うまいもんドットコムの梶です。

4月に東京・二子玉川で開催された日本最大のオリーブイベント
「OLIVE JAPAN 2017 国際オリーブオイルコンテスト」

世界21カ国から選りすぐりの611品がエントリーした審査会で、
香川県 瀬戸内オリーブのエキストラヴァージンオリーブオイルが金賞を受賞しました!

そこで今回は、6/30まで期間限定《15%OFF》
金賞受賞 記念キャンペーン
を開催します!

原料は、100%香川県産のオリーブ実。
それも、最も香り高く品種本来の味が活きる青摘みだけを厳選し、
24時間以内に搾油します。

搾油方法は、もちろん低温圧搾(コールドプレス)です。

昨シーズンは、梅雨明けから10月の収穫までに天候不順が続いたことから、
香川県のオリーブ農家にとっては苦労の年でしたが、
瀬戸内オリーブは、樹の状態を見極め、
徹底的に圃場を管理することで、世界に認められる品質に仕上げました。

他にも、うまいもんドットコムでは、瀬戸内オリーブが当社のためだけに作ってくれた
「無ろ過・生搾りオリーブオイル」もご用意しています。

まさに“どぶろく”状態の無ろ過 国産オリーブオイルは、
間違いなく他では手に入れられません。

搾油後、通常は50ミクロン⇒25ミクロン⇒3ミクロンとシートの細かさを変え3回ろ過を行うのですが、
このオリーブオイルは一度もその工程を踏まず、そのまま瓶詰めします。

搾りかすがオイル中に浮遊しているのはその証です。

濾過していない分、酸化もされていないので
極めてフレッシュな状態でお届けできます。

機能性成分がたっぷり詰まった搾りかすもまるごと摂取でき、
何よりも辛さ・苦みが強烈!

一般的なオイルのようなベタつく感じはなく、
口当たりが非常にさらっとしていて、なんとも滋味豊かな味わいです。

健康のためにスプーンでそのまま飲むのも良いですし、
萩赤身肉やサラダにかけるのもおすすめです。

コストを限りなく削減するため、無地の黒瓶でお届けします。

品種は、ミッションとルッカの2種類。
ぜひ飲み比べて、その違いも体験してください。

■6/30まで《15%OFF》
 OLIVE JAPAN 2017 国際オリーブオイルコンテスト 金賞受賞
 香川県 瀬戸内オリーブの「エキストラヴァージンオリーブオイル」は→こちら

★うまいもんドットコムの健康オイルシリーズ

■日本初上陸!加熱でオメガ3が酸化しないスーパーオイル
 「カメリナオイル」は→こちら

■徳川家康が愛した幻の高級油「榧の実油」は→こちら

■そのまま飲んでもコクがあって香り豊か
 「北海道産 西洋かぼちゃ種子油(パンプキンシードオイル)」は→こちら

■日本産ゴマの生油 非焙煎&無ろ過!
 鳥取県 西川農藝「生搾り ごま油」は→こちら

(by ㈱食文化 梶)

カテゴリー: 02スタッフ日誌, 12お知らせ | タグ: , ,

平安時代、源綱が源氏重代の名刀・髭切を操り、
京都の一条戻橋で鬼の腕を切り落としたことから、
この名刀が鬼切と呼ばれることになった伝承に由来します。

鬼切のペティナイフを鶏の骨付きモモ肉の関節部分に軽く刺すと、
『シャリッ』と微かな音を出し、白い軟骨は2つに割れました。

このシャリッがちょっと聞かない音

鬼の腕も切っちゃうからね(苦笑)

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ |

熟したグミを息子と収穫
ちょっと見た感じは2粒しか実っていない・・

毎年そうなんだけど、ちょうどグミの花が咲く頃に嵐が来て、
ほとんどの花は落ちてします・・
それにしても息子の寝癖がひどい・・

二番出汁を取り終わった羅臼昆布
畑に抄き込みます。
この昆布が良い土にしてくれるみたい・・

取った出汁を使い支那そば
たっぷりホウレン草
梅山豚のヒレチャーシューがやっぱりうまい!
青空を見ながらの朝ラー

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ |