山勇畜産の『こだわり飛騨古川産飛騨牛』5等級牛 ローストビーフ用もも肉ブロック 約800g

商品説明

山勇畜産の『こだわり飛騨古川産飛騨牛』の、極上ローストビーフ用もも肉です。火のとおりを均一にする為、丁寧に整形してあります。 今回ご紹介する「飛騨牛」は、岐阜県飛騨市古川町で飼育された最高ランク(A5)の牛です。※お薦め調理法にローストビーフの作り方をご案内しています。

目利きの一押し

ローストビーフには失礼かもしれませんが、ローストビーフにするのがもったいないくらいの素材です。美しい赤身とバランス良く入ったさし。繊維に対して直角に薄切りにしてから、包丁でたたき、極上ハンバーグにも最高の素材だと思います。サーロインやひれに比べれば、かなりお買い得感があります。800gのブロック もちろん、どかんとローストビーフにしたら最高です。
萩原 章史

この商品はお届け日の指定が可能です
配送 ヤマト運輸

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 代引き

のし対応 メッセージ入れ対応

価格12,960円(税込)

在庫数 5

今すぐ購入する

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

店舗からのお知らせ(古里精肉店)

  • 一部離島へのお届け、短い消費期限の商品はお届け出来ない地域がございます。また地域によって送料に差額が生じる場合がございます。
    「冷蔵」商品と「冷凍」商品を同時にご購入頂いた場合は、全て「冷蔵便」でお手配致します。
    別便をご希望の場合はご連絡ください。追加送料をご案内致します。
    熨斗をご希望の場合ですが『外熨斗』『内熨斗』また『名入れ』など、詳細をリクエストにてお知らせください。
    ※真空パックにてお届けする一部の商品は、開封直後の肉の色味は良くないですが品質には問題ありません。またドリップが出ている場合はペーパータオルで軽くふき取ってご利用下さい。

  • 商品画像はイメージです。

この商品へのお問い合わせはこちらから

店舗 古里精肉店
商品番号 T3926-S0013
セット内容 もも肉(800g見当)
原材料名 岐阜県産 牛
獲得ポイント ログインして確認
消費期限 商品到着予定日より3日
保存方法 冷蔵・冷凍
  • 期日指定可

飛騨牛の中でも、種付けから出荷まで延べ3年半という長い年月を、ひとつの牧場で飼育するという、全国でも例がない“地域内一貫生産”にこだわり続けている山勇畜産の「飛騨牛」です。
子牛から健康状態や肥料の管理、血統の履歴など出荷する牛の生い立ちを完全に把握しているので、自信をもってお客様に安心で安全な肉を提供できます。
古里精肉店では、常にお肉の熟成具合を見計りながら、お客様に商品をお届けいたします。
牛肉のランク付け
"A-5"、"B-5"とは肉の等級で、アルファベットの方は"A"が最高で肉の歩留まりを表し、数字の方は"5"が最高で、こちらは肉質を表しています。
飛騨牛の父 安福_和牛界にその名を残す伝説の銘牛、安福。 安福は昭和55年4月1日に兵庫県美方郡で生まれた生粋の”但馬牛”です。昭和56年に岐阜の地に導入された、素晴らしい肉質の遺伝子を持つ伝説の銘牛が 『安福』 です。安福はたくさんの子孫を残し、今でも岐阜県下の雌牛8千頭のうち、約4割が安福の娘です。和牛史上にその名を残す銘牛 『安福』 は平成5年9月28日にこの世を去り、肉用牛試験場内の丘の上で永遠の眠りにつきました。安福のDNAが極上の飛騨牛の秘密ともいえます。  
【生産者】岐阜県飛騨市古川町数河756 (農)山勇畜産

お薦め調理法

本格ローストビーフの作り方

最初のポイント
調理をする最低でも4〜5時間前には、肉の塊を冷蔵庫から出し、室温に戻しておくことが大切です。
また、塩をしてから放置するのも厳禁です。塩が肉を固くしてしまいます。
オーブンを余熱にセットしてから塩をするくらいでちょうど良いです。
塩とコショウは意外にたっぷりで大丈夫です。ムラにならないように、手で満遍なくすり込んでいきます。
フライパンにサラダ油をひき、強火で肉の表面にさっと焼き目をつけます。短時間で焼き目をつけたいので、フライパンを十分に熱し、手際よくやりましょう。
次に220度に温めたオーブンで約30分間焼きます。
※オーブンにより多少時間は異なります。
途中で上下を1回ひっくり返すだけです。一緒に皮をむいたジャガイモを入れておけば、付け合わせも同時に出来ます。

