最上級黒毛和牛【大田原牛】《上》シャトーブリアン〈フィレ〉ステーキ1枚(約150g)

商品説明

大田原牛 上シャトーブリアン(フィレ)ステーキ (約150g)です。
こちらのステーキ肉は格付け最上位のA5等級で、霜降り度数を表すB.M.Sは12段階中、8等級以上でご用意致します。【B.M.Sとは日本食肉協会が定める公的な霜降指数の事で数字が大きいほど霜降が多く、高品質な牛とされています】 

  貴重なフィレ肉の中でも、その一番太い部分だけを切り分けたシャトーブリアン。 一頭から10枚前後しか取れない、本当に貴重な部位でフィレ肉の中で最高に美味しい部位です。

このランクでは、フィレらしい柔らかさとBMS8以上の適度な霜降りをもち、赤身部位とは思えない程ジューシーです。やわらかい部位ですので、お年寄りからお子様までお薦め出来ます。

赤身が多いので熟成は軽め、非常に食べやすい仕上がりです。
付属のガーリックソースや、わさび醤油、おろしポン酢などどのようなソースでも相性抜群です。
ミディアムボディ〜フルボディの赤と一緒に、大田原牛をお楽しみ下さい。

【お薦め焼き加減 : レア〜ミディアムレア】

目利きの一押し

ヒレ肉を1枚で販売しなければならないのは、ちょっと辛いのですが、何せ数がないので、出来るだけ多くのお客様に召しあって頂きたいと思い、1枚ごとの販売としました。(もちろん、値段が高いのでやむを得ませんが・・・)ヒレ肉なのに素晴らしい霜が入っているので、きっと美味しいのでしょうが、残念ながら私もまだ食べていません。今度、是非、食べてみたいと思います。大きなヒレ肉の塊を岡野さんが削りだし、まさに究極のヒレ肉の姿となります。萩原 章史

この商品はお届け日の指定が可能です
配送 ヤマト運輸

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 代引き

のし対応 メッセージ入れ対応

価格10,800円(税込)

販売中

今すぐ購入する

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

店舗からのお知らせ(大田原牛超本店)

  • ※離島には配達お届け出来ませんので、ご了承下さい。
    ※冷蔵発送をご希望の方は、必ず備考欄へご記載下さい。
    なお、他の商品と同梱の場合、ご希望に添えない場合が御座います。
  • 商品画像はイメージです。
  • 霜降りの状態や、品質を保証するものでは御座いません。
    ※商品は真空パックでお届けします。その為に一時的に多少色が黒く変わりますが、開封後に空気に触れれば色は元に戻ります。
    ※店頭でも販売しておりますので、在庫ありとなっていてもご注文のタイミングによってはご用意出来ない場合がございます。

この商品へのお問い合わせはこちらから

店舗 大田原牛超本店
商品番号 T3847-S0271
セット内容 上シャトーブリアン 1枚(約150g)
原材料名 和牛
獲得ポイント ログインして確認
消費税率 8%軽減税率
賞味期限 3日間
消費期限 7日間
保存方法 冷凍
  • 待てない人は厳禁

大麦を飼料として育った牛は飽和脂肪酸が多いため脂肪融点が高く、焼いたり煮たりするとやわらかくなる特性を持ち、風味豊かな美味しさのきめ細かい肉質に仕上がります。通常の和牛より1年から2年ほど長期飼育してから市場に出す、全国でもトップクラスの和牛です。大田原牛の肉質のよさは科学的にも実証されていて、高密度脂肪酸、うま味を醸し出す不飽和脂肪酸を多く含んでいます、まさに究極の肉のひとつといっていいと思います。牛肉の格付けでも“大田原牛”は、松坂牛、近江牛、神戸牛などと並び最高ランクのA-5に格付けされている、まさに最高峰の和牛です。この機会に是非、まぼろしの和牛“大田原牛”をお試しください。

【牛肉の等級について】
解体・整形して背割りをし、左右半分ずつになったものを枝肉といいます。この枝肉の第6肋骨と第7肋骨の間を切開し、その断面から歩留等級と肉質等級を査定します。
歩留等級は食用にできる部分の割合で評価します。ロース芯の面積、バラの厚さ、皮下脂肪の厚さ、枝肉の重量を算定式にあてはめ、A等級は72%以上、B等級は69%以上72%未満、C等級は69%未満と区分されます。一般的には和牛がA評価、ホルスタイン去勢がB評価、経産牛などがC評価となります。
肉質等級の判定項目は脂肪交雑(いわゆる「霜降り」の入り具合)、肉の色沢、肉のしまりおよびキメ、脂肪の色沢と質、の4項目で、それぞれ5(かなり良い)〜1(劣る)で評価します。これらの項目等級の中で最も低い等級を最終的な格付けとします。
総合的な等級の表示は、A5、C1など、歩留等級と肉質等級を連記して表示します。

この商品の取扱い店舗

大田原牛超本店この店舗の商品一覧

大自然に囲まれた那須の専用農場で丹念に肥育された大田原牛。通常の和牛より1年から2年ほど長く肥育してから市場に出す、全国でもトップクラスの和牛です。那須地区にある3軒の牛の飼育農家を取りまとめる大黒屋、その店主 岡野嘉樹さんは、肉牛の目利きでもあり、どんな牛も一目で良し悪しを見分けてしまう眼力の持主です。その岡野さんが中心に20年の歳月を費やして大田原牛を名牛に育て上げました。那須牛は、そんな大田原牛と兄弟分の和牛なのです。那須牛も大田原牛同様、専用農場で一貫肥育。偏ることない霜降り肉は、見ているだけでも、うま味が伝わり、実際、柔らかくジューシーに焼き上げた那須牛は、軽くナイフを入れるだけで切れて、口に入れるととろけていくよう。サッパリとしながらもコクがある、ガーリック風味の自家製ソースをかけてもうまいが、塩とコショウをかけていただいても美味。「よい肉は塩によってコクを出し、味を引き立てる」のです。