調理道具・機器のお取り寄せ

調理道具・機器

60商品

お届け日の指定が可能です

『本榧まな板』 大 47×23×3cm

7,150円(税込)

お届け日の指定が可能です

『本榧ぐい呑み』 小 直径5.5×高さ5.3cm

4,950円(税込)

お届け日の指定が可能です

Kuvings(クビンス) サイレントジューサー JSG150 ホワイト

37,506円(送料・税込)

お届け日の指定が可能です

ラーメン屋さんのおかもち(ヨコ3段)

13,090円(税込)

お届け日の指定が可能です

『本榧箸』 小 21cm

770円(税込)

お届け日の指定が可能です

Kuvings(クビンス) サイレントジューサー JSG120 シルバー

37,506円(送料・税込)

お届け日の指定が可能です

『本榧茶碗』 直径11.5×高さ7cm

7,920円(税込)

お届け日の指定が可能です

『本榧プレート(平皿)』 直径21×高さ2.5cm

4,840円(税込)

お届け日の指定が可能です

バイタミックスVitaMix TNC5200(ブラック)

91,300円(送料・税込)

お届け日の指定が可能です

『本榧深皿』 小 直径16×高さ5.5cm

7,700円(税込)

お届け日の指定が可能です

和食のためのクリンスイ【お米専用】 交換用カートリッジ

2,750円(税込)

お届け日の指定が可能です

手造りの土鍋 (藤田陽作) 

27,500円(送料・税込)

お届け日の指定が可能です

『本榧角盆』 大 縦26×横30×高さ1.5cm

5,720円(税込)

お届け日の指定が可能です

『本榧深皿』 大 直径18×高さ5cm

8,250円(税込)

お届け日の指定が可能です

『本榧ぐい呑み』 大 直径6.2×高さ5.7cm

5,280円(税込)

お届け日の指定が可能です

『本榧箸』 夫婦セット(24、21cm)

1,650円(税込)

お届け日の指定が可能です

『本榧スプーン』 中 長さ13.5×幅4cm

3,630円(税込)

お届け日の指定が可能です

『本榧マドラー』 長さ18×幅2cm

1,650円(税込)

お届け日の指定が可能です

【手帳】MY WAY STORY(マイウェイストーリー)

40,638円(送料・税込)

