大館曲げわっぱ 【樹齢150年以上の天然杉使用 手の平弁当】 *白木 

商品説明

文字通り“手の平サイズ”の【手の平弁当】です。シンプルでとても軽い仕上がりです。仕切りは固定されていないので、ご飯とおかずの配分をお好みでお使い頂けます。

受注生産のため、ご注文を頂いてから製作いたします。前の方のキャンセルなどによって在庫がある場合をのぞき、商品発送まで4〜6か月程の時間がかかりますので、予めご了承下さい。

天然秋田杉の伐採禁止(2012年)による資材の枯渇により、現在は北東北近隣の樹齢150年以上の天然杉を使用しています。(2018年5月〜)

※支払方法「銀行振込」の場合ですが、サポートにて出荷予定日を確認致します。早いお届けがご希望の場合ですが、お問い合わせくださいませ。

目利きの一押し

百五十年以上、秋田の厳しくも豊かな自然で育った天然杉 その魅力を引き出す柴田さんの技術 その二つが相まって生まれる究極の大館曲げわっぱです。
曲げわっぱ(木を薄くした素材を曲げて器にしたもの)と称する品ものは良く見かけますが、この柴田さんのは別格です。木目が細かくて、樹脂などを塗っていないので、自然な風合いです。
特に白木のものは、洗剤を使わないで、たわしでゴシゴシ洗い使い続けると、木目の固い部分(冬の部分)が残り、独特の風合いになります。
実際、使ってみるとわかりますが、ご飯が蒸れない(結露しない)ので、つやつやの状態でご飯を食べられます。ほんのりと杉の香りも良いです。
もう直ぐ、この二百年杉は伐採禁止になるとか・・・・・そうなると、この大館曲げわっぱも幻の逸品になるでしょう。
人工林はせいぜい百年ほどの樹齢です。二百年まではあと百年待たないとなりません。
そう考えると、柴田さんの曲げわっぱは、孫子にまで残したい大切な品なのかもしれません。
十数年間、使い続けて、木目が減った白木の曲げわっぱ、柴田さんにお願いすると、シバキ塗りを施してもらえます。そうすると、また数十年は使えるとのこと。
昔の人は本当に環境に優しかったのだと痛感させられる極上の道具です。
萩原 章史

この商品は配達日指定が出来ません
配送 佐川急便

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 ×代引き

のし対応 メッセージ入れ対応

価格8,640円(税込)

販売中

今すぐ購入する

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

店舗からのお知らせ(柴田慶信商店)

  • 商品ページに「ご注文受付中」と表記されている場合、ご注文が可能でございます。

    受注生産のため、ご注文を頂いてから製作いたします。前の方のキャンセルなどによって在庫がある場合をのぞき、商品発送まで4〜6か月以上の時間がかかりますので、予めご了承下さい。(商品により発送までの期間は異なります)
  • 商品画像はイメージです。

この商品へのお問い合わせはこちらから

店舗 柴田慶信商店
商品番号 T4019-S0002
セット内容 大館曲げわっぱ 【樹齢150年以上の天然杉使用 手の平弁当】 *白木 
本体:長さ約18cm 、幅約10cm、高さ約5.5cm/内形:長さ約17cm、幅約8.5cm、深さ約4cm
原材料名 天然杉
*天然秋田杉の伐採禁止(2012年)に伴い、現在北東北近隣の樹齢150年以上の天然杉を使用しています。(2018年5月〜)
獲得ポイント ログインして確認
消費期限 お使いになる前は、さっと水洗いして、乾いた布巾でよく拭き、ご飯を移して下さい。
保存方法 *ご使用後は、クレンザー等とタワシで洗い、流水ですすいだ後、乾いた布巾で拭き、蓋をしないで乾かして下さい。
*重曹を使うと変色する場合がありますので、使用は避けて下さい。
  • 待てない人は厳禁
  • 手作り

手の平サイズの【手の平弁当】です。シンプルでとても軽い仕上がりです。仕切りは固定されていないので、ご飯とおかずの配分をお好みでお使い頂けます。白木の弁当箱は、お米の余分な水分を吸収するため、冷めてもふっくらしたご飯の旨味が楽しめます。

◆ 一級漆器素地製造技能士 柴田慶信(しばた よしのぶ) ◆
昭和15年・・・秋田県に生まれる
昭和39年・・・曲げ物曲げ輪の道に入る

昭和60年・・・第10回全国伝統的工芸品展「通商産業省生活産業局長賞」受賞

昭和61年・・・第11回全国伝統的工芸展「通商産業省生活産業局長賞」受賞、'86 パリ日本伝統工芸展実演 伝統工芸士認定(第2861号)

昭和62年・・・第12回全国伝統的工芸品展「伝統的工芸品産業振興協会会長賞」受賞

昭和63年・・・グッドデザイン商品認定

平成元年・・・(財)大阪デザインセンター「中小企業優秀賞」受賞、(財)日本産業デザイン振興会「グッドデザイン日用品部門別大賞」、「通商産業大臣賞」受賞

平成6年・・・第18回全国伝統的工芸品展「伝統技術賞」受賞

平成7年・・・世界・木のクラフト展「日本木材総合情報センター理事長賞」受賞、県知事賞通算5回受賞、第37回日本民芸館展入選

平成10年・・・皇太子殿下大館郷土博物館ご視察の際、曲げわっぱ製作実演

平成14年・・・ドイツ国際見本市特別展招待実演

平成15年・・・第15回国際家具見本市(ニューヨーク)にて作品発表

平成18年・・・平成18年度グッドデザイン賞にてお櫃、飯切の2点でロングライフデザイン賞を受賞

この商品の取扱い店舗

柴田慶信商店この店舗の商品一覧

日本の木工芸の中で大館の曲げ物、曲げ輪は、割り木工の技術を活かした、すばらしい伝統工芸品です。古くは伊勢神宮の祭器に用いられており、又今日では日常の生活用具の中に巾広く使われています。曲げ物の道に入って45年、巾広い領域に取り組み、今日にいたりました。樹齢150年以上の天然の秋田杉「自然素材」を活かした曲げ物にロクロの加工技術を取り入れ、新感覚のお櫃や茶道具、割烹用食器等、巾広く挑戦しています。皆様方の暮らしに役立ち、お楽しみいただければ幸いです。