玉井製麺所 ほんまもんの寒製三輪素麺『誉』 5kg 木箱入

商品説明

贈りものに最適です。
伝統ある手作りの手延製法を用い、丹念に引き伸ばし熟成させ、天日干しによる自然乾燥でつくる無添加素麺です。
素麺師の技術と伝統を守る誇りと情熱が、力強いコシと滑らかな舌触りに、格別な喉越しと風味がある、本物の手延三輪素麺に仕上げています。

※商品画像はイメージです。お届けは『誉』となりますので、ご了承ください。
●玉井製麺所の『素麺特集』はこちら

目利きの一押し

理屈抜きにうまい素麺を堪能できます。大切なことはゆで方です。5束(2〜3人前)につき、2.7リットルのお湯を沸かします。ここでポイントですが、少しのお塩を入れます。
茹で時間が非常に短いですから、5束は必ず束ねてある紙を取り、ひとつの大束にしておきます。お湯に素麺を入れたら、間髪いれずにかき混ぜます。再度沸騰したら差し水をして、もう一度、沸騰したら、ざるに上げ、冷水でよく洗います。もちろん、手はきれいに洗っておきます。
よくもみ洗いしたら、一気呵成に素麺を食べ続けるだけです。一気に食べたら、ひとりで3束はいけますが、ちょっと下品な満腹感になるのが玉に瑕です。
私は夏でも煮麺を食べますが、熱々の煮麺でも、しこしこの歯ごたえと、喉越しはさすがです。これぞ伝統の技です。
萩原 章史

この商品はお届け日の指定が可能です
配送 ヤマト運輸

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 代引き

のし対応 メッセージ入れ対応

価格6,480円(税込)

在庫アリ

今すぐ購入する

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • 商品画像はイメージです。

この商品に関するご質問、お問い合わせはこちらから

店舗 玉井製麺所
商品番号 T3948-S0031
セット内容 三輪素麺 誉(5kg)
原材料名 カナダまたはメキシコ産強力小麦粉、食塩、植物油(綿実油)【アレルギー原因物質を含む:小麦】
獲得ポイント ログインして確認
賞味期限
保存方法 常温(湿気の少ない冷暗所)
素麺は保管場所のにおいを吸収するので、においの有るものと、一緒に保管しないでください。
  • 期日指定可
  • 手作り
  • 防腐剤、保存料を一切使用していない商品です。

《歴史と伝統の手作りの味、こだわりの三輪素麺》
『 風土 』_奈良の大和盆地にある三輪の里より特有の乾風と冷え込みが厳しくなる11月から3月に限り製造致します。この土地の風土が三輪素麺ならではの格別な風味と腰を生み出します。
『 素材 』_三輪素麺の強い腰に最適な良質の強力小麦粉と国内産の塩を使い、深い味わいを出しています。もちろん体に優しい完全無添加自然食品です。
『 手延べ 』_伝統的な昔ながらの手延製法で二日間かけ熟成を重ねて、丹念に引き伸ばし強い腰と旨味を与えています。

《ほんまもんの三輪素麺とは》
本物の三輪素麺とは何でしょうか。私たち玉井製麺所は次のように考えます。
◆本場大和三輪にて製造され、奈良県三輪素麺工業協会組合の認定品(鳥居印の帯商品)である事。
◆主に11月から3月の極寒期に製造され、二日間の手延作業により十分に熟成され、天日干しを用い自然乾燥されている事。
他にも、伝統を守り長年培ってきた経験と技術、それに情熱を込めて製造しております。

《ほんまもん三輪素麺が出来るまで》
(一日目)

捏ね_AM4:30 天候を見据えながら、水と塩の加減をする。この捏ね具合によって素麺の出来栄えが決まります。お酒でいう杜氏、“おもし(素麺師)”が責任を持って捏ねています。永年の経験が勘が必要な熟練の技です。
ならし・切り_AM5:00 麺圧機を使い団子を一つにまとめ、しっとりとするまで圧力をかけて帯状に切り出します。
イタギ(板切り)_AM5:40 帯状に切り出した麺を薄く引き伸ばしていきます。こめ油を塗布し帯状から棒状にして、粘りを出しグルテンを鍛えて麺のコシを増していきます。
油返し_AM7:15 しばらく熟成した後、こめ油を塗布した棒状の麺を紐状(径14mm)にして巻き入れます。その後、更に熟成させます。
細目_AM8:00 少量のこめ油を塗布し、撚りを掛けながら細い紐状(径9mm)にしていき、更に熟成をさせます。
小撚(こなし)_AM9:30 更に撚りを掛けながら細い紐状(径5mm)にしていきます。 単純ですが、徐々に細く引き伸ばしていく重要な工程です。その後、更に熟成をさせます。
掛けば(掛巻)_PM12:00 二本の管に麺を8の字に巻いていきます。それを専用の熟成箱(フロ)に入れ、麺が乾かないようして、更に熟成をさせていきます。
小引き_PM4:00 熟成された麺を約60cmの長さに引き伸ばしていきます。それを再度熟成箱に入れ、翌朝まで熟成させます。朝晩の厳しい冷え込みが麺にコシを与えます。

(二日目)
門干し(ふくら出し、さばき、付け込み、箸入れ)_AM8:00 じっくり熟成された麺を熟成箱から出し、伸ばしていきます。それを分け機で粘着をさばきながら更に伸ばしていきます。
伸ばされた麺をハタに付け込んでいき、麺が粘着しないように長い箸を入れさばいていきます。さばきながら麺を更に引き伸ばし、長さ2mにしていきます。
乾燥(天日干し)_AM9:30 昔ながらの天日で麺を乾かしていきます。 大和盆地特有の乾風が三輪素麺造りを助けて格別の風味を与えます。
小割(切断)_PM12:00 乾燥された麺を切断機にかけて19㎝の均等な長さに切っていきます。
結束_PM2:30 均等に切断された麺を、一束50gの重さに結束していきます。結束された素麺を厳重に外観検査をして箱詰めにしていきます。
最終検査_PM6:30 最終確認として、おもし(素麺師)が責任を持って製品確認を行って「ほんまもんの三輪素麺」ができます。
蔵熟成_通気性の良い木箱に詰められた素麺を製麺所の蔵にて長期熟成(6ヶ月)します。長期熟成後、ようやくお客様の元へお届けされます。

この商品の取扱い店舗

玉井製麺所この店舗の商品一覧

当店は大和三輪を地に創業53年となる三輪素麺の製麺所です。家族を中心に5名の少人数ですが、昔ながらの製法にこだわりを持ち、製造に情熱を掛けています。
私たちは以前より一般市場に流通している三輪素麺には疑問を抱いておりました。市場には様々な三輪素麺が一括りとなり流通しており、一般のお客様が三輪素麺を誤解されているのではないかと心配しております。
「ほんまもんの三輪素麺」とはいったい何なんでしょうか?
私たちは常日頃から次のように考えております。
◆本場大和三輪にて製造され、奈良県三輪素麺工業協会組合の認定品(鳥居印の帯商品)である事。
◆主に11月から3月の極寒期に製造され、二日間の手延作業により十分に熟成され、天日干しを用い自然乾燥されている事。

他にも、伝統を守り長年培ってきた経験と技術、それに情熱を込めて製造しております。