越前の甘エビ 30尾 ※冷凍

商品説明

殻には深海の光沢が漂い、身にはねっとりととた透明感がある。とろけるような舌触りと独特の甘みが格別な本場のアマエビです。
■うまいもんドットコムおすすめ!海の幸はこちら

目利きの一押し

今や冷凍あまえびが世界中から届きますから、値段も手ごろで甘えびは大衆的な海老になりました。でも、この甘えびは違います。先ずは食感です。ねとっとした味わいが甘海老の真骨頂ですが、田島さんの甘えびの『ねっとり感』は冷凍とは一線を隠しています。舌にまとわりつく粘り気です。次に香りです。頭の部分もがぶっと噛んで歯で味噌を搾り出すと、それはそれは幸せな気持ちになります。ブルーに輝く卵ももちろん召し上がれます。何匹かの卵を集めてポン酢か醤油を一たらしです。頭は塩焼きでも頂きましたが秀逸です。うまいもんはどんな食べ方でもうまいもんです。

この商品はお届け日の指定が可能です
配送 ヤマト運輸

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 代引き

のし対応 メッセージ入れ対応

価格3,240円(税込)

在庫アリ

今すぐ購入する

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • 商品画像はイメージです。
  • ※こちらの商品にはポイントがつきません。
    ※解凍は流水で短時間で行ってください。

この商品に関するご質問、お問い合わせはこちらから

店舗 田島魚問屋
商品番号 T2454-S0054
セット内容 甘エビ30匹
原材料名
獲得ポイント ログインして確認
賞味期限 冷凍で1ヶ月
保存方法 冷凍
  • 天然

越前沖で獲れる新鮮な甘エビ。口に入れるととろけるような甘味がいっぱいに広がります。冷凍ものとは一線を画したうまさが味わえます。北陸本場ならではの味をお楽しみください。【セット内容】甘エビ30匹

お薦め調理法

甘エビとアボカドのカクテル

《材料4人分》 甘エビ 24尾 アボカド 2個 グレープフルーツ 1個 レモン 1個 マヨネーズ 1/2カップ 塩、こしょう 各少々 ミント 2枝 作り方 ①グレープフルーツは白い皮ごと包丁でむき、皮に沿って包丁を入れて果肉を取る。果肉をすべて取り終えたら、皮ごと手で絞り、汁を取っておく。レモンは4枚スライスにし、残りは絞っておく。 ②ボールにマヨネーズ、グレープフルーツの絞り汁大さじ2を加え混ぜ合わせ、1のレモン汁、塩、こしょう各少々で味を整える。 ③甘エビは熱湯で40秒ゆで、氷水につけて皮をむいておく。 ④アボカドは縦半分に切り、種を取る。 ⑤変色をおさえるためレモン汁をかけておく。(このレモン汁は分量外) ⑥器にアボカドを盛り、くぼみに小房に分けたグレープフルーツ、ゆでた甘エビをのせ、2のソースをかけ、ミント、レモンスライスをあしらって出来上がり。

甘エビの冷麺

《材料1人分》 中華麺 1玉 甘エビ 12尾 オクラ 2本 長イモ 50g <ドレッシングA>   ニンジン 10g 玉ネギ 20g ニンニク 少々 酢 大さじ1 <ドレッシングB>    薄口醤油 大さじ1 グラニュー糖 小さじ1.5 マスタード(練) 少々 サラダ油 大さじ1 ごま油 小さじ2/3 大葉 1枚 シーズニングソース 小さじ1/2 作り方 ①<ドレッシングA>のニンジン・玉ネギ・ニンニク・酢をつぶがなくなるまで、ミキサーにかける。 ②ボールに<ドレッシングB>の材料(大葉はみじん切り)を入れて混ぜ合わせる。 ③このボールにミキサーにかけた、<ドレッシングA>をいれて、よく混ぜる。 ④甘エビは、刺身用のものを使い、殻から身を出し、オクラは小口切りにし、長イモは1cm角に切っておく。 ⑤麺はたっぷりの湯で柔らかめに茹でる。だいたい、2分半。 ⑥茹であがった麺は流水でもみ洗いし、よくぬめりを取って氷水にしばらくつけておく。 ⑦水気を切った中華麺と甘エビ、オクラ、長イモをドレッシングの入ったボールに入れて、軽く混ぜ合わせて盛り付ける。

この商品の取扱い店舗

田島魚問屋この店舗の商品一覧

今から54年前から水産加工品、鮮魚を扱っている福井三国の魚問屋です。冬の味覚として名高い越前蟹を宮内庁に献上する栄誉を賜っているのをはじめ、越前珍味において大阪府知事賞を受けるなど、斬新な加工技術では定評があります。特に長い歴史を有する三国港の味覚の研究、発掘にも力を注ぎ、オリジナル性豊かな越前・三国の味を全国に紹介しています。「自然の恵みを尊び、より美味しくより豊かな食文化の創造を通して和食の発展に貢献する」ことを経営理念に、クリーンルームを設置した近代的な本社工場で生産を行っており、金沢市経営近代化モデル工場にもなっています。