2種の桜餅を食べ比べ

茂助だんご特製『桜餅2種セット』 (長命寺・道明寺 4個入り 各1パックずつ) ※常温

株式会社福茂(茂助だんご)

商品説明

市場で120年以上にわたり愛される老舗「茂助だんご」がつくる『桜餅2種セット』 です。
関東風とよばれる『長命寺』と関西風とよばれる『道明寺』の2種をお届けします。

【長命寺】
茂助だんごの桜餅(長命寺)は、小麦に餅粉や米粉を加えた生地をクレープのように薄く焼き上げ、こし餡を包みました。
もっちりした薄い生地と甘さをおさえた上品な茂助特製のあんこが一体化し、滑らかな口当たりです。

【道明寺】
もち米をつけおき、天日干しにしてから挽いた粉、道明寺粉を使用。
水を吸わせた道明寺粉を蒸し上げ、茂助特製のこし餡をくるみました。
茂助だんごの道明寺は粒が小さく、しっとりもちもちの食感が特徴的。

こし餡には、北海道・十勝産の小豆、最上級素材「ざらめ糖」の中でも純度の高い鬼ザラ糖を使用しています。
契約農家から特別に仕入れる小豆と、雑味がなく、すっきりとした甘さが特徴の鬼ザラ糖を自社で練り上げます。 小豆と砂糖の配合を桜餅用に調整し仕上げた餡です。

控えめな甘さながら、小豆の旨みをしっかりと含んだ餡は、くちどけが良く、生地と歯切れの良い桜葉と馴染みます。
3月までの期間限定商品です。どうぞ春の味をお楽しみください。
※製造日より2日の賞味期限のため、一部配送できない地域があります。あらかじめご了承ください。

この商品はお届け日の指定が可能です
配送 ヤマト東京(冷蔵・常温DAY1のみ)

お届け先が東京都の送料 946円(税込)

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 代引き

のし対応 メッセージ入れ対応

価格1,928円(税込)

販売期間:1/23 00:00 ~ 3/24 08:00

販売中

今すぐ購入する

ご利用いただけます

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • 商品画像はイメージです。

この商品へのお問い合わせはこちらから

店舗 株式会社福茂(茂助だんご)
商品番号 M004-902-2-00010
セット内容 茂茂助だんご特製『桜餅2種セット』 (長命寺・道明寺 4個入り 各1パックずつ) ※常温
原材料名 【桜餅(長命寺)】砂糖(国内製造)、小豆、小麦粉、桜葉塩漬、もち粉、米粉、味甚粉、上南粉、寒天加工品(麦芽糖、寒天)/トレハロース、ベニコウジ色素、(一部に小麦を含む)
【道明寺】砂糖(国内製造)、道明寺粉、小豆、桜葉塩漬、食塩/トレハロース、ベニコウジ色素、
【加工地】東京
獲得ポイント ログインして確認
消費税率 8%軽減税率
賞味期限 製造日より2日が賞味期限です。お届け日中にお召し上がりください。
保存方法 常温で保存
出荷期間 1/30 ~ 3/31
販売情報 販売期間:1/23 00:00 ~ 3/24 08:00

【桜餅】
桜餅は、生地の違いで長命寺と道明寺に大別されます。
小麦粉を水でのばし薄く焼いた生地で小豆餡を包むタイプが関東風といわれる『長命寺』。
江戸時代に、隅田川沿いにある長命寺の門番だった山本新六が、桜葉を塩漬けにし、薄い皮で包んだ餡に巻きつけ売り出したのが始まりとされています。
一方の『道明寺』は主に関西圏で食され、道明寺粉を蒸した皮で餡を包んだタイプです。

【茂助だんご】
初代・福田茂助(ふくだもすけ)の手によって誕生しました。明治31年、日本橋魚市の頃です。
甘味とお酒を愛した茂助の作る団子は、いつの日からか「茂助のだんご」と呼ばれるようになりました。
昭和10年には中央区築地に店を移し、平成30年11月、更なる進化を遂げるため江東区・豊洲へ移転。
茂助のだんごは、「だんご3兄弟」のモデルとも言われ、創業から100年を超えた今でも多くの人から親しまれています。

この商品の取扱い店舗

株式会社福茂(茂助だんご)この店舗の商品一覧

明治31年創業。日本橋魚市に始まり、築地市場、豊洲市場・・・日本一の食材と一流の料理人たちが集まる市場で育まれてきました。小豆から完全自家製の餡をはじめ、自家製にこだわり続けています。