タラバガニよりも上だという人もいるほどの美味

『イバラガニの甲羅盛り』北海道網走産 700g以上(活けで3.5kg〜4kg級) ※冷凍

商品説明

国内で漁獲される蟹の中でも、わずか0.3%程しか水揚げがない幻の蟹「イバラガニ」です。
北海道網走は、「イバラガニ」漁を行っている日本で唯一の産地です。漁期は流氷明けの4月から12月まで。
漁を行うのは、興運丸・照福丸の2隻しかなく、一般に流通する事はほとんどありません。

茹でた「イバラガニ」をむき身にして、1杯分を甲羅に詰め込んだのが今回の企画です。

太い脚の部分と、その他の部位の2段に分かれており、上半分だけを取り出して食べることができます。残りの下半分は冷凍保存しておけば、別の日に楽しむこともできるので大変便利です。

※身の中には、腱(白い半透明なスジ)も入ります。
※甲羅の中には、太い脚肉、細い脚肉、胸肉が入ります。
※甲羅を含めての重量です。

■『イバラガニ甲羅盛り』『内子の塩辛』等その他の規格についてはこちらをご覧ください

目利きの一押し

これは文句なしでうまい!
タラバガニよりも美味しいという人間がいるのも納得です。
冷凍ですが、すごく食感がしっかりしています。うまみも濃厚ですが、タラバガニのような刺すような感じはないです。おまけに丁寧にむき身にして、甲羅に一杯分が入っています。
このカニは、値打ちがあります。
萩原 章史

この商品は配達日指定が出来ません
配送 ヤマト運輸

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 代引き

×のし不可 ×メッセージ入れ不可

価格18,000円(税込)

 販売終了

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • 商品画像はイメージです。
  • ※2セットまで送料1口で出荷することができます。 ※熨斗はお受けできません。メッセージカードは、お入れすることができます。

この商品へのお問い合わせはこちらから

店舗 株式会社マルホ阿部水産
商品番号 T4311-S0002
セット内容 『イバラ蟹の甲羅盛り』 北海道網走産 700g以上
原材料名 イバラ蟹
獲得ポイント ログインして確認
賞味期限 家庭用の冷蔵庫で1か月、解凍後は3日
保存方法 冷凍
販売情報  販売終了

昭和40年に生息域が発見された「イバラガニ」は、当時24隻もの船が漁をおこなっていました。しかし、乱獲により資源が激減。一時は、獲りに行く船も無くなりました。
その後、資源が回復したことから、現在は、興運丸・照福丸の2隻が、漁を行っています。 漁期は流氷明けの5月から12月まで。海中に網を張って固定し、それに引っかかる「かに固定式刺網漁」で行われています。

その「イバラガニ」を加工するのが、マルホ阿部水産です。
網走漁港のセリで「イバラガニ」を競り落とし、車で数分の場所にあるマルホ阿部水産の加工場で短時間で茹で上げます。カニのサイズ、オス・メスの違いにより、代表の阿部文英さんが塩加減や火加減を調整。一番美味しく仕上げます。

【マルホ阿部水産のこだわり】
マルホ阿部水産は「原料本来が持っている旨味を活かした製法で商品を作りたい」という思いから、4つのこだわりがあります。
・網走前浜の鮮度の良い原料を使用
・茹で加減、塩加減等、製造過程が管理できる自社工場での加工
・食品添加物を一切使わない製法
・生産者(漁師)が分かる商品作り

この商品の取扱い店舗

株式会社マルホ阿部水産この店舗の商品一覧

昭和35年網走市海岸町で蟹の加工を始める。鮮度・旨味にこだわり、網走で水揚げされた原料だけを使用し、創業以来手作業で商品作り。商品の中でも蟹はその本来の旨さをお客様に知ってもらいたい為に、鮮度の良い網走産のみ使用。塩のみを使い、食品添加物を一切使わない製法。茹で加減等、製造過程が管理された自社加工をしております。創業以来、蟹にこだわってまいりました。今後もこだわり続けます。