5〜6月に採れる良質なギバサだけを厳選

三高水産の『ぎばさ(アカモク)』 5袋セット(1袋200g)※冷凍

商品説明

秋田県で昔から食べられてきた海岸の浅瀬に生えている海藻で、正式にはホンダワラ科のアカモクという名です。
フコイダンやミネラル、食物繊維、ポリフェノール、フコキサンチン、カロテノイドといった栄養素を豊富に含むことから、近年健康に良い食品としての研究が進められています。特に食物繊維は、最も含有量が多いとされる寒天(天草)に次いで多く含みます*。

5〜6月に採れる風味の良い旬物だけを使用しています。
食べやすく刻んでありますので、解凍してそのままお召し上がり頂けます。小鉢に入れてかき混ぜると見る間にネバネバに。酢醤油をさっとあえてご飯にのせればまるで「海のとろろご飯」はたまた「海の納豆」といったところです。もちろん納豆とあえてもよいでしょう。秋田風にお味噌汁の具にする際は、仕上がり間際にさっと火を通してください。

*広島工業大学紀要研究発表(2011)/五訂増補日本食品標準成分表準拠

■「ぎばさ」1袋・10袋セットはこちら

この商品はお届け日の指定が可能です
配送 佐川急便

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 代引き

のし対応 メッセージ入れ対応

価格1,928円(税込)

販売中

今すぐ購入する

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

店舗からのお知らせ((株)食文化 船橋出荷店(冷蔵・冷凍))

  • ギフト包装はできかねます。
  • 商品画像はイメージです。

この商品へのお問い合わせはこちらから

店舗 (株)食文化 船橋出荷店(冷蔵・冷凍)
商品番号 T4277-S0031
セット内容 三高水産の『ぎばさ』 5袋セット(1袋200g)※冷凍
原材料名 ギバサ(アカモク)秋田県産ほか
獲得ポイント ログインして確認
賞味期限 製造日より120日 ※解凍後は5日以内にお召し上がりください
保存方法 冷凍

秋田で昔から食べられてきた海藻’ぎばさ’
ギバサとは全国の沿岸で見られる海藻で、正式にはホンダワラ科のアカモクという海藻。一説では、‘銀波藻(ギンバソウ)’と呼んでいたものが訛って‘ぎばさ‘になったとも言われています。アカモクは採れる地域により呼び名が違います。山形ではぎんばそう、新潟ではながもと呼ばれ、昔から食されてきました。三陸でも近年食用として認知されはじめた海藻です。

この商品の取扱い店舗

(株)食文化 船橋出荷店(冷蔵・冷凍)この店舗の商品一覧

東京築地市場の卸会社・仲卸との連携で、日本中から入荷する最高のレベルの食材をさらに吟味し、お客様に直送します。最高の鮮度・味の良さ・低価格・安定供給・多品種セットなど、築地ならではの商品企画を実現します。