津軽海峡で育つ「究極のサーモントラウト」の旨味を凝縮

青森県 津軽海峡産『海峡サーモン 水煮缶』 180g×3缶 化粧箱入 ※常温

商品説明

津軽海峡の沖生簀で養殖される、青森産の海峡サーモンは、自然の生態に近い環境で生育するため、刺身や鮮魚で楽しめる「旬」は、わずか5月上旬から7月の間だけ。そこで、旬のサーモンを、年間を通じてできるだけシンプルに楽しむ為の水煮缶が登場しました。北彩屋が開発に3年かけたこだわりの数々が詰まっています。

味付けは少量の塩のみで、海峡サーモンのしっとりとした優しい舌触りと旨味を凝縮。缶詰の直径にぴったり合う小さめの個体を輪切りで使用することにより、脂ののった腹の部分が必ず含まれるのも特徴です。同時に従来は規格外とされていたサイズの鮮魚も活用されることになりました。
アミノ酸等の食品添加物は一切不使用です。

◇「海峡サーモン」について詳しくはこちら

この商品はお届け日の指定が可能です
配送 ヤマト運輸

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 代引き

のし対応 ×メッセージ入れ不可

価格2,592円(税込)

販売中

今すぐ購入する

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • 商品画像はイメージです。
  • ※冷蔵・冷凍商品との同梱は出来かねます。予めご了承ください。

この商品へのお問い合わせはこちらから

店舗 北彩屋
商品番号 T4328-S0010
セット内容 海峡サーモン 水煮缶 180g×3缶(1缶あたりの固形重量は162g)
原材料名 サーモントラウト(青森県産)、食塩
獲得ポイント ログインして確認
賞味期限 製造日から3年
保存方法 常温

1989年に津軽を見舞った未曾有の不漁がきっかけとなり、7名の漁師が集まり、獲る漁業から育てる漁業への転換を試みたのが始まりです。以来、養殖という言葉のイメージを払拭すべく、潮の荒い津軽海峡では非常識とまで言われた沖生簀にこだわっています。

【海峡サーモンが育つまで】
●淡水で2年間
幼魚はまず淡水で育ちます。岩手県八幡平と地元大畑の養魚場で大切に育てられ、毎年11月に約500gまで育った固体が大畑に集まります。
●海水馴致
幼魚を外海で養殖できるように、3日間かけて海水馴致(海水にならす作業)します。
●津軽の荒海で8ヶ月
大畑沖合約2km、水深23mに設置の生け簀で養殖を開始します。生簀内は1立方メートルに2〜4匹と低密度で、魚のストレスを低減しています。約8ヶ月間、津軽海峡の激しい波にもまれた海峡サーモンは、水揚げの一週間前になると仕上げ用の生簀に移され餌止めされます。餌止めにより、引き締まった身とくどさのない脂ののりに仕上がります。長年の研究によるエサと飼育管理技術です。

この商品の取扱い店舗

北彩屋この店舗の商品一覧

弊社は、北彩漁業生産組合が津軽海峡沖で生簀養殖する「海峡サーモン」の加工による付加価値化を目的に平成27年4月に設立した水産加工企業です。 ブライン凍結機により旬の時期以外での生食加工品の開発、女性の生活スタイルに寄り添った商品開発により販路拡大を図ります。 北彩漁業生産組合加工部を母体とする弊社は、海峡サーモンで「熟成刺身」、「マリネ」、「生ハム風」、「バジルステーキ」等の加工食品を開発。これら商品を販売する事業として取り組みをスタートしております。