月別アーカイブ: 9月 2017

一番出汁に大量の玉葱の薄切りを入れて、
日本酒と味醂を注ぎ、汁が減るまで煮込みます。
ここに溜まり醤油と濃い口醤油で味付けして、
卵(緑の一番星)を投入!
追っかけで三ッ葉投入!

麦ご飯の上に乗せ、
黒崎茶豆と畑の摘みたてキュウリを入れて完成!

結構な量だけど、完食してきた!

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 14息子のお弁当 |


基本、私の麺類は
野菜を食べる&美味しいスープや出汁を飲むが主たる目的です。

もちろん、麺そのものも好きですが、
食べきれない時は、麺を残します。

食べた時の感覚は体調のバロメーターにもなります。
例えば、「天かすを入れたいな・・」とか、
「生卵を入れちゃおうかな♫」は体調が良い時の感覚。

逆に「油揚げが重いな。。」とか、
「チャーシュー残そうかな・・」は体調がいまいちの感覚。

56歳も近くなると、だんだん揚げ物が厳しくなる・・

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ |

今日は北谷稲荷神社の秋の例大祭です。
神へ奉納するご馳走 すなわち、神饌


全部はご紹介できないですが、
その威厳はなかなかです。



同じ食材でも、神様に召し上がって頂くとなると、
ちょっと佇まいが違うから不思議です。

・おすすめ!緑の一番星 卵

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ |

しめじ、梅山豚のヒレ肉チャーシュー、白美人ねぎ
しらす、黒崎茶豆

これをグレープシードオイルで炒め、
ご飯を投入!

塩と少量のコショウ
それに日本酒と醤油とゴマ油で味付け

畑からキュウリを摘んできて、
アンパンマンチーズを入れて完成!
デザートはラズベリー

さて残さず食べてくるか・・

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 14息子のお弁当 |

京都の枝豆

本ちゃんの丹波黒を品種改良して早生にしたもの。
まあまあ美味しいかな・・

飛騨牛のウエットエイジングランプ
ご飯をニンニクバターで炒めて、たっぷり畑の穂紫蘇を入れて、
その上にグリルパンで焼いたステーキ

ちょっとだけ辛口割り下を温めて肉に塗って完成!
妻のリクエスト

甲斐路 1977年に登録されたブドウ品種ですが、
今でもかなりバリューある品種だと思います。
美味しい!

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ |


軍鶏の手羽先をじっくり焼いたもの
息子は焼き鳥と呼びます。

卵を上手に自分で割れるようになったので、
毎日、目玉焼きを所望します。

卵は緑の一番星ですが、やっぱりうまいようです。

シンプルなお粥も大好きです。

おかず無しでお粥を黙々と食べています。
かなり好き!

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ |

御神輿が出ます。
氏子さんたちの盛り上がりはなかなかのもの!
写真の場所はタワーレコード前

これから渋谷の街を練り歩き、
お宮に戻ってきます。

宮入はこんな激しい感じになります。
明日は皆さん、身体が痛いだろうな・・・

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ |

先ずは海苔弁みたく一段は海苔を敷き、
その上にご飯を乗せて

グリルパンで焼いた飛騨牛の熟成ランプを
寝かせてから切り分け、
甘くない割り下を少しだけつけて
ご飯の上に並べます。
畑から朝摘みキュウリ
トマトも切って完成!

「キュウリを食べてくるんだぞ!」と念押しして送り出し!

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 14息子のお弁当 |

息子がアンパンマンのチャーハン王子の回を視て、
「おとうさん ちゃーはん たべたい」
「ちゃっちゃっチャーハン♫ アチー!」と歌を歌ってます。

ということで、急遽、
海老・ホタテ・梅山豚ヒレ肉チャーシュー・緑の一番星(卵)
大量の白美人ねぎ、ニンニクとショウガで炒飯
日本酒と溜まり醤油と濃い口醬油と塩コショウ
ゴマ油で味付け

うまい!文句無しで絶品炒飯
息子はホタテと海老を出している・・・

まったく!駄目だな〜

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ |

息子は定番のご飯、味噌汁、納豆、しらす、海苔、牛乳
今日のご飯は麦飯
牛乳はお気に入りのガンジー牛乳

自分で海苔で麦飯を巻いて食べている・・
味噌汁はシメジと葱と油揚げと茄子

妻は鮭と梅干しのお結びと味噌汁
味噌汁は赤出汁で葱と茄子と茗荷

私は野菜500g仕様の味噌ラーメン
汗だくだ!

朝の台所は忙しい!

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ |