旬到来!今年のらっきょうは自分好みに漬ける

『砂丘らっきょう(生・根付き)』 鳥取県福部町産 無選別 約3kg ※冷蔵

商品説明

鳥取砂丘に隣接する福部町で砂地栽培される「砂丘らっきょう*」が入荷しました。5月下旬から初夏にかけた短い期間しか流通しない、旬限定の新鮮な生らっきょうです。根、茎、薄皮などを掃除をすると、めやすとして2kg前後となります。

砂地で育つ福部のらっきょうは皮が薄く繊維が緻密で、シャリシャリした食感が際立ちます。透き通るような白さも魅力です。
砂はきめが細かく保水力に乏しいため、砂地の畑では与えた水分がすぐに失われる上、肥料もすぐ流出してしまいます。ところが、水分や栄養を一気に吸収できない分、らっきょうの球はじわじわと育つため、1枚1枚の皮が薄く何重にも重なりあって、ギュッと締まった粒になります。砂丘らっきょうの風味が名高いのはこのためです。

■届いたらすぐ漬けられる 洗いらっきょうはこちら
■萩原自慢の「らっきょうの醤油漬け」レシピはこちら
*「砂丘らっきょう」および「ふくべ砂丘らっきょう」は、地域の風土や特性が産物の品質、特徴と結びついた産品として、農林水産省の地理的表示保護制度(GI)に登録されています。(農林水産大臣登録第11号)

この商品は配達日指定が出来ません
配送 佐川急便

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 代引き

のし対応

価格3,680円(税込)

販売期間:5/27 00:00 ~ 6/21 10:00 販売終了

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

店舗からのお知らせ(豊洲市場ドットコム)

  • ギフト包装や紙袋等のご用意はできかねます。
    同梱が可能な場合、送料重複分は当サイトのポイント等でご返金致します。
    入荷状況によって、お届けが遅れる場合がございます。
  • 商品画像はイメージです。

この商品へのお問い合わせはこちらから

店舗 豊洲市場ドットコム
商品番号 T3867-S4992
セット内容 鳥取県福部町産 砂丘らっきょう(生・根付き)無選別 約3kg
原材料名 らっきょう(鳥取県産)
獲得ポイント ログインして確認
消費期限 目安として発送日より3〜5日
保存方法 冷蔵
販売情報 販売期間:5/27 00:00 ~ 6/21 10:00 販売終了

【鳥取県福部町】
砂丘らっきょうの大産地、鳥取県福部町は地元でも高い評価を受けています。「福部らっきょう加工場」は、昭和56年に設置されて以降、「福部に砂丘らっきょう有り」と広く認知されるらっきょうの聖地です。選果場も併設され、収穫したての新鮮な生らっきょうをすぐに塩漬けに出来る最高の環境が整っています。

【らっきょう畑の四季折々】
●7月下旬〜8月末:らっきょうの植え付け
らっきょうは7月下旬から8月末頃にかけて植え付けをします。太陽の熱い日差しに加え、鳥取砂丘からの照り返しは大変厳しいもので、昼間の地表温度は60℃にもなります。そんな環境の中、1粒1粒手作業で植え付けるというとても大変な作業を行います。1人で、1日平均1万粒もの植付けをするそうです。

●10月:らっきょうの花、開花
秋になると紫色のらっきょうの花が一斉に咲きます。らっきょうの花は、淡い紫色で「砂丘のラベンダー」とも呼ばれるほど。その光景は「ラベンダー畑」を思わせるほどの絶景で、大変美しいものです。

●12〜2月:冬の寒さにも負けないらっきょう
砂丘らっきょうは、冬の日本海から吹きつける厳しい風雪に耐えてじっと春を待ちます。冬が厳しければ厳しいほど、色白で堅く引き締ったらっきょうに育ちます。夏は地表面温度60℃、そして冬は氷点下という過酷な条件で育つ砂丘らっきょうは、生命力の塊といえます。

●翌年5月末〜:ついに収穫
らっきょうの収穫は冬を越し、翌年5〜6月にやっと収穫できます。収穫は最近では機械で掘り起こしますが、以前はすべて手作業でしたのでとても大変な作業だったそうです。


この商品の取扱い店舗

豊洲市場ドットコムこの店舗の商品一覧

東京豊洲市場の卸会社・仲卸との連携で、日本中から入荷する最高のレベルの食材をさらに吟味し、お客様に直送します。最高の鮮度・味の良さ・低価格・安定供給・多品種セットなど、豊洲ならではの商品企画を実現します。