【令和元年度産・新米】あきたこまち(白米)2kg

商品説明

特製の有機堆肥と一般的な田んぼの半分しか植えない日当たり重視の農法『疎植』にこだわった北浦郷のお米です。
北浦郷の辻さんのお米の中でも特に人気の「あきたこまち」です。コクや風味があり、粘りが強く、冷めてもおいしいので、お弁当やおにぎりにも向いています。

目利きの一押し

生産者の辻さんは不思議な方でした。
納屋には二宮金次郎などの偉人の名言を書いた板などが張ってあり、一見すると精神論重視の農家のように見えます。
ところが、実際の農法や貯蔵法や精米法を語りだすと、これが理論派で、濃密な秋田弁ながら、説得力があります。
納屋にたくさんの藁が積んであったので、『辻さん これは何に使うの?』と伺うと、『何でも有名な○○○○○○郎という寿司屋で使うんだって・・』だそうです。なるほど。こだわりの農家はこだわりの寿司屋とも繋がるのです。もちろん、どのお米も主張があり、とてもうまいです。最終的には好みでしょうが、自分でブレンドして炊いても楽しいです。白米・玄米、どちらも美味です。
萩原 章史

この商品はお届け日の指定が可能です
配送 ヤマト運輸

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 代引き

のし対応 メッセージ入れ対応

価格1,266円(税込)

販売期間:'19/9/28 00:00 ~ '20/9/16 10:00

販売中

今すぐ購入する

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • 商品画像はイメージです。

この商品へのお問い合わせはこちらから

店舗 北浦郷
商品番号 T4083-S0015
セット内容 【北浦郷の米】 あきたこまち 精米 2kg
原材料名 米(秋田県産)
獲得ポイント ログインして確認
消費税率 8%軽減税率
賞味期限 精米日より1か月
保存方法 冷暗所
出荷期間 '19/10/1 ~ '20/9/20
販売情報 販売期間:'19/9/28 00:00 ~ '20/9/16 10:00

【北浦郷(きたうらむら)】
北浦郷は秋田県の東部中央に位置する、水量豊かな奥羽山脈の伏流水が流れ込む自然豊かな仙北平野にあります。
良質な水と肥えた土壌に恵まれた土地を生かし、美味しい米づくりを行っています。
農薬の使用を抑えるため、いもち病に強い品種を取り入れたり、江戸時代より昔から、塗料や染物、漢方薬などに使われてきた柿渋(柿タンニン)の防虫・殺菌効果に注目し、米づくりに生かせないかなど、安全で美味しいお米のために様々な研究を重ねています。

ちなみに、銀座の某超有名寿司店でカツオを握る前に炙る際に焼く藁(ワラ)は、北浦郷の辻さん特製です。

【肥料と日当たり】
稲そのものが持つ力を最大限に出せるように研究を重ね、有機汚泥、炭粉、米糠などを混ぜた特製の有機堆肥を土にたっぷり入れてます。
また、普通の田んぼは1坪あたり66株植えますが、北浦郷では、すべての品種において33株の『疎植』栽培を適用しています。
そのため、どの株にも太陽が均等に当たり、のびのびとしっかり育つので、甘くて美味しいお米ができます。

【稲刈りから貯蔵と精米まで】
お米は刈り入れを遅らせると収量は多くなりますが、実が育ち過ぎると味が落ちます。
北浦郷では適期早刈を心がけ、最高のタイミングで収穫します。

収穫したお米は遠赤外線でふっくらと乾燥させ、精米せずに籾殻入りのまま、独自の方法で貯蔵するので、酸化しにくく、新米の美味しさが永く保たれます。

貯蔵していた玄米はお客さまへお届けする直前に精米いたします。通常は1回のところを2回精米し、特殊な布を通して糠を取り除きます。丁寧に磨かれたお米は、研ぎ汁の濁りが少なくなります。

【あきたこまち】
コクや風味があり、粘りが強く、冷めてもおいしいので、お弁当やおにぎりにも向いています。玄米でもパサつかず、よく粘り、食感よく炊きあがります。

この商品の取扱い店舗

北浦郷この店舗の商品一覧

北浦郷(きたうらむら)は秋田県の東部中央に位置する、水量豊かな奥羽山脈の伏流水が流れ込む自然豊かな仙北平野にあります。
良質な水と肥えた土壌に恵まれた土地と、稲そのものが持つ力を最大限に生かせるよう研究を重ねた特製の有機堆肥と一般的な田んぼの半分しか植えない日当たり重視の農法【疎植】にこだわり、美味しい米づくりを行っています。
最高のタイミングを見計らって適期早刈で収穫した米は、遠赤外線でふっくらと乾燥させ、酸化を防ぐ独自の方法で貯蔵し、お届けする直前に2回精米して丁寧に磨くため、研ぎ汁の濁りが少ないです。
平成17年にいち早く農業法人を立ち上げました。地元の醸造元や他の企業と提携して、全国に販路を広げてきています。