JA夜須『エメラルドメロン(マスクメロン)』高知県産 2玉(1玉:約1.3kg)簡易箱 ※常温

大田市場店

商品説明

■JA夜須のエメラルドメロンについて詳しくはこちらから

『エメラルドメロン』は高知県香南市夜須町で、たったの10戸の生産者たちが全国でも稀にみるこだわり栽培で作っているマスクメロン(アールスメロン)。
丁寧な作りだからこその緻密で詰まった果肉の質と濃厚な甘さを楽しめる、質の高いブランドメロンです。

栽培方法は、温暖な気候を活かしたハウス栽培。
1本の苗に1玉だけつけることで栄養分を全てその1玉に集中させ、香りの良い甘いメロンが出来上がります。
他にも、日々のハウス内の温湿度管理から、季節や天候に応じたきめ細かい水分調整、圃場毎の土壌特性に合わせて堆肥等を変え健康な苗木を作る、など良いメロンを作るためにやれることは全て行っています。

少人数での生産だからこそ、切磋琢磨し合いながらも技術を伝承していくことができ、質にこだわったメロン栽培が出来ている稀有な産地です。

誕生したのは1992年の5月。
5月の誕生石がエメラルドであること、夜須から望む海原の色、果肉の色から「エメラルドメロン」と名づけられました。

常温で保存し、追熟させてアンテナ(T字型の蔓)の両側が少し乾き、おしりが少しやわらかくなってきたら、食べごろ。
お召し上がりの2時間ほど前に冷蔵すると、香りと甘さが最も良い頃合いです。

※画像はイメージです。

この商品は配達日指定が出来ません
配送 宅配便【ヤマトまたは佐川】

お届け先が東京都の送料 825円(税込)

送料を確認する

お支払方法 カード ×銀行振込 代引き

×のし不可 ×メッセージ入れ不可

価格5,400円(税込)

6/3〜8出荷◇販売中 在庫数 6

今すぐ購入する

ご利用いただけます

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • 商品画像はイメージです。
  • ※こちら商品は市場に入荷している商品をすぐに出荷をしている為、ご注文後のキャンセルや次の入荷を保証出来る商品ではないので日付変更は承っておりません。不都合がございましたら、必ずサポートセンターにお問い合わせください。

この商品へのお問い合わせはこちらから

店舗 大田市場店
商品番号 M004-707-2-01021
セット内容 JA夜須『エメラルドメロン(マスクメロン)』高知県産 2玉(1玉:約1.3kg)簡易箱
原材料名 高知県産 メロン
獲得ポイント ログインして確認
消費税率 8%軽減税率
消費期限 4〜5日追熟させて、お早めにお召し上がりください。
保存方法 冷暗所

爽やかな甘さと香りを楽しむメロンが「クラウンメロン」だとすると、濃厚な甘さを楽しむメロンはこの『エメラルドメロン』なのではないかと思います。

業界No.1ブランドであるクラウンメロンに負けないメロンを作ろうと様々な手法を研究し、取り入れてきた結果、クラウンメロンと同じ栽培方法である「隔離ベッド栽培」と、大地に水は通すけれども根は通さない「防根透水シート」を組み合わせることに辿り着きました。

この2つを掛け合わせることによって、土壌病害に悩まされることなく、また健全な根が余分な水分や肥料を吸わなくなったことで旨みが凝縮し、引き締まった味わいのメロンを作ることが出来るようになり、1992年に『エメラルドメロン』と名付けられました。

それから30年、美味しいメロンを作ろうと日々研究を怠らず、こだわりとプライドを持って作り続けてきたからこそ、ここまでの味わいに到達することが出来たのでしょう。現在は高知県JA夜須の僅か10戸の生産者が少量ながら産地のこだわりを総動員して美味しいメロンづくりに取り組まれております。

他にもある高知県JA夜須のこだわり
・世界最高水準の均一かん水を可能にしたチューブを取り入れることで季節や天候に応じてきめ細かく適切な水分量を与えています。
・1本の苗に1玉だけつけることで栄養分を全てその1玉に集中させます。
・各圃場の土壌特性に合わせ、堆肥やヤシガラ、ピートモスなどの有機物を入れています。
・ミツバチに花粉をつけてもらい受粉することで糖度の乗った、香りのよいメロンに仕上がります。

この商品の取扱い店舗

大田市場店この店舗の商品一覧

大田市場は日本一の青果物、 取扱規模を誇る市場、取扱数量は豊洲市場の約4倍弱に相当します。
市場に初めて入れば、その荷物の量とトラックの数に圧倒されます。
産地からすれば、物が多くなり販売先に困った場合の頼りになる存在、仕入業者、他市場関係者からすれば、品薄状態で困った場合の頼みの綱です。
それゆえ、産地からの供給、相場の指標にもなり業界関係者は常に大田市場を意識しています。
品物でいえば、同じ選果された秀品でもよりいいものが日本一の市場にいきます。

今後、大田市場の卸、大手仲卸のご協力を得て初荷、希少品、需要と供給の相場安など情報を会員様向けに発信していきます。