勝沼の『デラウェア』 2Lサイズ 9房 (約1.3kg) 山梨県産 ※冷蔵

商品説明

山梨県勝沼産デラウエアです。
明治時代、1872年にアメリカから日本に伝来したのがデラウェア。現在の生産量1位は山形ですが、栽培が始まったのは勝沼の隣の奥野田です。山梨においてはその後、ブドウ栽培の好適地である勝沼で大きく広がります。
水はけのよい砂質、火山灰質土壌、日照時間の長さ、さらに菱山地区に代表される南から南西向きの急斜面、東の峠から吹き降ろす「笹子おろし」がもたらす寒暖差など、ここにはブドウが美味しく育つあらゆる要素が揃っています。
種なしブドウの定番、一人一房ずつ食べられ巨峰やマスカットに対し手頃な価格が魅力。昔懐かしいデラウェアは夏の手土産にお勧めです。

この商品は配達日指定が出来ません
配送 佐川急便

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 代引き

のし対応

価格2,280円(税込)

販売終了

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • 商品画像はイメージです。

店舗からのお知らせ(築地市場ドットコム)

  • ギフト包装や紙袋等のご用意はできかねます。
    同梱が可能な場合、送料重複分は当サイトのポイント等でご返金致します。
    入荷状況によって、お届けが遅れる場合がございます。

この商品に関するご質問、お問い合わせはこちらから

店舗 築地市場ドットコム
商品番号 T3867-S5442
セット内容 勝沼の『デラウェア』 山梨県産 2Lサイズ 9房 合計約1.3kg
原材料名 山梨県産 ぶどう
獲得ポイント ログインして確認
消費期限 青果物ですので、お早めにお召し上がりください。目安として2〜3日。
保存方法 冷蔵

【勝沼は日本のブドウの歴史そのもの】
日本におけるブドウ栽培の始まりは2説あり、まず1つは大善寺説。奈良時代の僧・行基が修行の満願の日に右手にブドウを持った薬師如来が夢枕に立ったので、早速その像を彫り、大善寺に安置したところ、ブドウの樹を発見。それを薬草として育て村人に広めたとするものです。
もう1つは雨宮勘解由説。1182年、農民の雨宮勘解由が石尊宮を参詣した際に他のヤマブドウとは異なる樹を発見し、それを持ち帰って栽培したものが広まったとするものです。
時代も異なる2説ですが、いずれも場所は現在の勝沼。つまり勝沼こそが日本のブドウ発祥の地であるというのは、どうやら間違いなさそうです。

その後、江戸時代に甲州街道が整えられると、そこを通って幕府にブドウが献上されるようになり、その余剰が神田の青物市場で取引されるなど、勝沼のブドウが商品としての価値を持つようになります。
また、松尾芭蕉は「勝沼や馬子もぶどうを食いながら」と歌い、食の図鑑「本朝食鑑」にも「甲州ブドウを第一」とする記述が残っているなど、この時代には「勝沼=ブドウ」としてすっかり定着しました。

この商品の取扱い店舗

築地市場ドットコムこの店舗の商品一覧

東京築地市場の卸会社・仲卸との連携で、日本中から入荷する最高のレベルの食材をさらに吟味し、お客様に直送します。最高の鮮度・味の良さ・低価格・安定供給・多品種セットなど、築地ならではの商品企画を実現します。