澄んだ川の味。希少珍味「高津川天然アユのうるか」

鮎の内臓・はらわたを少しずつ取り出し、熟成させる珍味「うるか」

ダムの無い清流、高津川で育つ天然の鮎から獲れた、
究極とも言える珍味です。

この酒飲み垂涎の味わいが、3種類登場します。

まず塩だけで3年間熟成させた

「生地うるか」

熟成させることによって引き出された、「苦味」「渋味」「旨み」。
清流に住む天然の鮎からとれるならではの味わいです。

2つ目は、鮎のはらわたとその身を混ぜ合わせた

「身うるか」

こちらも3年以上熟成され、いい塩梅に「苦味」「渋味」が出ているのですが、
身も混ざり合い、まろやかな味わいとなっております。

そして3種類目は、「真子」と「白子」が混ざり合った塩辛

「子うるか」

プチプチとした歯触りは去る事ながら、
絶妙な旨みと甘みの調和が生み出す味わい。

それぞれほんのわずかな30gでも、10尾以上の鮎が使われているぜいたく品。

高津川の天然アユの生地うるかはコチラから
高津川の天然アユの身うるかはコチラから

高津川の天然アユの子うるかはコチラから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする