青被・赤被  オールドグラス

商品説明

明治44年創業の「江戸切子小林」。現在は三代目の小林淑郎さんと四代目を継ぐ昂平さんに亘り受け継がれています。

この商品は配達日指定が出来ません
配送 佐川急便

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 ×代引き

のし対応 メッセージ入れ対応

価格43,200円(税込)

販売中

今すぐ購入する

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • 商品画像はイメージです。
  • ■この商品は1つからご購入いただけます。ばら売りをご希望の方はお問合せ下さい。また、色の組合わせも変更できますのでご相談下さい。
    ■長くご愛用いただけるよう、小さな欠けであれば修理も承ります。
    ■江戸切子の商品は全て桐箱入りでお届け致します。

この商品へのお問い合わせはこちらから

店舗 小林硝子工芸所
商品番号 T3970-S0008
セット内容 江戸切子(オールドグラス)2つセット 桐箱入り 【直径7.4cm 高さ8.8cm】
原材料名 クリスタル
獲得ポイント ログインして確認
賞味期限
保存方法

江戸切子は江戸末期にはじまったカットガラスの伝統的工法です。 ガラスの表面に金盤や砥石を用いてさまざまな模様をカットする技法はヨーロッパから入り、江戸で独特の文化を築き、江戸切子となりました。 そして、一度も途絶えることなく現代に受け継がれています。

この商品の取扱い店舗

小林硝子工芸所この店舗の商品一覧

明治41年、小林菊一郎は東京都江東区猿江町で江戸切子を継承する大橋徳松に師事。これが江戸切子小林の始まりです。一般的に江戸切子は、「割り出し」、「粗摺り(あらずり)」と工程を進めますが、小林硝子工芸所の場合はこの間に「筋彫り」という一工程が入るのが特徴です。一品物を手がけることが多かった二代目が提唱した工程で、このことにより正確無比な江戸切子小林のカッティングが誕生しました。この精緻な仕事は、初代・菊一郎さんから英夫さん、そして現在は三代目の淑郎さんと四代目を継ぐ昂平さんに亘り受け継がれています。