4/16(火) 午前2時から午前3時までメンテナンスのお知らせ

メンテナンス直前にお買い物をされていると、カートに入れた内容がリセットされますのでご注意ください

バラ房が多くなりますが、味は贈答品と変わりない自信作です

上原果樹園の幻のぶどう『ご家庭用 オリンピア』長野県産約1kg(4〜5房)※冷蔵

上原果樹園

商品説明

上原果樹園より直送!幻の赤系ブドウ「オリンピア」です。
今年(2023年)はものすごく暑く、雨のない日々が続き葡萄が樹になったまま干し葡萄になってしまっているものもあります。雨が少ないことで味は濃くて甘いものに仕上がっています。

手軽に食べてほしいという思いからご家庭用『お得なオリンピア』をご用意しました。

特選オリンピアと同じ枝に育ち、上品な薄い赤色のオリジナルオリンピアです。オリンピアは巨峰の四分の一の収獲量にして味、色の良いものとこだわっていますが、全部の房が色良くは育ちません。しかしながら上品な甘酸美ある味で、お届け時は完熟して美味しくなったものからお送りいたします。誰もが諦めた育てる事が難しいぶどう「オリンピア」です。上原さんが手間隙掛けて育てた、最高のぶどうをお試しください。
※画像はイメージです。房ごとに色の濃さや形が違うことがございます。ご了承ください。
※子の葡萄は種ありです。

この商品は配達日指定が出来ません
配送 ヤマト運輸(ぶどう)

お届け先が東京都の送料 1,254円(税込)

送料を確認する

お支払方法 カード ×銀行振込 代引き

のし対応 メッセージ入れ対応

価格3,780円(税込)

販売期間:'23/9/4 00:00 ~ '23/9/22 08:00 販売終了

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

店舗からのお知らせ(上原果樹園)

  • ※生鮮品とジュースは別配送になります。
    ※ラベルのデザインは急遽変更になる可能性もございます。予めご了承くださいませ
    ※ご注文後、商品の選定と状態の確認をし、すぐに出荷の準備を致します。万が一商品の品質が悪く、ご用意ができかねてしまった場合は別途ご連絡をさせていただきます
  • 商品画像はイメージです。
  • 完熟してから収穫するため、届くまでに脱粒する場合がございますが、品質に問題はございません。また房にバラつきがございます。予めご了承ください。
    日付指定不可の商品です。準備が整い次第発送いたします。
    ご都合の悪い日にちがございましたら、リクエスト欄にてお知らせください。

この商品へのお問い合わせはこちらから

店舗 上原果樹園
商品番号 M003-695-2-00050
セット内容 上原果樹園の幻のぶどう『ご家庭用 オリンピア』長野県産約1kg(4〜5房)
原材料名 長野産 ぶどう
獲得ポイント ログインして確認
消費税率 8%軽減税率
消費期限 早めにお召し上がりください
保存方法 常温または冷蔵
販売情報 販売期間:'23/9/4 00:00 ~ '23/9/22 08:00 販売終了

「オリンピア」は、オリンピック聖火の炎のような美しい紅色と、若人の夢と情熱を思わせる大粒の新品種のぶどうとして、東京オリンピック開催の年に命名されました。その名にふさわしく、世界のブドウの中でもっとも美味といわれています。当時は、[幻のぶどう]に終わるかもしれないと危ぶまれたオリンピアも、栽培に改良を加え、ついに皆様の食卓にお届けできるようになりました。しかし、収穫のむずかしさのため現在でも生産量はごくわずかです。2割の特選が選別されて残りのこのオリジナルは色付きが少し薄いですが、香り、甘味ともに申し分ない家庭向きのお勧めオリンピアです。

「父から息子へ」
50年前に先代の上原邦吉さんはオリンピアの初なりを食べ、あまりの美味しさに衝撃を受けて栽培が難しいと言われた「幻のぶどう・オリンピア」を作り始めました。そしてひたすら妥協のないオリンピア栽培をして人生の幕が下りました。その後は父の想いを受け継ぎ【息子の上原一恭さん】が、“おいしさ”に“しあわせな”ひとときを皆様に楽しんでいただけるように思いを込めて栽培しています。

この商品の取扱い店舗

上原果樹園この店舗の商品一覧

50年前、オリンピアの初成りを食べ、こんな美味しい物があったのかと衝撃を受け、多くの人に食べていただきと思いました。しかし、この品種には大きな問題点がありました。花が咲いても実がつきにくい、また、収穫近くになると実が割れてしまう等々・・・。此れを解決したく、10数年の研究を重ね、長野県及び、新技術開発財団の助成を受け、安定生産ができるようになりました。その甲斐あって、東京サミットの晩餐会に世界に誇れる日本の果物として、当園のオリンピアが使用されました。今は家族でオリンピアに品種を絞り込んで、農薬や化学肥料をできるだけやらないで済むように、微生物や小動物が生きられる土づくりを行い、手塩に掛けて育てております。