圧倒的な品質の高さでマーケットの信頼を獲得する「春日居の桃」

『春日居の桃』 秀品 山梨県産 大玉6玉 約1.8kg 化粧箱

商品説明

業界でも一目置かれるギフト桃の最高峰『春日居の桃』です。
糖度・大きさ・色・形など全て光センサーで選別しており、毎年、圧倒的な品質の高さでマーケットの信頼を獲得した結果「日本一の桃は春日居」と呼ばれるようになりました。
味、重量感、見栄え全てにおいて別格の桃を是非、ご賞味ください。

例年の品種の移り変わりは以下の通りです。
※気温や天候により異なる事もございます。あくまで目安です。
品種をお選びする事はできませんので、ご了承ください。
○6月下旬〜7月上旬…日川白鳳・加納岩白桃 出荷予定
果肉が柔らかく多汁の桃です。なめらかな舌触りと芳醇な香り特徴で、早生の品種としては甘さも十分にあります。
○7月中旬〜8月上旬…白鳳・浅間白桃 出荷予定
春日居の主力品種です。果肉の硬さはちょうどよく、果汁も多め。糖度も7月上旬の桃と比べても高くなってきます。一般的に人気の高く贈り物にもよいでしょう。
○8月上旬〜8月下旬…川中島白桃 出荷予定
市場でも人気の1・2を争う春日居の主力品種です。果肉が硬くて高糖度な桃が好きな方にお勧め。2日程度常温に置けば柔らかくなります。
○8月下旬〜9月上旬…幸茜・さくら白桃 出荷予定
近年話題の晩生種。緻密な肉質で果肉が極めて硬い品種です。超大玉で果汁は少なめ、高糖度。日持ちもしますので、お供えものにもお使いいただけます。(入荷が決定次第、販売開始いたします。)

『春日居の桃』に関しまして、詳しくはこちらのページでもご確認いただけます。

目利きの一押し

元々は百貨店や高級果物専門店の高級桃です。
最新鋭の選果施設を完成させ、桃が転がらないでも光センサーで品質管理ができるようになり、一層、高い品質レベルを達成しました。最高ランク品は化粧箱を閉める前に、刷毛で桃のうぶ毛を整えるほどの気の配りようです。
露地の桃は十数種類が次から次へと品種を替え、それぞれに魅力ある桃として、春日居から出荷されます。桃の名産地 山梨の中でも間違いなく、最高レベルなのが『春日居』です。
萩原 章史

この商品は配達日指定が出来ません
配送 佐川急便

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 代引き

のし対応

価格2,980円(税込)

終了

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • 商品画像はイメージです。
  • ●5セットまで送料1口で配送できます。
    ●こちらの商品は、『佐川急便』でのお届けのため、ヤマト運輸でお届けの商品とは同梱は出来ません。
    ●こちらの商品は、築地市場より出荷いたします。

店舗からのお知らせ(築地市場ドットコム)

  • ギフト包装や紙袋等のご用意はできかねます。
    同梱が可能な場合、送料重複分は当サイトのポイント等でご返金致します。
    入荷状況によって、お届けが遅れる場合がございます。

この商品に関するご質問、お問い合わせはこちらから

店舗 築地市場ドットコム
商品番号 T3867-S3345
セット内容 『春日居の桃』 山梨県産 秀品 大玉6玉 計約1.8kg 化粧箱
原材料名 山梨県産 桃
獲得ポイント ログインして確認
消費期限 なるべく早めにお召し上がり下さい
保存方法 常温で保存。召し上がる1時間前に冷蔵
  • 会員ランクポイント
  • 期日指定不可
  • 新鮮

桃の生産量日本一を誇る山梨県の中でも、特に高品質の産地として名高い『春日居』。一切の妥協を許さない「桃づくり」に産地を挙げて取り組んでおり、その甲斐あって今では、自他共に認める日本のトップブランドとなっています。
味にこだわりたい、質にこだわりたい、大きさにこだわりたい。そんな桃好きの方の期待に応えます。

【『春日居の桃』はなぜ評価が高いのか】
恵まれた気候・土地・・・
春日居町は甲府盆地のほぼ中央に位置し、北西には兜山を中心とした山並みが、南東には笛吹川があります。
笛吹川によって堆積した砂礫土壌は水はけが良く、桃の生育に最適とされるph 5.5〜6に近い、ほぼ中性の土壌です。また年平均気温が13.4℃と温暖で、雨も少なく、さらに昼夜の寒暖差が大きい盆地特有の気候にも恵まれています。このような環境は、桃の栽培に理想的とされており、「春日居」は美味しい桃を栽培するのに最高の土地です。

栽培方法へのこだわり「全品種有袋栽培」と「目合わせ会」
春日居地区では、有機物を利用した土づくり、陽光がたっぷり当たる木づくり(整枝・剪定)、減農薬栽培などに取り組んでいますが、それ以上に重要視しているのが「全品種有袋栽培」と「目合わせ会」です。
「全品種有袋栽培」とは、栽培される全品種について、全ての桃 一個一個に、袋掛けをして育てることです大変手間がかかる作業ですが、それでも「有袋栽培」にこだわるのは、袋掛けをすることによって雨や病気による傷みを防ぎ、大玉で高品質な桃に育つから。また、収穫の約2週間前になると袋の口をあけて陽光をたっぷりと浴びさせ、桃を綺麗な紅色に色付かせます。しかし、このタイミングを見誤ると綺麗に色付きません。そのタイミングの判断はプロにしかなせない業と言えます。
「目合わせ会」とは、桃の生産者が一同に集まり、『春日居』と名乗っても恥ずかしくない桃が収穫されているか、互いに確認しあうためのものです。これを行うことで、産地としての品質管理を行き届かせることが可能となり、それゆえ高い評価を維持しているのです。

選果へのこだわり・・・
『春日居の桃』が日本一と言われる訳は、収穫後に選別される「山梨県春日居統一共選場」にあります。ここの選果レベルは「厳しすぎる」と言っても過言ではないほどです。
糖度検査、重さ、色合いなど、あるゆる方向からセンサーが入り、少しでも基準を満たさないものがあれば、ランクが下げられます。他の選果場なら「秀品」として扱われるものが、この「春日居統一共選場」では、優品もしくはそれ以下の良品になってしまうのです。
下手な桃を持ち込むと没収されてしまうこともありますので、相当の自信がないと、この選果場へは桃を持ち込めません。そして、この「春日居統一共選場」を秀品以上のレベルで通った物こそ、当店からお客様にお届けする『春日居の桃』なのです。

この商品の取扱い店舗

築地市場ドットコムこの店舗の商品一覧

東京築地市場の卸会社・仲卸との連携で、日本中から入荷する最高のレベルの食材をさらに吟味し、お客様に直送します。最高の鮮度・味の良さ・低価格・安定供給・多品種セットなど、築地ならではの商品企画を実現します。