お結びは息子のリクエストで

梅干し&海苔×1
梅干しの白いお結び×1
塩結び×2

愛媛の漁師 藤本君の鯛
チルドで熟成させているけど素晴らしい!

セモリナ小麦粉をまぶして
ガーリックオイルでソテー

蚕豆も鞘から出して茹でて
高知の夜須のルナピエナ(スイカ)
丁寧にタネを取って、別の容器にいれて完成!

食べて来るかな・・・

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 14息子のお弁当 |

最高の素材を集めて作った鍋焼きうどん
もちろん、出汁から手作りです。

野菜を大量に使いますが、
大根、白菜、しめじ、葱(南部太ねぎ)、牛蒡、人参
合計で一杯500gくらい使い、野菜から味を出します。

卵は緑の一番星
揚げ玉は銀座天一本店の

最後の一滴まで飲み干したくなる出汁は絶品!
羅臼昆布、伊吹いりこ、本枯れ節、鯖節
日本酒と味醂、濃い口醬油、薄口醤油、たまり醤油
それに塩
完璧に近いでき!

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ |


90gくらいのミスジをグリルパンで焼いて
ステーキ弁当

大角豆を入れて炊いた赤いご飯を丸く握り
金胡麻と塩を煎って、当たり鉢で半殺しにして、
お結びにまぶし
スナップエンドウは茹でて切り

サイドで夜須のルナ・ピエナ(スイカ)

結構、手間が掛かったな・・・
肉を休める時間を除き、所要時間10分

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 14息子のお弁当 |


南部太ねぎ(450g級)をたっぷり使って湯豆腐

これは妻の酒のあて

白菜はオレンジ白菜、豆腐は三之助の只管豆腐

息子は軍鶏の手羽元を捌いて
爪楊枝に刺して焼き鳥

150gくらいあったけど、あっという間に完食!
その後でイチゴを1パック
私のつまみのピッツァまで横取りしている・・
最近はよく食べるな・・

妻のフルーツモーニングは
御所柿、ル・レクチェ
とちおとめ、ふじ

私は最近は食欲がいまいち・・・

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ |

来島海峡の藤本君から届いた真鯛の続編
羅臼昆布と本枯れ節でとった出汁に
ほんの少しの薄口醤油と日本酒で味付けして、
粗塩をまぶして冷蔵庫で30分寝かしてから、
湯引きして掃除した鯛のアラを煮て、
冷まして骨をはずした身

その出汁と身でご飯を炊く際、
さらに鯛のサクを乗せて炊きます!

アラを炊いて冷まして冷蔵庫に入れておくと
完璧な煮こごり状態!


しかし、本当にうまい!この鯛飯
米は須田さんの有機あきたこまち

→ 愛媛の来島海峡で藤本さんが獲った真鯛はこちら

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ |

お粥や実にシンプルな食事が続き
やっと良くなり、反動ですごく食べる・・・

弁当の塩結びと皮付きリンゴだけになっていたのが、

少し脂のない肉入り弁当になり、
完全復活したら、

焼き鳥に

焼き肉!

ラーメン食べたい!みたくなっている・・

まあ、それが出て来るキッチンもどうかと思うけど・・

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 14息子のお弁当 |


愛媛の来島海峡で藤本君が獲った真鯛
完璧な締め技が施され
多少の血は残っているものの
捌いた状態はまさに透き通るかの様です。

これだけ状態が良いのは
真鯛そのものが良いのはもちろん
漁師の藤本君の力でもあります

この鯛 新嘗祭で神様が召し上がる予定だったのだが・・
神饌になりそこねた凄い鯛!

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ |


梅山豚のヒレ肉で、いつものチャーシューを仕込み

出来立てチャーシューで息子の弁当を用意して

妻は支那そば 赤根ほうれんそうも良い感じ!

私は南部太ねぎをたっぷり使って、うどん

揚げ玉はとても美味な銀座天一本店で頂いたもの
この揚げ玉は実にうまい!

ここで息子の具合いが悪いこと判明!
幼稚園を休んで病院へ
あ〜弁当が無駄になった・・・

ここのところ流行っている胃腸炎と判明
お粥が食べたいというので、小さな土鍋でお粥

珍しく、土鍋から直接、熱々のお粥を食べている・・

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ, 14息子のお弁当 |


大量にスープに入れたら、
葱の鼻水のせいで、スープの粘性が高くなっている・・・

しめじも白菜も何となく、葱の鼻水と一体化して、
とろっとした感じに・・

南部太ねぎ 今シーズン最後
緑の部分も白い部分もうまい葱は珍しい
名残惜しいけど、あと6本で食べ納めだ!

→ うまいもんドットコムおすすめの野菜はこちら

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ |

今はほぼ絶滅したクロスミッシェルの血を引くグラナインという品種を、
フィリピンの標高800mの高地で栽培したバナナです。

昔の台湾バナナのような美味しさと食感です。

息子が持っていると大きく見えるけど、
一本一本は小さいから、ぱくっと食べちゃいます。

やっぱり、大きい房のバナナはインパクトがある!
これが届いたらテンション上がること、間違いなし!

→ うまいもんドットコムおすすめの季節の果物はこちら

(by ㈱食文化 代表取締役 萩原章史)

カテゴリー: 01萩原社長ブログ |