高津川の竿釣「天然活〆鮎(あゆ)」(約400g 8匹前後) ※冷蔵

商品説明

高津川の友釣で獲れた活きたままの鮎のうち、型の良い物を厳選し、一晩水槽で砂抜きをしたのち、発送直前に氷水でシメた状態でお届けします。活〆処置により、大変鮮度がよいため、おさしみ、背ごしでお召し上がりいただけます。届いたらすぐ、その日のうちに、清流で獲れた香り高いあゆをお楽しみください。
新鮮な竿釣り鮎の急速冷凍も承ります。
 お届けに2日以上かかる地域の方はこちらをどうぞ【冷凍便の高津川の天然活〆あゆ】
うまいもんドットコムおすすめ!水産品はコチラ!

目利きの一押し

高津川の鮎 いい香りです。わたの味も絶妙です。色々な河川の鮎を食べてきましたが、間違いなくトップクラスだと思います。
処理がとても良いので、塩焼きにしてもお腹がしっかりしていて、皮と身とわたの渾然一体となった鮎食の醍醐味を味わえます。
せごしや刺身にしても、微かにきゅうり的な香りが漂い、『お〜鮎を食している!』という満足感があります。
わたを取って、素焼きにしてから陰干しをした鮎を入れた鮎ご飯 これも絶品です。お酒と醤油と塩だけ。他には何も調味料は要りません。鮎から染み出るだしが、薄味ながらしっかり主張するご飯に仕上げてくれます。
萩原 章史

この商品は配達日指定が出来ません
配送 ヤマト運輸(天然鮎冷蔵)

送料を確認する

お支払方法 カード ×銀行振込 代引き

のし対応 メッセージ入れ対応

価格5,643円(税込)

販売期間:7/1 ~ 9/26 販売完了

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • 商品画像はイメージです。
  • ※天然物の為、配達日指定をお承りすることはできません。お受け取りにご都合の悪い日時等ございましたらご注文時にリクエスト欄へご記入ください。
    ※漁の状況によって、お届けまでにお時間を頂く場合がございます。
    ※新鮮な状態でお召し上がり頂くため、冷蔵便は、翌日配送が可能な地域限定です。
     (北海道,青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県,沖縄県、以外) 

店舗からのお知らせ(高津川漁業協同組合)

  • モクズガ二と鮎を一緒にご購入の場合、別便での配送となります。

この商品に関するご質問、お問い合わせはこちらから

店舗 高津川漁業協同組合
商品番号 T3902-S0025
セット内容 高津川産天然活〆あゆ 約400g(10匹前後)
※大きさにより数量が異なります。
原材料名 高津川産 鮎
獲得ポイント ログインして確認
消費期限 商品到着後は、お早めにお召し上がり下さい。
保存方法 冷蔵
出荷期間 7/1 00:00 ~ 10/7 23:59
販売情報 販売期間:7/1 ~ 9/26 販売完了
  • 期日指定不可
  • 待てない人は厳禁
  • 新鮮
  • 天然

川の幸の宝庫・高津川
高津川は西中国山脈の原の一本杉に源を発し、80kmの旅をして日本海に注ぎます。
一級河川としては珍しくダムが無く、四万十川と並び、清流で知られています。
高津川はダムが無いので、常に新鮮で豊かな水量を湛え、たびたび増水することで川底を一掃し、清流が保たれます。
鮎は川底の石に付くコケを食べ、成長します。清流が保たれていることで良質のコケが発生する高津川では、当然、香り高い鮎が育ちます。
島根県益田市出身、話芸の神様と呼ばれた徳川無声が、「これはこれ 日本一の鮎どころ」とうたった高津川。そこで獲れた香り高い鮎をお楽しみください。
活〆の魅力とは?
「活〆」の魅力は、長時間鮮度を保ち続けることができることです。「活〆」してから100時間は、生食用として鮮度を保ち続けることが可能です。また、味は甘み・香りともに良く、臭みやアクは全くありません。さらに、身質も肉質の色、透明度は群を抜いており、打ち身や出血はほぼありません。

この商品の取扱い店舗

高津川漁業協同組合この店舗の商品一覧

高津川は、古くよりあゆ漁が盛んで、県下60%の漁獲量があります。 高津川漁協は、豊かなあゆ資源を守るため、さまざまな事業を展開し、 ダム建設にも一貫して反対してきたため、いまだダムのない貴重な清流が保たれてい ます。 昭和24年の創業以来、天然あゆにこだわってきたことで、 近年の宅配便の充実により、「高津川のあゆ」の名が全国的に知られるようになりまし た。 うるかについても問い合わせが増えたものの、 天然うるかに付きものの砂の混入がネックとなっておりましたが、 近年砂を取り除く技術を開発したことで自信の持てる商品となりました。 養殖うるかとはまったく違う、本当に美味い天然うるかを召し上がって頂きたいと思 います。 現在、高津川漁協は高津川遡上あゆを親魚養成し、採卵・孵化・育成して、 高津川へ戻す地場系あゆ放流プロジェクトを推し進めております。