2番目のポイント
焼けたお肉をオーブンから出し、アルミホイルで包み保温状態にします。最低でも30分は肉を寝かし、肉汁を落ち着けます。そうしないと、肉を切り分けるときに肉汁が出てしまいます。
いよいよ盛り付けです。肉の繊維に対して垂直方向に切ります。ちょうど薄切りステーキの感じになります。厚さは厚めの7~8ミリです。ホースラディシュとクレソンを添え、グレービーソースをかけ、本格派イギリス風のローストビーフの出来上がりです。
本格派はグレービーソースが付きものです
お肉の準備の前にグレービーソース(ブラウン色したローストビーフ用ソースです)の準備を忘れずにしましょう。
グレービーソースの材料
牛のひき肉(スジ肉でもOK)50g・たまねぎ中1/8個・にんじん中1/8本・セロリ1/8本・パセリの茎2〜3本・卵白1個分・ブイヨンキューブ1個・水0.9リットル・他に炒めるためのサラダ油・塩・コショウ各適宜。
まずフライパンを熱して、たっぷり目のサラダ油を入れます。牛のひき肉をフライパンに入れ、強火で手早く炒めます。牛のひき肉の水分が飛び、多少焦げ目がつきポロポロになるまで炒めます。
次に薄切りにした野菜を入れます。野菜は煮るので、あまり細かく切る必要はないです。よく混ぜながら炒め、途中で少し油を足します。野菜がしんなりするまで炒めたら、深めの鍋に炒めたものを移します。
フライパンにこびりついた牛のひき肉は、へらでこそげ落としてください。この『こびりつき』は大事なので、決して捨てないで下さい。
水をレードル1杯入れ、フライパンを強火にかけます。こびりついたひき肉からエキスを引き出します。
これを鍋の中に追加します。旨味は一滴も無駄にしない。これこそ料理の鉄則で美味しさの基になります。
旨味の素が入った鍋に0.9リットルの水を注ぎます。
そこに卵白1個分を加えます。ここがポイント!この卵白がアクを吸い、澄んだスープに仕上がります。
鍋の火をつけて、よくかき回します。この時の火は強火で大丈夫。鍋の中に絶えず注意を払いながら、沸騰直前までかき回します。だんだん卵白が固まりだしたら、均等に熱がいきわたるように、やさしくよくかき回します。
しばらくすると沸騰が近づいてきます。合図は鍋の縁のほうで卵白が盛り上り、固まる気配を見せてくる瞬間です。
沸騰寸前、もうかき回さないでください!これ以上かき回すと濁ってしまいます。
ここで火は弱火に落とします。 コトコト1時間〜2時間くらい煮込んでいきます。おおよそ半分になるまで煮詰めます。
最後にブイヨンキューブ1個を入れて溶かします。ここでもにごらせないように注意をします。
最終段階に入ります。これをこします。シノワがなければザルにペーパータオルをかぶせてもOKです。
こされたスープは見事なあめ色のソースに仕上がっています。
あめ色のスープを塩・コショウで味を調えます。味は少し濃いくらいで丁度良いです。

この商品の取扱い店舗

古里精肉店この店舗の商品一覧

朝霧と日本三大裸祭り起こし太鼓の町、岐阜県飛騨市古川町で地元密着型の精肉店です。地元では‘盆と正月は古里の肉で!’と言われる程お客様にご愛顧いただき成長してまいりました。
食肉技術専門学校を卒業し、その後、先代と共に技術を磨き、特に牛肉を熟成させる技に自信があります。まず素材の安全性に最大の重点を置き、飛騨牛の中でも全国的に例のない、地域内一貫生産された地元ブランド「こだわり飛騨古川産飛騨牛」を取り扱っております。店頭ではその牛を種付けから出荷まで手がけた生産者の顔写真を添え、責任を持ってご提供させていただいております。
さらに、お客様の好み、四季のお料理に合わせて素材の質を最大限にいかせるよう部位の選別からカット・スライスまでとことん追及しております。 今後もより多くの皆様に「こだわり飛騨古川産飛騨牛」のおいしさを実感していただけるように古里精肉店スタッフ一同努力してまいります。