60商品

銘店ピックアップ

四万十川上流淡水漁業協同組合 この店舗の商品一覧
四国は高知県高岡群窪川町榊山にあり天然鮎専門に漁業を営んでいます。6月は若鮎を、7月8月は旬の鮎を9月10月には子持鮎をお届けします。特に6月25日〜は竿漁天然鮎を、7月21日〜9月30日は網漁天然鮎を氷詰めにしてお届けいたします。
まるはら この店舗の商品一覧
明治32年の創業当時より、ラムネを作り続けてきました。野菜やお花から抽出した天然色素(赤キャベツ・ベニバナ・クチナシ)と天然香料で作られた、昔懐かしいレトロなラムネです。
御菓子司 大黒屋 この店舗の商品一覧
本山誠照寺のもとで、ろうそくや線香を扱うよろずやから始まり、江戸中期頃に菓子店として変わりました。その頃より伝わる『菜花糖(さいかとう)』は鯖江藩主の贈答菓として用いられ、昭和初期には皇族がたへのご喜納をさせていただきました。昔から伝わる製法と味、福井の香りをお菓子を通じて少しでも多くの皆様に知っていただけるよう精進してまいります。
豊洲市場ドットコム この店舗の商品一覧
東京豊洲市場の卸会社・仲卸との連携で、日本中から入荷する最高のレベルの食材をさらに吟味し、お客様に直送します。最高の鮮度・味の良さ・低価格・安定供給・多品種セットなど、豊洲ならではの商品企画を実現します。
大倉陶園 この店舗の商品一覧
「良きがうえにも良きものを」を企業理念に、常に世界最高水準の美術陶磁器を目指して参りました。皇室をはじめ各宮家、日本国迎賓館、各国元首への贈答品等各方面からご愛顧を賜っております。大倉陶園は原材料の調合から出荷まで全ての工程を神奈川県横浜市の工場で行っており、「真のメイド・イン・ジャパン」を作り続けております。その製品は「セーブルのブルー、オークラのホワイト」と称され「色の白さ」「磁器質の硬さ」「肌のなめらかさ」は独自のものです。完璧な白磁の美しさを創り上げるために最高級カオリンを贅沢に使用。焼成には世界でも類をみない1460度の高温度で本焼きをするなど卓越した技法を完成させました。その美しさは美術工芸品と呼ぶにふさわしい様々な伝統の技を駆使した加飾と合わせて、日本を代表する最高級の食器との高い評価を得ています。
伊勢志摩魚屋 山藤 この店舗の商品一覧
伊勢志摩魚屋 山藤(やまとう)は三重県の南部、南伊勢町田曽浦にございます。名前の通り伊勢神宮の南にあり、前には大いなる太平洋熊野灘、後ろは温暖な気候を活かしてみかん栽培が行われる山々、また西には遠く紀州熊野の山々が連なっています。古くからカツオの遠洋漁業が盛んで以前はカツオ船保有数日本一を誇っていましたが今でも恵まれた海のおかげで伊勢海老・鮑をはじめ豊富な海の恩恵を受けています。また静かな入り江を使った真珠の養殖では特に有名でもあります。一年を通しての色々な魚の水揚げがあり、伊勢海老漁では全国のトップクラスの水揚げ漁を誇ります。春からの近海カツオのケンケン漁、鮑さざえの素潜り漁、大海原では定置網漁などなど伊勢志摩はまさに海の幸の宝庫です!
榧工房 かやの森 この店舗の商品一覧
日本在来種の榧は、本州中南部から四国、屋久島などのごく一部に生育しています。 中には樹高20m、周囲3mに達する樹齢千年超の古木も存在しますが、成長が極めて遅く、直径1.1mほどの成木になるまで300年かかります。 私たちは300年先の夢見て、榧の森づくりに情熱を注いています。 四国の山林に榧を植樹し、収穫した実から油や香水を自社生産しています。 榧に関する商品を多数取り揃えています。
まるよし この店舗の商品一覧
昭和42年の創業以来、地元のお客様に支えられてきました。小さな小さな精肉店の創業当初より変わらないもの“おいしい地元熊本県の馬肉”を気軽に召し上がっていただく為に日々努力しております。飲食店なら食べ物が美味しくて当たり前ですが、当たり前以上のサービスをご提供できる様、スタッフ一同、精一杯努めさせていただきます。
内山味噌店 この店舗の商品一覧
