〆谷商店の「鯨のハリハリ鍋」セット 3人前 ※冷凍

商品説明

太地町は日本でも唯一の沿岸捕鯨を行うくじらの町です。
その土地に店を構える鯨肉専門店〆谷商店から、鮮度の良い鯨肉を使用した、ハリハリ鍋セットをお届けします。
赤身、ウネ(または本皮)、さえずりに鍋用の隠し味の脂身がついていますので、鯨を堪能いただけます。
→ くじらの〆谷商店のラインナップはこちら!
うまいもんドットコムおすすめ!水産品はこちら!
水菜、おろし生姜はついておりません。お好みの具材をご用意ください。

目利きの一押し

鍋にも色々ありますが、別格なのがクジラのハリハリ鍋です。じっくりと煮込んださえずりから出た旨味とウネの上品な脂肪のうまさがたまりません。これにさっぱりとした京菜がピッタリです。
まず京菜を楽しみ、赤身をしゃぶしゃぶで味わいます。スープが少なくなっても、さえずりとうねから良い出汁が出てきますのでお湯を足して楽しめます。最後はうどんを入れて、柔らかく煮えたさえずりとウネと一緒に贅沢にいただきます。

この商品はお届け日の指定が可能です
配送 ヤマト運輸

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 代引き

のし対応 メッセージ入れ対応

価格4,093円(税込)

在庫アリ

今すぐ購入する

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • 商品画像はイメージです。

店舗からのお知らせ(くじらの〆谷商店)

  • 鯨の町、和歌山の太地町は日本政府から捕鯨が許可されています。
    古式捕鯨発祥の地、紀州太地港、鯨の〆谷商店では、太地沿岸捕鯨、熊野灘での捕鯨、日本近海捕鯨調査など、その都度捕獲された新鮮な鯨を当加工場で製品化しております。

    ※贈答包装はできませんのでご了承下さい。

この商品に関するご質問、お問い合わせはこちらから

店舗 くじらの〆谷商店
商品番号 T3641-S0003
セット内容 【セット内容】鯨の脂身(約20g)赤身鯨肉(約200g)フレッシュ生ウネまたは本皮(約120g)フレッシュ生さえずり(約120g)ハリハリ鍋用濃縮ダシ、讃岐冷凍手打ちうどん2玉
原材料名 くじら、うどん(小麦粉、食塩、でんぷん)、出汁(米、食塩、米こうじ、ぶどう果汁、水あめ、アミノ酸、小麦、脱脂加工大豆、大豆、アルコール、醸造酢、砂糖、乳糖、かつお節粉末、かつおエキス【特定原材料:大豆を使用】)
獲得ポイント ログインして確認
賞味期限 解凍後はお早めにお召し上がりください
保存方法 冷凍
  • 期日指定可
  • 新鮮

◆ハリハリ鍋の作り方◆※お好みの具材をご用意ください。
1.鯨肉の赤身、ウネ、さえずりを薄切りにします
鯨の赤身肉は自然に半解凍して、スライスして下さい。レンジでの解凍は厳禁です。血が気になるお客様はスライス後にザルなどに入れて血をきって下さい。さえずりとウネは冷凍の状態でスライスします。解凍すると切りづらいため、ご注意下さい。※なるべく薄く斜めに切るのがコツです。厚く切りますと食感がパサパサになります。

2.だし汁を作ります
当店自慢の秘伝濃縮出汁1本を、お好みにより1500ccの水またはお湯で薄め、火にかけます。お出汁が沸いてきたところに生姜のしぼり汁を入れます。

3.脂身、さえずりを入れ、灰汁(あく)を取ります
沸いただし汁に、脂身、さえずりを入れ、少しの間弱火で煮込みます。灰汁(あく)が表面に出てきますのでお玉などですくい取ります。これでハリハリ鍋の準備完了です。

4.水菜を入れます
灰汁を取った汁の中に3等分ほどに切った水菜を入れます。水菜は鯨と良く合いますし、サッパリしていますので、多めに用意するのがおすすめです。鍋の火加減は強火にします。

5.赤身とウネを水菜の上にのせます
水菜の上に適量の赤身とウネ(または本皮)をのせます。 これでハリハリ鍋の完成です。水菜と赤身と畝の皮に軽く火が通ったらお召し上がり下さい。すべて生でも食べられるものばかりです。シャブシャブ感覚であまり煮込まずにお召し上がり下さい。

この商品の取扱い店舗

くじらの〆谷商店この店舗の商品一覧

クジラの町、太地町は水産庁の厳しい指導のもとで、日本でも唯一の沿岸捕鯨を行ない、今では大変貴重なクジラを捕獲しております。 当店も古式捕鯨いさな捕り(昔は鯨をいさなと呼びました。)の時代より鯨に携わり300年の歴史が経ちました。 今ではクジラの一番仲買として、捕獲された鯨を新鮮なまま当加工場で生鮮鯨製品として商品化しています。