日本に数百頭しか育ててない幻の原種豚

『中ヨークシャー3部位焼肉セット』計400g バラ肉+(ロース+肩ロース+モモいずれか2部位)+トリュフ塩※冷凍

商品説明

富士農場が育てた中ヨークシャーの焼肉企画です。
一押しのバラ肉は1cm厚にカットし、必ずお入れします。
その他、ロース/肩ロース/モモのいずれか2部位が入ります。
シンプルに焼いて付属のトリュフ塩で食べてください。

6大原種豚(ランドレース・中ヨークシャー・バークシャー・大ヨークシャー・ハンプシャー・デュロック)の中でも、「中ヨークシャー」は、最も筋繊維が細くて柔らかく、脂肪の質に優れた究極の美味豚です。
綺麗にサシが入った霜降り肉の上品で濃厚な旨みは、6大原種豚だけでなく他のどの品種でも体験できない味わいです。

1800年代の終わりから1900年代中盤にかけては、日本の飼育豚の80%以上を占めるほど全国で親しまれていましたが、海外からランドレースなどの「経済効率の良い」大型種が続々と輸入されてきたことがきっかけで、繁殖性・産肉性・発育性に劣る中ヨークシャーの飼養頭数は激減。
一時は全国でもわずか数頭になり、絶滅品種とまで言われるほど超希少な豚になりました。

飼料をはじめ養豚技術が発達した現在でも、飼育が難しく生産性が良くない中ヨークシャーは一般的な養豚業者ではまず扱われず、国内だけでなく、世界的に見てもほぼ流通しない超レアな豚です。

★セット内容 【(必ず入る)バラ肉:厚さ1cm×2本】
バラ肉は、赤身と脂肪が交互に層になっています。
この美味しい豚のバラの部位を、1cm厚のサムギョプサルカットにしました。一般的にはなかなか販売されていないぶ厚いカットです。じっくり肉を焼き、本場さながらにハサミで切って豪快にお楽しみください。1枚で100gほどありますが、臭みもなければ脂も軽いので不思議と箸が進みます。

※下記3部位からいずれか2部が入ります。
【ロース】
赤身の中に脂肪が網目状に入っています。

【肩ロース】
赤身の中に脂肪が網目状に入っていて、キメは粗めですが旨みは濃厚です。

【モモ】
モモ肉は、赤身が多く脂身が少ないです。

★幻の原種豚について、詳しくはこちら

この商品は配達日指定が出来ません
配送 ヤマト運輸(愛知)

送料を確認する

お支払方法 カード ×銀行振込 代引き

×のし不可 ×メッセージ入れ不可

価格4,900円(税込)

販売期間:9/9 09:00 ~

9/28〜29出荷♢ 売り切れ

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • 商品画像はイメージです。

この商品へのお問い合わせはこちらから

店舗 丸十食品
商品番号 T4395-S0031
セット内容 『中ヨークシャー3部位セット』計400g バラ肉+(ロース+肩ロース+モモいずれか2部位)+トリュフ塩
原材料名 静岡県産 豚
食塩、白トリュフ、香料
獲得ポイント ログインして確認
消費税率 8%軽減税率
賞味期限 パッケージに記載(目安として加工日から約1ヶ月)
保存方法 冷凍
販売情報 販売期間:9/9 09:00 ~

日本中に数百頭しか存在しない、まさに幻の豚
明治2年に英国から伝わった、中ヨークシャー。これぞ、多くの日本人が口にする 「昔の豚はうまかった」 の昔の豚です。
日本の古代豚と呼ばれる豚の1種、それが今回ご紹介する中ヨークシャーです。実は、この中ヨークシャー、今や日本中に数百頭しか残っていない、まさに幻の豚なのです。とてもおいしい豚ですが、成長が遅く、取れる肉量が少ない為、戦後、欧米から大型種が導入されて以降、生産性万能の価値観の中で、急速に姿を消しました。もう1つの古代種であるバークシャーは復活しましたが、中ヨークシャーの血は、まさに風前の灯です。

なぜ、幻の豚を提供できるのか?
富士農場サービスの桑原康さんは獣医であり、豚の人工授精の権威です。世界中の優れた豚の原種や血統を飼育し、世界中のブリーダーや生産者に、精子や子豚を供給する、まさに、豚博士です。桑原さんが経営する富士農場サービスには、日本で入手できる、最高レベルの繁殖用豚(優良血統)が210頭飼育されています。 日本各地の銘柄豚の多くは、桑原さんから銘柄豚の元となる血統を入手しています。つまり、養豚業者ではなく、その元になる豚を世界中から調達し、飼育し、その血筋を世界中に供給するのが、桑原さんの仕事なのです。そんな富士農場サービスだからこそ、一般には手に入らない血統の豚を、少量多品種で提供できるのです。

この商品の取扱い店舗

丸十食品この店舗の商品一覧

当店は名古屋駅前にある「名古屋の台所」と言われる柳橋市場の一画に長年店を構えています。東海三県の有名なグルメガイドで三ツ星を獲得された店を始めとして、多くの飲食店の方々からご利用いただいております。個性豊かな生産者の方々の想いを伝える役割を担っています。