当醸造元は今を遡ること百三十年前、明治五年に初代庄の丞により創業されました。奈良時代に記された「常陸風土記」にもその記述がある「泉が森」という清水の湧き出る泉のそばに当蔵はあります。この地の味噌は「香り高く、澄んだだいだい色を呈した濃厚な味」を特徴とし、工業化が進んだ現代でも古式醸造法(古式白大豆散麹造り)と言う、今となっては日本全国を探してもほとんど見られなくなってしまった伝統技法として受け継がれ、今なお手造りされております。「この地域ならではの、最高の味噌造りを追及しつづけることで、その味噌を通して、お客様が真に健康で豊かな生活を送れるような、伝統的食文化発展の一端を担っていきたい」と考えております。
高橋農園 この店舗の商品一覧
秋田県の横手市山内地域は、昔から野菜作りが盛んで、にんじんやいものこ、明治を過ぎた頃にはブドウなどの栽培も行われてきました。 山内にんじんは戦後に品種育成によって作られた品種ですが、大きさ、味、病気に強いなどの理由から大変人気のあるにんじんでした。 飽食の時代になるにつれ、根の小さい短根種が好まれ、山内にんじんを栽培する農家はなくなりました。 伝統野菜を絶やしてはならないという思いから栽培をしていますが、品質は他のにんじんに負けるものではないと思っております。 無農薬で安全・安心な山内にんじんや、いぶりがっこを是非ご賞味下さい。
尾林商店 この店舗の商品一覧
昭和八年の中央卸売り市場の築地移転に伴い、昭和十一年に有限会社 尾林商店として築地場外市場にて創業。以後、常に品質に拘り業界内では「質の高い削り節なら尾林」と評価を頂いております。特に血合抜きの削りに仕入れから削り加工まで常に気を配り、自信を持ってお届けしております。
みやむ〜のにんにく。 この店舗の商品一覧
2014年 新規就業。
大きな面積に肥料や農薬を使わないで栽培することで、農家の経費削減やお客様の笑顔に繋がるにんにく作りを目指しています。その先には「農家が憧れる社会」があると信じています。
作物を選ぶにあたり、栽培方法や農法も1つの判断材料です。しかし何よりも「農家が、どんな想いで畑に向かい作業をしているのか」という、志が大事だと宮村さんは考えます。
タイコウ この店舗の商品一覧
タイコウは小規模ながら良質なかつお節を扱うことで有名です。 一代目である稲葉美二は昭和39年に『いの字屋 稲葉商店』を開業し、節物全般を扱う上物問屋を営み、「鰹節なら稲葉に聞け」と業界の方々の口にのぼりました。昭和62年二代目稲葉泰三に商売を譲り受けた際に有限会社タイコウとして法人化。かつお節(仕上げ節)のみに絞り込み、更なる優良品、上物を目指しております。 本枯れ節を造っている人が少なくなった今でも、鹿児島県枕崎産の良質な天然カビ菌の本枯れ節も扱っています。
壱岐もの屋 この店舗の商品一覧
当店は、九州長崎県の壱岐という離島にあり、千五百年続く古湯を三代にわたり、守ってきた小さな旅館です。インターネットの普及で、誰もが手軽に情報発信できるようになりました。離島というまさに離れた地に住む者にとって、このような形で、日本中の皆さま方と交流できることはこの上のない喜びです。 旅館のお客さまからのメッセージのやりとりや、季節ごとに島の情報を発信するたびに、お客さまとの心理的な距離は縮まり、さらに壱岐を身近に感じてもらえるようになったと自負しております。 島の自然の中で育まれた新鮮な食材をどこにいても簡単に手に入れることができる。インターネットのおかげで壱岐を身近に感じてくれるお客さまが多くなることこそ離島の活性化を願う一島民にとって、無上の幸せです。 そしていつか是非この島へおいでてみてください。壱岐の味覚に満足してもらったら、今度は直接皆さまに直接この素晴らしい島を感じてもらいたいと思います。
千葉県漁業協同組合連合会 この店舗の商品一覧
千葉県内の漁業協同組合を会員とした連合会です。販売する焼海苔千葉県乾のり共販に出品された中から、厳選された年内生産の原料を使っております。千葉県産の海苔は、特に香りの良さ、高さに定評があります。その中から千葉漁協として自信をもってお勧めできるものを厳選してお届けします。
大田原牛超本店 この店舗の商品一覧
