数量限定!シーズン最期の食べ納め特別企画

『鍋(2人前)と宝船1杯セット』 鍋用松葉蟹1杯 (800g級)・せこ蟹2杯・特製スープ、松葉蟹甲羅盛り1杯 (700g級) ※冷凍

商品説明

2人前の蟹鍋(松葉蟹1杯+せこ蟹2杯)+ 松葉蟹の甲羅盛り1杯を半額サービス

合計価格 29,700円 ⇒ 24,300円


この時期が豊漁の「中サイズ(700〜800g級)」の松葉蟹を特別に入手し、うまいもんドットコムのお客様限定の特別企画をご用意しました。サイズを除き、製法、内容、味わいは魚三の『〆までうまい松葉ガニ夫婦鍋セット』、松葉蟹の『宝船』 と全く同じです。鍋や肴にはもちろん、刺身や焼き蟹、甲羅酒、ご飯にのせて贅沢な丼ものなど、今シーズンの〆に「松葉蟹ざんまい」をどうぞ。


■京都丹後「魚政」の松葉ガニ・せこ蟹について、くわしくははこちら

【解凍のご注意】
お召上がりになる分だけ、その直前に必ず流水で解凍していただき、半冷凍程度からの調理をおすすめします。自然解凍、解凍のし過ぎは、蟹の持つ色素の関係で黒変する場合があります。

目利きの一押し

こだわりのお出汁を鍋に入れ火にかけます。大量の昆布と蟹から取るお出汁は最高です。
沸騰してきたら、先ずは蟹味噌を全部いれ、甲羅も入れてしまいます。その際、甲羅についている虫(黒い丸いもの)は取ってください。
※お湯をかけると簡単に取れます。面倒であれば甲羅は入れなくて良いです。甲羅はだしをとる為ですから、蟹味噌も鍋に入れないで、蟹味噌の甲羅焼きにしても良いです。
蟹味噌を鍋に入れると、おだしがぐっと濃厚になり、蟹味噌を蟹の身にコーティングした感じで味わえます。もちろん、蟹味噌が嫌いな方は入れなくて良いです。
再沸騰したら、胴体の部分を入れ、再度沸騰したら、火を弱め、いよいよ本番です。
先ずは胴体の部分を食べます。胴体を食べ終わってから、脚の部分を頂きます。脚はしゃぶしゃぶする時間の長さで楽しみ方が違います。5秒ほどだと限りなく刺身に近く、10秒ほどだと蟹しゃぶ、15秒くらいで蟹すきという感じです。
時間ごとにそれぞれ違った味わいを楽しめますので、色々と試しても面白いです。
蟹を全部食べてから、締めの雑炊です。これを食べるのはまた格別です。ご飯をさっと洗い粘りを取ったほうが良いです。お好みで細葱か三つ葉をいれ、蟹のエキスを余すことなく堪能します。かなり、満足度の高い鍋だと思います。
萩原 章史

この商品はお届け日の指定が可能です
配送 ヤマト運輸

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 代引き

のし対応 メッセージ入れ対応

価格24,300円(税込)

販売期間:2/7 00:00 ~ 2/27 10:00 販売終了

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

店舗からのお知らせ(京都丹後 海鮮の匠 魚政)

  • ※冷凍、冷蔵商品と同時にご購入の場合はクール便(冷蔵または冷凍)にて同梱発送いたします。
  • 商品画像はイメージです。

この商品へのお問い合わせはこちらから

店舗 京都丹後 海鮮の匠 魚政
商品番号 T3861-S1147
セット内容 【鍋セット】
松葉蟹(活け状態で800g級 1杯)、せこ蟹(2杯)、「魚政オリジナルストレートスープ」1L、天然塩50g
【甲羅盛り】
松葉蟹(活け状態で700g級 1杯)、たれ
原材料名 ストレートスープ:ずわいがに(日本海山陰西部産)、昆布、白しょうゆ、本みりん
原料の一部に、蟹、大豆、小麦を含む
獲得ポイント ログインして確認
賞味期限 お届け時より冷凍で約30日間 ※生物に付き、なるべくお早めにご賞味下さい。
お召し上がり直前に半解凍し、解凍後の再凍結は、ご遠慮下さい。
保存方法 冷凍
出荷期間 2/9 ~ 2/28
販売情報 販売期間:2/7 00:00 ~ 2/27 10:00 販売終了
  • 期日指定可

魚政では鮮度と品質を大事し、お客様のニーズにあわせてお届けするために最新の設備を施しています。低温の管理用水槽、店舗用水槽を用意し、少しでも蟹が生息している海底に近い状態になるように管理しています。(蟹は2〜4℃位の水温でしか生息できません)設備もさることながら、重要なのは、水質が落ちないよう蟹の排泄物等を毎日きれいに取り除くことです。水質が悪くなると蟹に黄色く付着し、見た目も悪いだけでなく、品質にもよくありません。少しの環境の変化で品質が変化してしまうので、非常に重要な作業になります。また、丹後沖の松葉蟹は砂泥状態の海底に生息しているために、仕入れた蟹は先ず泥吐き専用の水槽に入れ、泥を吐かせます。一日程度、泥を吐かせた後に、きれいな水槽に移し管理されます。

松葉かに_松葉蟹は山陰地方で漁獲されるオスのズワイガニのことです。福井の越前蟹も有名ですが、味の濃さ、甘さ、香り、どれをとっても、さすが冬の味覚の王様といわれる納得の美味しさです。
山陰地方の港は漁場に近いため、ズワイガニを生きたまま水揚げすることができる為、帰港時刻ぎりぎりまで操業します。漁港では活きが良い蟹をランク別に選別し、競りにかけ、一匹一匹大事に傷をつけないように出荷します。この港での細かい作業と品質へのこだわりが「松葉かに」と別名になる所以です。

この商品の取扱い店舗

京都丹後 海鮮の匠 魚政この店舗の商品一覧

丹後近海の魚を50年以上にわたり専門に取り扱っています。旬を大切に。そして味を大切に。お客様に良い品を厳選してお届け致しております。 中でも丹後沖で獲れる、味・活きともに絶品の松葉ガニと、自家製こだわり干物が当店の2大看板です。地元の数多くの旅館や料理屋がお得意様です。水産仲買人だからこそ出来る、品質と価格には自信があります。※水産卸売り市場→ 市場仲買人→小売店を通さないからです。