自社の田んぼで米作りから全てを豊永酒造で手掛けた限定商品です!

球磨焼酎『自我田 25度(常圧蒸留/無濾過)』1800ml ※常温

商品説明

豊永酒造が全工程に関わって造り上げた焼酎です。
自社の蔵のすぐそばにある田んぼで田植えを行い、毎日の雑草取りに稲刈りまで。米作りから全て豊永酒造で生産した限定商品です。
もちろん原料となるお米は有機無農薬栽培です。田んぼには美しい田んぼにしか現れないホウネンエビをはじめ、多様な生き物が棲息しています。地クモがバッタを食べ、タニシが柔らかな草を食べて水を綺麗にします。害虫のつかないビオトープ的な環境に仕上がるのには5〜6年はかかったそうです。品種は「吟の里」。九州を代表するヒノヒカリと佐藤錦を掛け合わせた品種で、粘りが少なく麹がつきやすいのが特徴です。
無ろ過で仕上げているので、炊いたご飯の香りが口いっぱいに広がります。
造り手の焼酎や郷土への丁寧な思いが最も感じられる焼酎と言えばこれでしょう!

この商品はお届け日の指定が可能です
配送 ヤマト運輸

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 ×代引き

のし対応 メッセージ入れ対応

価格3,240円(税込)

販売中

今すぐ購入する

ログインしてお気に入り登録

飲酒は20歳になってから
未成年者への酒類の販売は行いません

ご注文前に必ずお読み下さい

  • 商品画像はイメージです。

この商品へのお問い合わせはこちらから

店舗 合名会社 豊永酒造
商品番号 T4323-S0004
セット内容 自我田 25度 1800ml
原材料名 米(球磨産)、米麹(球磨産米)
獲得ポイント ログインして確認
賞味期限  
保存方法 常温

常圧蒸留とは
伝統的な製法で、蒸留器内の気圧を操作することなく蒸留する方法です。通常の気圧のもとで行われ、90℃〜100℃の沸点で蒸留させます。原料の風味や雑味が引き出され、個性がはっきりとわかる蒸留方法です。

地理的表示の産地指定 …世界が認めた球磨焼酎
WTO(世界貿易機関)は平成7年7月1日付で地理的表示を制定し、日本では3地域が指定されました。地理的表示とは確立した製法や品質、社会的評価を勘案し、原産地を特定して、世界的に保護しようとする制度です。酒類ではウイスキーはスコッチ、バーボン、ブランデーはコニャック、アルマニャック、ワインはボルドー、シャブリ、シャンパーニュ、焼酎は長崎県の壱岐焼酎、熊本県の球磨焼酎、沖縄県の琉球泡盛が指定されています。平成17年12月に、薩摩焼酎の産地である「薩摩」、白山菊酒(清酒)の産地である「白山」の2ヶ所が追加されました。

球磨焼酎3つの特徴
1、焼酎の原料には米のみを使用する
2、人吉球磨の地下水でこうじを仕込む
3、人吉球磨で蒸留し瓶詰めを行う

この商品の取扱い店舗

合名会社 豊永酒造この店舗の商品一覧

弊蔵は熊本県の最南部、四方を九州山地に囲まれた山深い球磨盆地の中に位置しています。日本三大急流の一つ「球磨川」の源流域にあり、醸造に不可欠な清らかで柔らかい水に恵まれています。また、元々が一三代続く農家であり、創業より自社田で出来た米で焼酎を造ってきました。1990年より、その考えを発展させ、「球磨の素晴らしい自然、風土を焼酎で表現したい。」という想いから地元の農家とともに有機農法に取り組み、日本で初めて有機の原料による焼酎造りを始めました。造りは球磨焼酎五百年の伝統を継承し、少量ずつ丁寧に麹を造っていきます。そして常圧蒸留器・減圧蒸留器の二つを使い分けて、味わい・香りが全く違う原酒を造り出します。「豊永蔵」はロサンゼルス・コンペティションで二年連続金賞を受賞し、「常圧豊永蔵」は全日本酒類コンテストで第一位特賞首席を受賞しています。