大自然に囲まれた那須の専用農場で丹念に肥育された大田原牛。通常の和牛より1年から2年ほど長く肥育してから市場に出す、全国でもトップクラスの和牛です。那須地区にある3軒の牛の飼育農家を取りまとめる大黒屋、その店主 岡野嘉樹さんは、肉牛の目利きでもあり、どんな牛も一目で良し悪しを見分けてしまう眼力の持主です。その岡野さんが中心に20年の歳月を費やして大田原牛を名牛に育て上げました。那須牛は、そんな大田原牛と兄弟分の和牛なのです。那須牛も大田原牛同様、専用農場で一貫肥育。偏ることない霜降り肉は、見ているだけでも、うま味が伝わり、実際、柔らかくジューシーに焼き上げた那須牛は、軽くナイフを入れるだけで切れて、口に入れるととろけていくよう。サッパリとしながらもコクがある、ガーリック風味の自家製ソースをかけてもうまいが、塩とコショウをかけていただいても美味。「よい肉は塩によってコクを出し、味を引き立てる」のです。
久玲居(藤田和廣・陽) この店舗の商品一覧
(藤田和廣陶歴)1949年 福岡に生まれ、中学生の頃から父 剛資より素描を学び、その後油彩の手ほどきを受ける。 1974年 みのわ淳、斉藤鷹郎の両氏に師事し、難波田龍起氏の陶芸助手を務める。1976年 日本陶芸展入選し、1977年 国立市に陶芸工房「久玲居」を開窯。青磁の作品を数多く手がける。(藤田陽陶歴)1949年生まれ。大学卒業後、陶芸教室に勤務の傍ら、作陶の道に入る。粉引手・三島手・掻落手の手法を用い、食器を中心に作品を手掛けている。 (久玲居から)私どもは武蔵野の面影を残す、東京は国立に陶芸工房を開いて38年になります。量産品はともかく、美術工芸の世界では焼きもの作りは千年前と変わらぬ、全くの手造りの世界です。今回は縁あってインターネットに作品を出します。まずは日常作っていますものを何点か発表いたします。量産品ではない焼物の宿命で、全く同じもを作ることは出来ません。ご注文を頂いた焼物はできる限り写真のものと同じ物をご提供致しますが、釉薬・窯の具合等々で作品の違いはどうしても出てしまいます。ご注文されるお客様はそのあたりの事情をご理解頂きたいと存じます。
三浦米太郎商店 この店舗の商品一覧
三浦米太郎商店の「ハタハタ寿し」は秋田県産のハタハタと秋田県産米を主原料に、昔ながらの伝統を重んじて、丹精込めて作られました。紫のり、人参、ゆず、麹等を加え、塩、酢に一ヶ月間漬け込んでおります。最近は麹の代わりに砂糖を使うところも多いのですが、当店は戦前からの手作りの製法を守り続けております。秋田が誇る郷土料理「ハタハタ寿し」を是非一度ご賞味ください。
【三浦米太郎商店】
江戸時代より船問屋を営み、ハタハタ漁をして生業を立てていましたが、明治に入って、7代目・三浦文三氏より『三浦米太郎商店』と名乗り、”ハタハタの卸売りの専門店”として商いが始まりました。看板商品である『ハタハタ寿司』は、戦後、初めて商品化されました。ハタハタを知り尽くしたからこそ出来る絶妙な加工技術を誇っています。13代目・三浦悦朗氏は、ハタハタ寿司だけでなく、ハタハタそのものの旨さを知ってもらいたい、と話しています。
丹波商店 この店舗の商品一覧
兵庫県南東部に位置する丹波市・篠山市・三田市の地域は、六甲山を越えたあたりの典型的な盆地です。 四方を山に囲まれた盆地特有の気候風土が、日本中に響き渡る極上の松茸を生みます。 この地域で30年以上、兵庫県産(丹波、篠山、三田)の松茸の卸問屋を営業しております。また、三田牛や猪肉、丹波の黒豆や丹波栗など、この地域ならではの食材をご紹介させて頂きます。
山戸海産 この店舗の商品一覧
長崎五島産海産物の仲買、卸、加工業として創業。特に水イカのするめ加工は、創業当時より始め現在に至ります。加工原料の水イカはその日揚がった活きの良いもののみを使用し、冷凍物は使用しておりません。水イカが一番美味しい秋から冬に加工し、時期を限定しています。原則は天日干し、天候により冷風乾燥機併用します。水イカは他のイカと違い、加工工程が煩雑ですが、そのほぼ全ての工程が手作業で、良品を仕上げる事をモットーとし、加工しています。