愛媛・甘とろ豚『ウデ』約300g ※冷凍

株式会社ビージョイ

商品説明

愛媛県のブランド豚「愛媛甘とろ豚」のウデです。

愛媛甘とろ豚は、愛媛県畜産研究センターが国内最高品質を追求し、開発した豚です。
昭和のうまい豚といわれる中ヨークシャーの血筋を引き、肉の柔らかさ、脂肪融点の低さ、保水力。どれもトップクラス。脂肪のオレイン酸比率も高く、サシも多いのが特徴です。

豚肉の質を決める1番の要素である、品種の開発は2004年から始まりました。
これは富士宮の富士農場から日本トップクラスの3つの血統を導入しています。母豚はランドレースと大ヨークシャーの掛け合わせ。父豚は中ヨークシャーです。

餌は国内最高レベルの肉質を実現するため、低リジン飼料(サシを入れる)、魚粉不使用(臭みをなくす)、愛媛県産の裸麦を配合するなど、飼料の原材料と配合割合等に拘り、甘とろ豚専用飼料を開発しました。
低リジン飼料を与えることでサシが入りますが、一般豚の出荷日齢が約180日齢であるのに対し、甘とろ豚は約220日齢と長くなります。
さらに一般的な豚舎よりゆったりとした環境でストレスを少なくして育てます。

飼育手間もコストも掛りますがじっくり、ゆっくり大きくなることで
肉が柔らかく、ジューシーできめ細やか。甘い脂は人の体温で溶けます。

成長が早く、低コストで出荷できる豚を作る、今の養豚ビジネスとは全く違い、 豚の血筋を選び抜き、与える餌や豚舎の環境設定の研究をまじめに続ける愛媛県が作る、まじめにうまい豚です。

この商品は配達日指定が出来ません
配送 ヤマト運輸(愛媛)

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 代引き

×のし不可 ×メッセージ入れ不可

価格1,000円(税込)

販売期間:2/12 00:00 ~

ご希望の配達期間と購入数をお選びください

出荷日

購入数

今すぐ購入する

ご利用いただけます

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • 商品画像はイメージです。

この商品へのお問い合わせはこちらから

店舗 株式会社ビージョイ
商品番号 T4603-S00005
セット内容 愛媛・甘とろ豚『ウデ』約300g ※冷凍
原材料名 愛媛県産豚
獲得ポイント ログインして確認
消費税率 8%軽減税率
賞味期限 パッケージに記載
保存方法 冷凍
出荷期間 2/22 ~
販売情報 販売期間:2/12 00:00 ~

【愛媛甘とろ豚 開発秘話】
愛媛甘とろ豚の開発が始まったのは2004年。現在5か所の農家が飼育しています。
他の都道府県でブランド豚の開発がすでに行われている中で、愛媛県も独自のブランド豚の開発を始めました。他県と比べても出遅れている中でどうしたら差別化できるのか頼ったのが豚博士 桑原康さんです。
桑原康さんは獣医であり、豚の人工授精の権威。世界中の優れた豚の原種や血統を飼育し、世界中のブリーダーや生産者に、精子や子豚を供給する、まさに、豚博士です。
桑原さんが経営する富士農場サービスには、日本で入手できる、最高レベルの繁殖用豚(優良血統)と希少品種の豚が飼育されています。

当時、その農場には中ヨークシャーは8頭のみ(それでも日本で一番多い)と非常に数が少なかったのと、富士宮の中ヨークシャーは明治8年にイギリスからもらって以降、富士の火山灰でできた土から育てたさつまいもを食べされることで肉質が甘くなり、富士ヨークとして売り出されていた人気の豚で、県外にも出荷され、昭和時代では日本で一番の生産量だった歴史もありおすすめの豚だったため、中ヨークシャーをベースに開発することになりました。

最初に中ヨークシャーのオス1頭、メス8頭が桑原さんの静岡の農場から愛媛県へ渡りました。
その後、県内の畜産研究センターで、「柔らかさ」「ジューシーさ」「36℃でとろける美味しい脂身」の3つをポイントに国内最高級品質の肉質を目指し、2004〜2008年の5年間のかけて、ロース芯の大きさ、増体、背脂肪厚、肉質(脂肪酸組成等)による独自指標を設定の上、選抜。
2008年に「愛媛甘とろ豚」が誕生しました。

当時、国内で主に飼養されていた5品種(ランドレース、大ヨークシャ、デュロック、バークシャー、ランドレース×大ヨークシャ)の母豚にY(中ヨークシャー種)の種雄を交配した組合せ検定試験(繁殖能力・発育能力・肉質・食味等の調査、専用飼料試験)を実施し、何度も協議の上、現在の愛媛甘とろ豚の品種、LWY(ランドレース×大ヨークシャ×厳選した中ヨークシャー)に定まりました。

さらに餌も程よくサシが入りジューシーで柔らかな肉質を実現するため、低リジン飼料(サシを入れる)、魚粉不使用(臭みをなくす)、愛媛県産の裸麦を配合するなど、飼料の原材料と配合割合等に拘り、甘とろ豚専用の飼料を開発。
その肉質追求の代償として一般豚と比べて遅い発育。一般豚の出荷日齢が約180日齢であるのに対し、太りが悪い中ヨークシャーの血が入っていることもあり、愛媛甘とろ豚は約220日齢ととても長くなります。
その分、飼育手間もコストも掛りますが、じっくり育つことで最高の肉質になります。

美味しい豚を育てるには環境の配慮も欠かせません。
45kg以下の大きさでは1頭あたり0.25〜0.35平米。45〜71kgでは0.5〜0.6平米。出荷に適した71kg以上では0.7〜0.8平米と発育の速度・大きさによって基準を作っています。
農家によってはさらに広くしているところもあります。
一般的な豚舎よりゆったりとした環境にすることで、ストレス軽減させ、肉質向上に繋げています。

発育の速度の遅さもあり、出荷は1週間に150頭ほど。全体の生産量が少ない、愛媛の隠れた美味です。

この商品の取扱い店舗

株式会社ビージョイこの店舗の商品一覧

ビージョイグループは、株式会社ビージョイをはじめとする全10社で構成され、多岐にわたる事業を展開しております。
主な事業としては、生産から加工、販売まで一貫した畜産・水産事業を手掛けており、大規模な農場や処理加工工場を有し安心・安全な食品を提供しています。